NET山岳会”HALU”

Eーメールで連絡を取り合いパートナーを探して登山を楽しむ山岳会です。活動はハイキングから雪山、岩登りまで幅広くやっています。経験や会費など必要ありません。もちろん年齢制限などありません。必要なのは山へ行きたい気持ちだけ。 別にもう一つ詳細なサイト”HALUT〜W”がありますのでリンク欄から訪問してください。
 
2019/11/18 18:39:13|その他
妙義山 ・ 金鶏山

期日:20191114,15(金,土)
メンバー :  (L, 記)AKINA、ヤッシー、お圭さん

コースタイム、天気 晴
11/14 愛甲石田駅14:50=吉井町16:32
11/15 吉井町6:35=妙義山さくらの里近くⓅ7:38〜48―金鶏山登山口8:19〜29―金鶏山10:19―830mピーク(昼食)13:20〜35―筆頭岩基部14:28―駐車余地14:38〜48=さくらの里=吉井町15:57
 歩行時間 6:50、標高差263m、距離 4.8km、累積標高 +476m

記録
   登山口には「岩がもろいので登山禁止」の看板があった。落ち葉の積もった階段からルンゼを登り670m付近より左の尾根へ上がり登って行く。740m付近より礫岩が出てきてU字ガリーが始まったので底を登って行く。下の方はホールドもあって登りやすかったが、760m付近からは溝が細くなりいわゆる「頬ズリ」となりスタンスが少なく難しくなった。先頭をお圭さんさんに交代して登って行く。溝の底はスタンスがないので、ステミングで登った。脇の壁にはホールドがしっかりあった。登山靴で登ったので20m程の登りなのに結構疲れた。その上も礫岩なので登りやすかった。

 843m付近には石像が立っていた。すごい、よく担ぎ上げたものだ。登山の安全を祈った。
 少し登ると奥ノ院の山頂。10m程北に貴重な三等三角点があった。痩せ尾根を行くと850mピークに到着。見晴らしがよい。北西にはもう一つのピークがそびえていた。
 850mピークの右側を巻いて北に進んだが行き止まりで間違えと分かり戻った。ピークまで戻りかすかな北西方向の踏み跡をたどり鞍部まで降りて、そこから右側を下り795mのキレットの底まで降りた。底から6m程上から小判型の大きな鎖が付いていた。対岸にはトラロープがあり817m稜線まで簡単に登れた。

 830mピーク北側820mからはまた10m程切れ落ちた巻き道。トラロープがあるが持参のロープで懸垂降下。登り返して稜線に出た。稜線を北に30m程進むと又岩稜の巻き。左側のざれたルンゼを26m程西に下ってスラブのトラバースが二ヶ所。ヤッシーさんがロープを引いて渡り対岸で確保。二番目にお圭さん、最後に自分がトラバース。二人は余裕で渡る。角度は50度くらいであるが、スタンスが小さく登山靴では心もとなかったが何とか渡ることができた。
 二番目のトラバースは下っておりスタンスはさらに細かく怖かったが無事に渡ることができた。

 踏み跡を緩く登り返すと右側に大岩壁。25m程あるのであろうか。稜線へ緩く登り返して紅葉の稜線を進むと830mピーク。ここで遅くなったが昼食と水分補給。緊張していたため喉がカラカラ。少し進み、先の岩を左から下って巻く。ワイヤのロープが設置してあった。
 少し降りてザレの坂を登り返すと筆頭岩のクライマーの声が聞こえてきて懸垂降下着地点が近い事がわかり元気が出て来た。着地点を確認して筆頭岩基部まで下り、ザレた坂をジグザグに道路まで降りた。これで一安心。駐車地点に戻りおいしい大福とアンパンをいただき元気を回復した。
 さくらの里へ行きおなじみの紅葉の筆頭岩の写真をカメラに収めた。

写真@ U字ガリーを登る
写真A 石仏にて
写真B 850mピークから鞍部に下る
写真C 一つ目のスラブのトラバース

 





     コメントする
タイトル*
コメント*
名前*
MailAddress:
URL:
削除キー:
コメントを削除する時に必要になります
※「*」は必須入力です。