NET山岳会”HALU”

Eーメールで連絡を取り合いパートナーを探して登山を楽しむ山岳会です。活動はハイキングから雪山、岩登りまで幅広くやっています。経験や会費など必要ありません。もちろん年齢制限などありません。必要なのは山へ行きたい気持ちだけ。 別にもう一つ詳細なサイト”HALUT〜W”がありますのでリンク欄から訪問してください。
 
2019/10/13 12:33:05|その他
富士山(高度順応)

【GPS軌跡】


日  程: 2019年10月9日(水)夕〜10日(木)
メンバー: mikko

天  気: 両日晴れ
行  程: 10H28′
歩行距離: 13km
総上昇量: 1493m

コース:
10/9)
平塚自宅18:30⇒(R246)⇒20:40富士宮口五合目(車中泊)

10/10)
富士宮口五合目5:44→11:01宮山頂→11:16剣ヶ峰11:55→(お鉢巡り)→13:00宮山頂13:15→16:12富士宮口五合目16:32⇒(R246)⇒19:11平塚自宅

日記:
10/9)
週初めに行く予定だった富士山が、天気が悪くて延期になってしまったので、今週中どこかで行けないかと調べていると10日のみが、快晴と弱風(5m位)で絶好の登山日和であることが分かり実行することに。

夕飯を済ませて入浴後、バタバタと慌ただしく出かけて行く。
富士山へは、いつも一般道で行くので今回も。。。。。
路も空いていて2時間10分の走行で富士宮口五合目に到着する。五合目の予想気温は6℃だったので流石に寒く感じる。

直ぐに3期用のシュラフに潜り込み、おやすみなさ〜いといきたかったが、後から到着した人たちのミニ宴会の話し声に眠気が失せてしまい1時半の時刻を確認した後、やっと眠れた状態に・・・・
夜に宴会をする時には周りに配慮して、声のトーンを落としてもらえたらありがたいんだけどなぁ。。。。。

10/10)
4時半に目覚ましの音で目を覚ますが、中々起き上がれずに15分程うつらうつら。。。。
お湯を沸かしてカップラーメンを食べても1/4量食べただけで、チョッとムカムカ気味になってギブアップ。これってもしかして高山病?もしそうだったら3週間前に登った時のでは高度順応が出来ていなかったってこと?チョッとショックです。

体調も今一の状態で、だめなら戻ってくればいいやと思いながら出発、予報が良かった割には、登山者の車が少なかったのは意外だ。なので前後を歩く方はいません。


【六合目付近】

小屋毎に5〜10分の休憩を入れながら高度を上げて行く。新七合目の手前で年配の登山者に追い越される。この方、今年19回目の登頂で、今日は一昨日から連続で登っていて三日目だそうです。すっかり高度順応が出来ている様で平地を歩くようにスイスイと良いペースで遠ざかって行きます。


【処々で眺めた愛鷹山】

mikkoはいつになく体が重くぜんぜんペースも上がらず、よたよた歩きのスローペースで高度を上げて行きます。
七合目の小屋の手前で埼玉から来られたご夫婦に追いつき、この後前後して歩くようになる。その後、数名の単独行に追い抜かれ、9合五勺で埼玉からのご夫妻はブルドーザ道で剣ヶ峰へ向かい、mikkoは剣ヶ峰でお会いしましょうと宮山頂を目指して進む。


【食べて見たかったけどやめた。。。】

途中何度も立ち止まって息を整えながらやっと宮山頂に着いてホッ!きつかったので何度も戻りたいと思ったが、諦めないで良かったと思えた瞬間です。
お宮さんに手を合わせて、直ぐに剣ヶ峰に向かう。水溜まりには薄く氷が張っていて気温の低さを感じたが、体はポカポカです。





今日、つっちぃとけんさん達は愛鷹山を登っているので、気になりどの辺りを歩いているのかなぁと何度も眺めていたが、天気がよかったので愛鷹山が良く見えます。

宮山頂に着いたことで気持ちが軽くなったのか、剣ヶ峰への登りは然程きつさを感じずに登れてホッ!何の気なしに振り向くと少し後ろに。埼玉からのご夫妻の姿もあって良かった。

剣ヶ峰の少し下にエンジンがかかった状態でブルドーザが止まっていた。
剣ヶ峰の小屋前でハーネスを付けた数人が何やら作業をしていたので、何をしているんですかぁ?と聞いてみると、ソフトバンクのお客さんから富士山頂でも繋がるようにしてほしいと要望があったので、可能かどうかの調査をしているとのことだったので、ソフトバンクを利用されている方、繋がるといいですね〜
この後、ブルドーザに乗って下山していったので、チャーター車だったのですね。


【ソフトバンクの皆さん、調査中】

高度順応の目的を果たすため、極力山頂に留まることにし、剣ヶ峰で登山者達との交流をし、お鉢巡りもなるべく時間を掛けて回るようにして山頂に2時間とどまった後、下山開始。特に山梨県側は雲も無くすっきり晴れ渡っていたので富士五湖の内4湖を見ることが出来、遠くの山々も良く見えた。
また御鉢巡りの時は、流石に寒くなって来たので薄手のダウンを着て歩いた。




【山梨県側の素晴らしい展望】

下山は、前回同様小屋をひとつ飛ばす毎に5〜10分ほどの休憩を取って駐車場に戻る。
下山途中で、ふくらはぎが攣って歩けなくなっている方がいたので、薬をあげて少し回復するまでおしゃべりをして時間を過ごしたが、そのあと15時半頃から山頂を目指して行ったのでチョッと気にかかった。

次は仲間と18日に高度順応です。今日の登頂で少し手も高度順応が出来ているといいなぁ。。。。。期待したいです。


【下山後、水ヶ塚から富士山を眺める】






     コメント一覧
[ 1 - 20 件 / 2 件中 ]

ありがとうございます。
ラストの富士山、頑張ります。
湘南平も楽しい時間でした。

1212  (2019/10/14 21:03:19) [コメント削除]

お疲れ様でした。
午前中には湘南平へ行って頑張っていますね。
次回の富士山も頑張ってください。

momo  (2019/10/13 13:16:23) [コメント削除]

[ 1 - 20 件 / 2 件中 ]

     コメントする
タイトル*
コメント*
名前*
MailAddress:
URL:
削除キー:
コメントを削除する時に必要になります
※「*」は必須入力です。