アマチュア落語家・壱生の不覚

アマチュアの落語家です。同好の士へ発信したく、ブログを開設しました。
 
2017/11/23 6:00:00|独り言
蔦がからまる
隣のビルに、去年あたりから蔦が伸びてきました。
このところ、その葉っぱが紅葉して、とてもきれいです。
この風景を、我が家で独占しています。
昭和になって、ペギー葉山さんが「蔦の〜、からまる・・・」と唄っていましたが、江戸時代に大活躍した、浮世絵・絵草子などの出版者、蔦屋重三郎は、狂歌師としての名前を「蔦の唐丸」(つたのからまる)と名乗ったそうです。
何とも洒落た名前ですね。





     コメントする
タイトル*
コメント*
名前*
MailAddress:
URL:
削除キー:
コメントを削除する時に必要になります
※「*」は必須入力です。