昔カッコいい飛行機野郎が、歳を取ってジジイになったから?【ヒコ爺】
 
2020/11/27 9:47:54|飛行機関係
久々の伊勢原飛行場!

 昨日は天気も良く気分転換に伊勢原の飛行場に行ってきました。
朝から快晴微風の小型機には飛ばし易い絶好の飛行日和でした。
 で、今年の水上機で良く頑張って遊んだサーカス20と電動シュレイクのフロートを外して陸上機にコンバートして持参しました。
 EPPのオーロラはいつものお伴!

 変わり種の機体を紹介します。
これは伊勢原の頼住靴店の店主の自作機です。
靴メーカー”ハッシュパピー”の靴(売り物?)を胴体のキャビン部分に載せて可愛らしく製作してます。
 飛びは普通に良く飛びますね。
靴も左右あるので機体も右用、左用と双子です。
 ホイルの色で右・左が違います。

 片足だけでなく、両足分しっかり製作するところが憎いですね!
店番をする傍ら、飛ばしの本命はF3Cのコンテストフライヤーですね。((◎_◎;)




 こちらはフロートを外したシュライク!
やはり、水上機と違ってスピードに乗った飛行が売り物ですね。
目が追い付かないので緊張感が癖になりそう!









2020/11/18 9:33:26|飛行機関係
今年最後の水上機遠征!

 今年の水上機遠征はコロナ緊急事態宣言解除後の6月からスタートしましたが、ステーホームムードでF3Aは気合が入らず、水上機に趣向を変えて通算10回目になりました。
 初冬を迎える山中湖と富士山!
今日は綺麗に顔を出していました。
往路の三国山の展望台から眺めると朝の冷え込みで山中湖には湖霧が立ち込めてチョット幻想的でしたね。この景色を拝めてチョットラッキー!!
 で、集まったのはいつものIHCメンバーとローガンズに他に二つのクラブが合流! いつも以上に賑わっていました。
 天候も10時過ぎまでベタ凪状態!絶好の飛行日よりでした。

 同行したタベサンとスギ爺さん。
風もなくポカポカ陽気でまったりとくつろぎながら飛行を楽しんでいました。
 タベサンはバレリーナ30とコンドル60の二機体制!
スギ爺さんは今年初飛行したシーライン115!調子も掴んで絶好調! 今年も”まだ来んべぇ〜”と意気揚々!


 前回フロートがパンクしたシュライクも完全復活!!
タッチ&ゴーもバッチリ決まってますね(えへへ!)
(IHC K木さんの画像をパクりました。)







2020/10/08 13:10:11|飛行機関係
10月の水上機遠征!

 今月も相変わらず水上機にハマってます。
クラブ員の依頼でシーライン80を先般製作しましたが、この度初飛行に漕ぎつける事になり、水上機に付き合いました。
カラーリングはF3Aスタント機ステージのカラーリングを希望され私のシーライン120と同じカラーリングで仕上げました。
 大きさは違いますが2機揃うと中々いい感じ!!

 エンジンはYSFZ80の新品で馴らしから始めましたが、如何せんフローティングマウントのブレで内装のプラグヒートの接触が悪く始動時に苦労してました。結局手こずった分時間が掛かり馴らし運転は途中で断念し初飛行も断念!! またの機会に臨みましょう。

 お馴染み?の低空背面飛行中!!
湖面が見えないので低空ではないと言われそうだが…。((◎_◎;))
 
 で、帰り際に飛ばしそびれていたシュライクを持ち出して飛ばしました。波を蹴散らし順調に飛ばしていましたが、何回目かのタッチ&ゴーで着水した時にフロートステップ部に穴が空いてしまいました。進行方向が曲がり出したので当初ステーが曲がったかな?と思って居たのですがハンプの途中で傾き出して慌てて接岸!

 取り上げてみたらタップリと水を飲んでいましたね。

 ”笑っちゃうけど笑えない”








2020/09/11 19:21:00|飛行機関係
水上機遠征!

 今年は通算6回目の水上機遠征になりました。
8月は湖岸も観光客で賑わうので水上機は自粛してます。
9月に入り、湖岸も空いてきた様で水上機再開です。
待ちに待った水上機遠征イベントで湖岸もいつもより賑わってますね。
総勢20数名は居たかと…。皆さん思い思いの機体を持参して楽しんでました。


 で、今日の出し物は前回お馴染みの20サーカスと今回水上機にコンバートしたシュライクです。
こんな機体うまく飛ぶはずがないとクラブ員は”人の不幸は密の味”と期待をしてます。
 最近、皆さんとても上手になり、普通に飛んで当たり前!逆に他人のミスやドボンがお気に入りと言うか話題のネタに狙われます。(◎_◎;)

今回は朝から風と波も少しあり、鏡面の湖面はありませんでした。
シュライクを水面に浮かべて水中舵の高さをレベリングしてから本番に臨みました。
 カメラマンのK木さんの手の空いた頃を見計らって”早くやれと野次が飛ぶ”
気を入れて水上初飛行挑戦です。湖面を少しハンプさせながらグルッと一周りして風上に向けてパワーON!

 プレーニングに入ってからも何が起きるか判りません!緊張の一瞬ですね。
しかし、皆の期待していた”ドボン”は免れ普通の水上機の如くス〜ッと水面を離れ飛び上がりました。
 上がってしまえばこっちのもん、陸上機で慣れた感覚でコントロール!
フロートを付けても抵抗が無いようスピードとパワフルな飛びで一味変わった飛びをします。

 ”お気に入りの逸機”になりました。
K木さんいつも綺麗な写真提供有難うございます。

 




 







2020/08/07 12:44:00|飛行機関係
SHRIKE(シュライク)の製作…その6

 とりあえずカラーリングはしつこくない程度に軽く済ませてみました。
 脚の設定は無く、胴体の下腹部にプラ板のスキッドですが、これでは離陸、着陸が絵になりません。
なので、前記製作のサーカスのスパッツを流用し脚のみ専用にアルミで作りました。



 そして、ラダーは固定ですが地上タキシング様に尾輪も付けました。(勿論、可動ですね)






 メカ積みも完了しテストフライです。
https://youtu.be/ahKocPCnat8
大勢のクラブ員のヤジの中で離陸。そして着陸は失敗版!(汗)
エレベーターの舵角不足と前重心でフレアー掛からず、路面ぬかるみも相まって脚が外れてしまいました。

飛行インプレッションは小さい割にはスピードに乗った感じでフワフワ感は無く、パイロン機風にカッ飛びますね。
 パワーに任せて連続上昇ロールもストレス無く上がっていきます。良いオモチャが出来ました。(笑)

 ただ、ラダーが無いので風見が出た時の修正とかが出来ずにちょっとイラッとしますが…。
 まあ、正確な演技をする為の機体ではないので、カっ飛ばしてストレス解消!!ってとこかな。
 
 次はフロートを装着して水上機にコンバージョンです。







[ 1 - 5 件 / 549 件中 ] 次の5件 >>