フランス厨房 ル パスポート

 
2014/07/31 11:23:26|湘南フレンチ奮闘記
湘南フレンチ奮闘記
テスト







2018/06/18 21:04:22|その他
今年もスベリヒユガ登場・・湘南フレンチ奮闘記・・  

 
スベリヒユ、どこにでもある雑草ですが、山形などでは古くから食べられてきた野草です
又薬草として漢方でも効能がある事、オメガ3脂肪酸という栄養素を豊富に含むスーパーフードであるということもご存じでしょうか?
 
新芽を摘んで食べると、ヌルミがあり酸味を感じます
私は主にサラダの材料として使いますが、茹でてお浸しや炒め物、天ぷらなどでも美味しいです
 
野や山にはまだまだ美味しい、機能性に富んだ食材があり、利用したいと研究していますが、手間暇がかかり、なかなか進みません・・・
 
 
 







2018/06/17 21:19:09|その他
無農薬梅のコンポート・・湘南フレンチ奮闘記・・    


夏のデザートと言えば梅、今年も「梅のコンポート」が始まった
梅は青果市場の関係者から、無農薬で栽培している梅を頂いている
収穫方法は手もぎ、木に登り一つずつ採るのだから、苦労は計り知れないが
やはり無傷の物は扱いやすい
 
今年は約6キロと少なめだが、それでも200個はある
その梅のヘタを取り、竹串で無数に穴をあける、約50位か
それを塩でもみ込む
 
梅が透き通ってきたら鍋に移し、水から火にかける
沈んでいた梅がポカポカと浮いてきたら、流水にとり一晩かけアク抜きをする
翌日砂糖と水でシロップを沸かし、梅を入れサッと加熱すれば完成する
 
梅の酸が強いので冷蔵庫で2〜3ヶ月は保存できる
シロップでソルべを仕込み器に入れる、その上に梅を乗せ野生の苺を飾り、天使のハーブ、ベルベーヌの葉を一枚、涼しげな一品になる
 
写真では梅の色が黄色ぽいが、実際は青く仕上がっている・・・
 







2018/06/14 19:42:45|その他
無花粉杉・・湘南フレンチ奮闘記・・  

 
今日の下界は暑かったのだろうか、山は涼しく日陰に入るとスッと汗が引く、丁度よい天気だった
 
相変わらず「ツルニンジンハンター」で、西部の山を歩いてきた
林道を車で走り、閉鎖している道を選んで歩くのだが、これが結構キツイ
 
片道3時間ほどの工程だが、道端を探しあれば藪の中に差し込む・・
手には小型のスコップと60センチ位のバール、それと収穫ネット
腰には水1リットルと大型のサバイバルナイフ、ヒル除けの塩水入りのスプレー
無線機などを装着する軍隊用のベルト
これだけで5キロになる
 
相棒のランボー(猟犬)は車から降ろして解放すれば、勝手に獲物を探しに林に入ってゆく
 
寂しいのだが、呼んでついてくるようなペット犬ではない
猟犬なのだから仕方がないが、少しは気使いをしても良いと思うのだが・・
 
林道から林道へと渡り歩き、車に帰りついたのは夕方、日が傾いた頃
ランボーは、車から降ろした所が出発点で、そこから自分の足跡(匂い)が付いているので、自分の足跡をたどり帰ってくる
 
帰りを待つ間、ふと最近植林がされたと思われる斜面を見ていると、看板が目に入った
「無花粉杉」と書いてある
話には聞いていたが、見るのは初めて
だが、この杉に全てが入れ換わるのには、気の遠くなるほど長い歳月が掛かるはず
まだ当分の間は、花粉症の方は悩まされるのだろう・・・
 







2018/06/13 21:50:44|その他
スーパー丹沢山の松の葉・・湘南フレンチ奮闘記・・    


今朝は休市日、さっそくスーパー丹沢山に行ってきた
お目当ては、赤松の葉と野生にイチゴの生育状態の確認だ
 
苺は草イチゴを初め、バラ科のイチゴなど数種が食用になる
高い山では8月ごろまで採取可能で、沢山採り冷凍保存で一年中使っている
 
赤松の葉は「松の葉サイダー」の原料になる
今丁度新芽が開き、採取可能になったので、出かけてきた
朝露が絡む草地では、山ビルが待っているのだが、怖がっていたのでは、仕込みが止まってしまうので、仕方なくだが・・・
 
松の葉は新芽だけを摘み持ち帰る
仕込みは至ってシンプル、松の葉を洗い瓶に詰める
水に砂糖を加えるが、今回は10%にした(前回は甘すぎたので)
 
一旦沸かし殺菌を行う、それをさまして松の葉の入ったガラス瓶に詰め、密閉して暖かい所に置くだけでよい
 
暖かければすぐに松葉の周りに気泡が付く
発酵の始まりだ
一週間もすれば完成、後は濾して瓶に詰め、打栓をして瓶内にガスを閉じ込めれば良い
結果は後ほど・・・
 







[ 1 - 5 件 / 243 件中 ] 次の5件 >>