小唄・三味線教室 蓼 加津柳

小唄・三味線 お稽古日:ご相談下さい。電話:0463−73−2760神奈川県中郡二宮町 無料体験お稽古ご利用下さい。
 
2017/05/16 16:56:00|その他
文楽東京公演文楽東京公演
文楽東京公演に行きました。

三番叟(さんばそう)・寿柱立万歳(ことぶきはしらだてまんざい)と舞踊が続きます。
可愛いお人形さんが踊るのは無条件で大好きです!

段物は「菅原伝授手習鑑(すがわらでんじゅてならいかがみ)」
梅・松・桜 三兄弟(三つ子)のお嫁さんたちのお台所仕事が可愛い!

口上では新・呂太夫さんをちょっぴり茶化しながらのお祝詞が愉快でおめでたい。

続いて寺子屋・・・無邪気な子供たちが、いたずらし放題。
人形遣いさん達も楽しそうにお見受けします。
でも次の段では、実の子を差し出して殺させる。忠義の為とは言え、
現代では考えづらい、惨すぎる結末。
この段が呂太夫さんの襲名披露です。人情味たっぷりな語り口。
だけど、それとこれとは別。残酷なことです。まったく。

今日の御教訓
寺子屋にて:先生が不在で自習のお教室。
年かさの生徒が「先生いないのにお勉強なんて損だから、遊ぼうよぉ」
と提案します。
そうだ そうだ と 遊び始める生徒たち。
そこへ、品があり利発な生徒(実は菅原道眞の息子)が、一日に一字覚えれば
1年で365文字覚えられるよ。損なんて事はないからお勉強しよう!
と言うではありませんか。

加津柳さん感心しました。そうだよね、坊ちゃん。

教訓の追伸:お腹がいっぱいになると睡魔に襲われます。気をつけましょう。





     コメントする
タイトル*
コメント*
名前*
MailAddress:
URL:
削除キー:
コメントを削除する時に必要になります
※「*」は必須入力です。

※コメントは投稿後、ブログの管理者が承認した後に表示されます。