小唄・三味線教室 蓼 加津柳

小唄・三味線 お稽古日:ご相談下さい。電話:0463−73−2760神奈川県中郡二宮町 無料体験お稽古ご利用下さい。
 
2017/07/10 9:01:00|その他
夏の行事 七夕 四万六千日
梅雨はどこへ?

九州地方の豪雨をよそに、
関東は晴天が続いています。

7月7日、大磯町にある星槎学園へ伺い、
コミュニティFM 湘南マジックウェーブさんで、小唄のお話をさせて頂きました。
自前の録音CDを持参し、大磯の 涙こらえて 二曲ご披露。
パーソナリティのお二人の軽妙なおしゃべりに、気楽な雰囲気でお相手するうちに楽しい時間を過ごさせて頂きました。


昨日は浅草、四万六千日。一度お参りすれば四万六千日分のご利益がある!というありがたいご縁日です。

ところが・・・姉とそぞろ歩いたその先に「浅草子供歌舞伎」なる看板。見れば、いたいけな坊ちゃん達が懸命にお芝居をしているではありませんか!
おばちゃん二人、誘引されるゴキブリのようにホイホイと浅草神社へ吸い込まれました。
演目は「常磐津」紅葉狩り。
お参りを済ませていい気分。

ちょっと離れた喫茶店ロッジ赤石で休憩。

窓の外を
「あ、赤めだかの師匠が通る!ほ・・・ほれ誰だっけ? 談春さんだ!」。
「あら綺麗な芸者さんが!」「どれ、どこに ゴツン(窓に激突)」
まるっきりミーハーなお上りさんでございます。

翌朝、姉から残念なメールが入りました。
「四万六千日、お寺の方だって・・・」

東京生まれの私ですが、人混み嫌いでお祭りなどにご縁がありません。
ちなみに、姉は生まれて以来ず〜っと東京に住んでおります。
初めての四万六千日に舞い上がっていた老姉妹、
一夜開けて・・・・・しょんぼりと舞い降りました。

そして、新橋駅でひねった私の足首は、もっこり腫れ上がっております。








     コメントする
タイトル*
コメント*
名前*
MailAddress:
URL:
削除キー:
コメントを削除する時に必要になります
※「*」は必須入力です。

※コメントは投稿後、ブログの管理者が承認した後に表示されます。