出張専門、鍼灸マッサージの湘南希望治療院

出張専門、健康保険、自費にて 鍼灸マッサージで活動しております。 皆様に希望をお届けできるように、 皆様の希望をお受けできる様に 頑張っておりますので、 今後ともよろしくお願い致します。
 
2019/10/23 17:42:33|その他
呼吸のリハビリとしてのマッサージ
年を取り介護状態になると
手足の筋肉が弱くなるように
呼吸する筋肉も弱ってきて、
肺に炎症がおきて、余計に呼吸しづらくなる。(COPD.慢性閉塞性肺疾患等)

肺に炎症が起こるので呼吸するのがぜーぜー辛かったり痰が絡むので余計に辛い。
マッサージ師としてできることは?

基本的に呼吸するのが辛く、
呼吸に関する筋肉も疲れているので、マッサージで胸周りの呼吸に関係する筋肉の疲れをとる。

また体位交換をすることで、痰が出やすくなる。

呼吸のリハビリを指導をする(口すぼめ呼吸等)ことで嚥下のトレーニングにもなる。

呼吸は生命に関わることなので、
慎重に適切な判断、処置が大事である。

知識をしっかり把握しケアマネージャー、看護師、医師等、連携することも大切にしたい。







2019/10/22 15:04:20|その他
手首足首は健康のバロメーター
10月といえば、暑すぎず寒すぎず
過ごしやすい時期ではありますが。

気分的には寒くなくても、
手首や足首など触ってみてください。

冷たくはなってないでしょうか?

もし冷たくなっていたら
体が冷えて、血の巡りが悪くなり、
内蔵はじめ、体全体の働きが悪くなって
いるかもしれません。

それでも若ければ何も不調などないかもしれませんが、
年をとってきたり、疲れが溜まり
全体的に体力が低下している時は
風邪ひいたり、腰痛が酷くなってきたり
しやすいです。

東洋医学では手首足首には大事なツボが集まっているところです。

手首足首は体の状態のバロメーター、健康の指標であり、
手首足首を温めることで少しは調子も良くなるかもしれません。

コーヒーとかお茶とか温かい飲み物を飲むとき、
やけどしないように気を付けながら
手首を温めるのはおすすめです!







2019/10/15 11:09:51|その他
皮膚疾患 薬について
皮膚疾患 薬について

ゲンタマイシン
皮膚の塗り薬
細菌の増殖を阻害 皮膚の感染症 びらん(ただれること) 潰瘍 の二次感染の治療に使用

フロモックス
飲み薬
抗生物質 抗菌作用

要介護者は皮膚の病気はよくみられる。
体力低下し、体の抵抗力が低下し、若い人と比べると入浴が少なかったり、体が不自由で衛生上問題になりやすいことがある。

介護する側としても、感染することもあり、それが基で周りに広まってしまうこともあるので、
注意が必要である。







2019/10/14 12:13:05|その他
寝たきりにさせないコツ
ある患者さんが1ヶ月ぐらい入院して、
すっかり弱って、
立つのも支えがかなり必要でした。

退院になり家にもどりましたが
献身的な家族の介護により、
1ヶ月ぐらいで、軽く支えるだけで
トイレに歩いて行けるように回復しました。

家族のやったことはできるだけ自分でできることはやらせる。
介助する際にもできるだけ必要最小限に。

そうすることで頭が、「人に頼れない、自分で動かなければ!」と判断し、

手足の筋肉も自ら動かすようになり
体全体的に活性化されてきたのでしょう。

基本的に私のマッサージ施術はマッサージ軽めで
運動を積極的に実施しますが
改めて運動の大切さを感じました。

補足
勿論、過度の運動は良くなく、その人にあった対処が必要であり
「適切」な対処をする、
それが難しいところです。








2019/10/10 12:05:54|その他
姿勢と腰痛
写真は20年前に買ったウエイトトレーニングの本のデッドリフトの際に腰部にかかる負担について記した図である。見にくくてすみません、

つまり

姿勢がよければ
腰骨の面に対して均等に荷重されるが

姿勢が悪いと
面の片方側に過度に負担がかかり
腰痛になりやすいということである。

久しぶりに見たが
改めて姿勢が悪いと腰に良くないと気づかされました。







[ 1 - 5 件 / 211 件中 ] 次の5件 >>