湘南の風と光

左下方検索画面で検索してね!⇒珍鳥シリーズ、ヤイロチョウ、ヤマヒバリ、キヅタアメリカムシクイ、サバクヒタキ、セグロサバクヒタキ、キガシラシトド、サバンナシトド、ミヤマシトド、キマユホオジロ、シラガホオジロ、ユキホオジロ、イナバヒタキ、オガワコマドリ、ノハラツグミ、ウタツグミ、ギンムクドリ、ホシムクドリ、カラムクドリ、シマアカモズ、チゴモズ、ヒメイソヒヨ、モリムシクイ、カラフトムシクイ、コウライウグイス、ヒメコウテンシ、アカショウビン、キョクアジサシ、オニアジサシ、レンカク、アシナガシギ、ヒメクイナ、コキアシシギ、コシャクシギ、ソリハシセイタカシギ、シベリアオオハシシギ、オオヨシゴイ、ミゾゴイ、アネハヅル、ソデグロヅル、カラシラサギ、アカツクシガモ、ツクシガモ、メジロガモ、コスズガモ、アラナミキンクロ、アカハシハジロ、ハシジロアビ、ヒメコンドルなど 現在373種類撮影(亜種、外来種を含む)
 
2019/09/16 20:12:01|野鳥関係
海岸で「メダイチドリ」「コチドリ親子」

先月、近くの海岸で「オオメダイチドリ」を撮ったが、この時から今月まで撮り溜めていた「メダイチドリ」「コチドリ」の写真の中から選んだ。

今年は例年になく、海に行った。
2017年10月の台風28号の通過後に、地元の河口で「オニアジサシ」を撮る事が出来た。その時は「ハシブトアジサシ」他、数種の鳥も来ていた。
それで味を占めてから、時々海や河口に足を運んでいる。
そしてある程度の出会いや成果を経験してから結構通う様になった。

「メダイチドリ」も「コチドリ」も地元で沢山撮っている。
過去に私が撮った「メダイチドリ」の多くは、春の渡りで遇えた所為で、夏羽に向かう橙色の胸が目立った個体が殆んどだったが、今回遇えた「メダイチドリ」は幼鳥で色合いも淡く、上品に見える。
「コチドリ」は親と、少し大きくなって自由に走り回れる程に成長した雛に遇えて沢山撮った。



*写真は大きくして見られます。
写真を左クリックすると、拡大されます。拡大された写真の右上の×を左クリックすると元に戻ります。

*他の記事を御覧頂ける場合は
左窓の(コンテンツ)内の記事のタイトルをクリックすると、その記事のページに飛びます。

左窓の(コンテンツ)内、右下の(一覧へ)をクリックすると過去の記事のタイトルと写真が現れます。タイトルか写真をクリックすると、その記事に飛びます。

左窓の(検索)内の空白部分に鳥名などを書き込み右の(検索)ボタンをクリックすると関係タイトルが表示されます。タイトルか写真をクリックすると、その記事に飛びます。

*コメントを書いて頂ける場合いは当該記事の下部にコメント欄が有りますので、そこから書き込んで下さい。書いて頂いたコメントは私の承認後に反映されます。






     コメントする
タイトル*
コメント*
名前*
MailAddress:
URL:
削除キー:
コメントを削除する時に必要になります
※「*」は必須入力です。

※コメントは投稿後、ブログの管理者が承認した後に表示されます。