湘南の風と光

左下方検索画面で検索してね!⇒ヤイロチョウ、ヤマヒバリ、キヅタアメリカムシクイ、サバクヒタキ、セグロサバクヒタキ、キガシラシトド、サバンナシトド、ミヤマシトド、キマユホオジロ、シラガホオジロ、ユキホオジロ、イナバヒタキ、オガワコマドリ、ノハラツグミ、ウタツグミ、ギンムクドリ、ホシムクドリ、カラムクドリ、シマアカモズ、チゴモズ、ヒメイソヒヨ、モリムシクイ、カラフトムシクイ、コウライウグイス、ヒメコウテンシ、アカショウビン、キョクアジサシ、レンカク、アシナガシギ、ヒメクイナ、コキアシシギ、コシャクシギ、ソリハシセイタカシギ、シベリアオオハシシギ、オオヨシゴイ、ミゾゴイ、アネハヅル、ソデグロヅル、カラシラサギ、アカツクシガモ、ツクシガモ、メジロガモ、コスズガモ、アラナミキンクロ、アカハシハジロ、コウライアイサ、ハシジロアビ、グンカンドリ、など現在340種類撮影(活動範囲は主に首都圏)
 
2017/07/16 0:49:25|野鳥関係
嬉しい2羽並び「ヤイロチョウ」

初めに。
今回の写真1枚〜2枚目の「ヤイロチョウ」は嘴周辺を修正しました。
理由は、皆さんに見せる度に、「ヤイロチョウ」の美しさよりも、嘴に大量に咥えたミミズが気持ち悪いと評判が悪かったからです。
子育ての為の当たり前の姿ですが、ブログに載せた場合に嫌悪感を覚える人が居たら申し訳なく思い修正して載せました。


「ヤイロチョウ」の分布は日本、ボルネオ島(インドネシア、マレーシア)、中華人民共和国、台湾、大韓民国、朝鮮民主主義人民共和国。
夏季に日本、台湾、中華人民共和国東部、朝鮮半島で繁殖し、冬季に中華人民共和国南部やボルネオ島へ南下し越冬する(ウィキペディアフリー百科事典)。絶滅危惧TB類。

「ヤイロチョウ」は2015年6月が初撮りだった。保護の為に殆ど情報の出ない鳥で、幻の鳥とも言われて野鳥ファン垂涎の鳥である。そんな鳥の子育て情報を頂いた。
2015年は森林公園内を探し回りやっと撮れた。早朝、逆光で不満の残る写真であったが、撮れる確率の低さを聞くと、撮れただけでも満足と云う状況だった。

今回は繁殖中と云う事で6月に第一報を頂いたのだが、足腰の状況が思わしくなく、行かないと返事をしていた。ただ、今回は巣の周辺の行動で、それ程探し回る必要が無く撮れるという事で行きたいのは山々だった。鳥友のブログを拝見すると綺麗な写真が並び羨ましくて堪らなかった。

先日、11時40分頃に、鳥友から携帯にTELが入り、この日の出没状況を頂いた。雛に餌を運んでいて、近くで撮れるという事だった。翌日は天気が良さそうで、翌々日から雨になるとの事。是非来た方が良いとのお誘いで、足腰もまあまあな状態であるので行く決心をして13時40分には家を出た。
21時前に現地到着したが、駐車場周辺に1台の車も無い。これ程、騒がれているのにとチョッと拍子抜けした。

明日の早朝になれば来るだろうと車中泊の準備をしていると1台の車が到着した。聞くと、今日の17時頃に着いて既に写真を撮られたとの事だった。
出没場所の詳細が分からないので聞くと、案内して頂けるとの事で三脚を持って後に続いた。林の中で懐中電灯が無ければ漆黒の闇である。
ポイントには既に4、5基の三脚がセットしてあった。何処に立てれば良いかアドバイスを頂き、その方の隣にセットした。

車に戻り暫く仮眠をとっていたが興奮して眠れず、24時過ぎには2人して撮影場所に移動して話をしつつ夜明けを待つ事にした。
1時半頃になると強力なサーチライトを携えた一団が到着し、事前に収集して来たのだろう「ヤイロチョウ」の良く止ると云うポイントを確認している。結局三脚を立てた場所は私達の三脚の周辺にセットした。
その後も何人か同じ様にライトを持って人が集まって来て、幾らか明るくなって来た4時過ぎには15人以上の人が居た様な…。

早朝5時10分頃には私の正面の倒木に現れた。正面でも距離は遠い。皆さんの狙う撮影ポイントの一つが其の倒木と云う事である。餌を咥えて来て、その倒木の先端部に止まり、その後、ブランコと呼ぶ木に止まり巣の方角に飛んだ。
その倒木とブランコを狙える位置を求めて三脚を立てる為、早朝の場所取りに集まる様だ。

昨晩、私がアドバイスを受けて三脚を立てた所が、倒木の「ヤイロチョウ」を写すベストポジションの様だった。実際午前中に、その倒木に10回現れた。9回目の10時50分頃には2羽(♂♀)一緒にその倒木に現れた(写真1枚目)。その後、私の居る場所からも、手前の木々の僅かな隙間から、もう一つの狙い目であるブランコの一部が撮れる事が分かり、そちらもピント手合わせで撮る事が出来た。AFだと手前の木々に必ずと云うくらいピントを撮られた。目が悪い私は必死に手合せでピントを合わせて何枚も撮った。歩留りは2、3割だった(写真2枚目)。
隣の、昨晩その場所を教えて呉れた人は、倒木とブランコの両方を撮れる場所に三脚を立てられた。その周辺に集中して三脚が立てられたが、通路が狭く後ろは一段下がった所にも通路があり、その下は斜面と云うか、ゆるい崖の様な場所で危険である。実際足を滑らせて下の道に落ちた人もいた様だ。

「ヤイロチョウ」はこの日、早い内は30分毎に現れ、その後1時間毎にと出る間隔は広がった。お昼頃から出が悪くなり、カメラを手持ちで餌場と云われる場所に行って少し撮ったが、すぐ来なくなり、諦めて元の三脚の場所に戻った。
出が悪くなった原因は分かった。「ヤイロチョウ」の止る倒木の先に蛇が陣取ってしまった。「ヤイロチョウ」が遠くで警戒しているのを見付けた人がいて、蛇が大丈夫と云う人が2人で排除に向かったが、高い所に逃げられて手も足も出ず、諦めた。

この後、「ヤイロチョウ」は現れず、待っても無理だろうと13時半で撮影を諦めて終了とした。
蛇が「ヤイロチョウ」の止る場所を覚えてしまったので、今後無事という保証は無い。雛もまだ巣立つまで時間が掛かりそうで心配であった。

*2日後の朗報です。同日私の帰った後も残っていた鳥友の話では「ヤイロチョウ」ポイントに現れた蛇は地元の人が退治したそうです。
「ヤイロチョウ」も順調に現れている様です。良かった。



*写真は大きくして見られます。
写真を左クリックすると、拡大されます。拡大された写真の右上の×を左クリックすると元に戻ります。

*他の記事を御覧頂ける場合は
左窓の(コンテンツ)内の記事のタイトルをクリックすると、その記事のページに飛びます。

左窓の(コンテンツ)内、右下の(一覧へ)をクリックすると過去の記事のタイトルと写真が現れます。タイトルか写真をクリックすると、その記事に飛びます。

左窓の(検索)内の空白部分に鳥名などを書き込み右の(検索)ボタンをクリックすると関係タイトルが表示されます。タイトルか写真をクリックすると、その記事に飛びます。

*コメントを書いて頂ける場合いは当該記事の下部にコメント欄が有りますので、そこから書き込んで下さい。書いて頂いたコメントは私の承認後に反映されます。






     コメント一覧
[ 1 - 20 件 / 22 件中 ] NEXT >>

likebirds(妻)さん
有難う御座います。
ヤイロチョウの2羽並びは中々会えない鳥だけに貴重な1枚になりました。
3〜4枚目は餌場で撮れた写真でしたが、出たところがあまり明るくない所で、カメラ手持ちだった為にスッキリ綺麗に撮れませんでした。

トシ  (2017/07/20 6:32:08) [コメント削除]

nabeさん
有難う御座います。
一昨年の時と違って、同じ場所に何度も出てきて呉れたので、しっかりと撮るチャンスはありました。
ただ、被写体までの距離がちょっと遠かったです。でも2羽並びが撮れたので、そんな不満は解消です。

トシ  (2017/07/20 6:21:45) [コメント削除]

工藤さん
有難う御座います。
行って良かったです。
全身撮りはもとより、2羽並びまで撮れるとは思っていなかったので、運が良かったなと思いました。

トシ  (2017/07/20 6:14:57) [コメント削除]

見事ですね!
トシさん、こんばんは。

ヤイロチョウのオスとメスが並んでいるお写真は初めて見ました。
本当に素晴らしいですね。
見事な瞬間をしっかり撮られて流石ですね。
美しい見返り姿も、素敵で見惚れます。
素晴らしい、ヤイロチョウとの再開、本当におめでとうございます。

likebirds(妻)  (2017/07/18 22:53:43) [コメント削除]

凄い!
きれいですね!しかも2羽きれいに撮られていてすごいです。
何度も現れてくれて夢のようですね。
目の保養になりました(^○^)

nabe [WEB] (2017/07/18 22:25:47) [コメント削除]

お疲れ様でした。
トシさん
遠征お疲れ様でした。
全身撮りが出来ましたね〜
2羽並びも撮れ、行った甲斐が有りましたね。nice♪

工藤  (2017/07/18 20:13:08) [コメント削除]

ミントさん
有難う御座います。
ホント大遠征でしたね。ミントさんもお疲れ様でした。
ニョリョニョロは上手く消せました。難しかったですが。
2羽並びは我慢して、あそこから動かなかったのが良かったです。本当は足が不調で階段を敬遠していて動けなかったのですが(笑)。
でも、最期に餌場に挑戦して3〜4枚目の写真が撮れたのですが。
やはり下りの階段はキツカッたです。

トシ  (2017/07/17 21:47:39) [コメント削除]

いなサンさん
有難う御座います。
遠かったですが、無事に行って来ました。
成果も上がり、行った甲斐が有りました。
いなサンは過去に舳倉島で素晴らしいのを撮られているので今回は…と思います。

トシ  (2017/07/17 21:34:02) [コメント削除]

うちの平さんさん
有難う御座います。
2羽並びが撮れた事で気分はhighでした。嬉しくて確かに疲れは半減しました。
ミミズはあまりにも多くて気持ち悪いと評判が悪かったです。
ヤマヒルは近くの人の上に落ちて来たらしく、それを聞いて私はパーカーを着てフードを被って完全装備でした。でも、それ以降は出ませんでした。

トシ  (2017/07/17 21:10:48) [コメント削除]

こんばんは^^
トシさん 大遠征 お疲れ様でしたm(__)m
魔法で・・ニュロニュロを消したのですか?素晴らしい・・・技術
2羽並び まさか撮れるとは思ってなかったので ラッキーもラッキー 素晴らしいプレゼントでしたね(*^^*)ピンもバッチリでお見事ですね!

ミント  (2017/07/17 18:29:37) [コメント削除]

素晴らしい!
はるばる来られたのですね!
いなサンは、ほぼ地元というのにもかかわらず、登山にうつつを抜かして、まだ証拠写真しか撮れてません??
来週にでも行こうと思ってます。

いなサン [WEB] (2017/07/17 17:20:30) [コメント削除]

わぁ〜凄い!
こんなに素晴らしいのが撮れれば
遠征の疲れも半減ですね。皆さんのブログでは口いっぱいにミミズでちょっと...修正はありがたいです。今年はヤマヒルは大丈夫だったのでしょうか?

うちの平さん  (2017/07/17 9:43:48) [コメント削除]

野鳥写界さん
有難う御座います。
想像もしていなかった、まさかの2羽揃いで嬉しかったです。
比較的長く倒木の上に居て呉れたので何とか撮れました。
チャンスに恵まれました。

トシ  (2017/07/16 20:10:55) [コメント削除]

nakaさん
有難う御座います。
中々会えないヤイロチョウの嬉しい2羽並びが撮れて良い遠征でした。
目線のヤイロチョウはカメラ手持ちで餌場に行ったら、2度だけ来て呉れましたが、遠い上に動きが速くまともに撮れなかったです。

トシ  (2017/07/16 20:03:25) [コメント削除]

2羽揃が撮れましたね
遠征お疲れ様でした。
2羽並びで素晴らしいチャンスを撮られましたね、

野鳥写界  (2017/07/16 18:06:48) [コメント削除]

これは凄い
餌を加えていない婚活中の2羽のヤイロチョウかと、
本文を読むと編集とのこと、しかし2羽のヤイロチョウのカットとは素晴らしいですね。
ほぼ目線の高さと2羽並び嬉しさ山盛りですね。
遠征お疲れ様でした。ナイス!

naka  (2017/07/16 16:57:38) [コメント削除]

ひろさん
有難う御座います。
遠くまで行った甲斐有りでした。
2羽並びは予想もしていない光景で、しっかりと写真に納めなければと、結構ドキドキものでした。
先ずはピントが来て呉れて良かったです。

トシ  (2017/07/16 15:22:36) [コメント削除]

カワジュンさん
有難う御座います。
お久し振りです。御元気な様でなによりです。
良い所からヤイロチョウを撮る事が出来ました。
幻の鳥とも言われ、垂涎のヤイロチョウです。2羽一緒に止まった時はヤッターと思いました。
遠くまで行った甲斐がありました。

トシ  (2017/07/16 15:16:27) [コメント削除]

横浜のうさぎさん
有難う御座います。
ミミズを消しましたが、難しかったです。
これで、皆さんには本来の綺麗なヤイロチョウとして見て頂けそうです。
倒木に2羽止まった時は驚きました。まさか2羽一緒に撮れると思っていなかったのでドキドキものでシャッターを切っていました。
何とかピントも来て呉れてまずまずでした。

うさぎさんは残念でしたね。でも近距離で撮られた素晴らしい写真を拝見し、羨ましかったです。
お疲れ様でした。

トシ  (2017/07/16 15:05:24) [コメント削除]

遠征お疲れさまでした。
遠くまで行かれた甲斐があって良いシーンが撮れましたね。二羽並びは初めて見ました。何れのカットも綺麗に撮れていて素晴らしいです。
ひろさん  (2017/07/16 14:46:15) [コメント削除]

[ 1 - 20 件 / 22 件中 ] NEXT >>

     コメントする
タイトル*
コメント*
名前*
MailAddress:
URL:
削除キー:
コメントを削除する時に必要になります
※「*」は必須入力です。

※コメントは投稿後、ブログの管理者が承認した後に表示されます。