湘南の風と光

左下方検索画面で検索してね!⇒珍鳥シリーズ、ヤイロチョウ、ヤマヒバリ、キヅタアメリカムシクイ、サバクヒタキ、セグロサバクヒタキ、キガシラシトド、サバンナシトド、ミヤマシトド、キマユホオジロ、シラガホオジロ、ユキホオジロ、イナバヒタキ、オガワコマドリ、ノハラツグミ、ウタツグミ、ギンムクドリ、ホシムクドリ、カラムクドリ、シマアカモズ、チゴモズ、ヒメイソヒヨ、モリムシクイ、カラフトムシクイ、コウライウグイス、ヒメコウテンシ、アカショウビン、キョクアジサシ、オニアジサシ、レンカク、アシナガシギ、ヒメクイナ、コキアシシギ、コシャクシギ、ソリハシセイタカシギ、シベリアオオハシシギ、オオヨシゴイ、ミゾゴイ、アネハヅル、ソデグロヅル、カラシラサギ、アカツクシガモ、ツクシガモ、メジロガモ、コスズガモ、アラナミキンクロ、アカハシハジロ、ハシジロアビ、ヒメコンドルなど 現在369種類撮影(亜種、外来種を含む)
 
2019/03/18 5:32:20|野鳥関係
珍鳥シリーズNO.31「ハシジロアビ」
今、関東北部の港に「ハシジロアビ」が出ていると聞いたが、彼岸中は自由にならないので、行けそうにない。
初撮りは2013年3月に千葉県である。丁度時期も良いので珍鳥シリーズNO.31で「ハシジロアビ」を取り上げる事とした。

過去にも書いたが、世界にいるアビ目アビ科は5種類で、その全てが日本に渡来する。一番遇い難いのが、極めて稀な迷鳥である「ハシグロアビ」である。その次に遇い難いとされる鳥がこの「ハシジロアビ」である。

2013年3月〇日、早朝に着くと既に出ており、10mほどの至近距離で撮れる。丁度その頃はデジスコと300mmレンズ+EOS50Dしか持っておらず、遠くを泳いでいたらどうしようかと不安だったが、その不安も現場に行って払拭された。
時には離れるも、300mmレンズであれば、殆どカバー出来そうな範囲内を泳ぐ。何度も羽ばたきを見せてくれたが、左側の羽が随分と少ない。ダメージを受けての寄港と推察出来た。
その後、カメラマンが増え、追われる事で鳥の方もストレスを感じてか、港の対岸に近い所まで移動し、のんびりと羽繕いをしたり羽ばたいたりしていた。

撮れた写真はピントも来ており、長居をしても同じ写真が増えるだけと判断し、ここでの撮影は終了した。、折角千葉県まで来たのでと、他の港にも行く事にした。



*写真は大きくして見られます。
写真を左クリックすると、拡大されます。拡大された写真の右上の×を左クリックすると元に戻ります。

*他の記事を御覧頂ける場合は
左窓の(コンテンツ)内の記事のタイトルをクリックすると、その記事のページに飛びます。

左窓の(コンテンツ)内、右下の(一覧へ)をクリックすると過去の記事のタイトルと写真が現れます。タイトルか写真をクリックすると、その記事に飛びます。

左窓の(検索)内の空白部分に鳥名などを書き込み右の(検索)ボタンをクリックすると関係タイトルが表示されます。タイトルか写真をクリックすると、その記事に飛びます。

*コメントを書いて頂ける場合いは当該記事の下部にコメント欄が有りますので、そこから書き込んで下さい。書いて頂いたコメントは私の承認後に反映されます。





     コメント一覧
[ 1 - 20 件 / 2 件中 ]

ミントさん
有難う御座います。
今日は風が強かったですね。風が強い日は鳥が出難いですね。
ハシジロアビは聞いて翌日行きました。早朝に着いたので、この時は5、6人で撮っていました。
撮影中にカメラマンが増えて来ましたし、ハシジロアビも遠くに行ってしまったので、早々に引き上げました。

トシ  (2019/03/21 18:12:53) [コメント削除]

素晴らしいですね^^
トシさん こんにちは^^
今日は嵐のような風が吹いていて・・家で のんびりしています(^^A ハシジロアビさん 撮られているなら いいですね♪
珍しいアビさん近くで撮れて最高の時間でしたね^^やはり人が多くなると・・遠くに行ってしまうのですね。

ミント [WEB] (2019/03/21 15:21:27) [コメント削除]

[ 1 - 20 件 / 2 件中 ]

     コメントする
タイトル*
コメント*
名前*
MailAddress:
URL:
削除キー:
コメントを削除する時に必要になります
※「*」は必須入力です。

※コメントは投稿後、ブログの管理者が承認した後に表示されます。