アウトドアとアマチュア無線

山登りと海釣りと一人旅とアマチュア無線が大好きなおじさんの勝手気ままなブログです。 写真をクリックし大きくして御覧下さ。
 
2018/08/31 16:04:40|
石の里「大谷」そのA

しばし地下神殿めぐりと涼をお楽しみ下さい。
























ぎょ誰かいる・・・なんだ、まだ石切をしている人がいる。







2018/08/31 14:56:00|
石の里「大谷」地下30mの神秘の巨大空間に行く

いきなりの大谷石の岩壁です。この人は関係ありません。写ってしまいすみません。

ここは平塚から宇都宮線直通に乗り3時間、宇都宮駅を降りバスに乗車し約30分かかります。




大谷資料館の入り口です。ここから地下に広がる巨大空間に降りていきます







規則正しく石を切り出したおかげでしょうか。巨大な神殿を思わせる空間
です。
デジカメのフラッシュくらいでは、この大きさ全体露出不足です。
映画、TVドラマ撮影、音楽イベント等に使われています。




なんといっても、この時期にはこの涼しさが魅力です。このまましばらく
とどまっていたい。13℃くらいでしょうか。
出口を出るとメガネが曇ります。カメラはレンズカバーした方がいい。

 







2018/07/27 18:27:00|その他
白馬岳にいく最終回

小雪渓です。そのうちなくなるでしょうが。トラバースは慎重に・・つい面倒でアイゼンなしで渡ってしまった。ほとんど一方通行なのだが対向して進行し
てくるので、つい怒鳴った。「すれ違い無理、何かあってもしらないぞ」。
滑落の怖さをしらないのです。




大雪渓前のお花畑







大雪渓、やっと終わりです。左右の壁からカラカラ、バラバラと落石の音がします。結構落石が落ちていてこんなのに直撃されたら助からない。大きいのはここで気がつかないと雪渓上は音がしませんので注意が必要です。
やれやれ、若い時はとっとこと下ったものだが。

この後、猿倉から白馬駅までバス→長野駅まで高速バス→新幹線、駅弁と軽井沢ビールで人心地ついて少し眠った →自宅20:30
ごろ帰宅、登山が終わりました。無事でよかった。
 







2018/07/27 12:31:00|登山
白馬岳にいくE

白馬山荘です。自動販売機も珍しくなくなりました。
レストランでは生ビールが売れています。白馬大池山荘に
ノンアルコールビールがあったのですが残念ここには置いて
いなかつた。山の上もお金を使います。
山荘の下で雷鳥がヒナ二羽といたそうです。

夕食です。ご飯、みそ汁お替りしました。
山荘の部屋は当然相部屋で単独行の人といつしょです。
6人部屋に5人とまあまあです。一人畳一畳はよしと
しましょう。
なぜかお互いに名前は必要ないようで、どこから来てどこへ行く
のか情報交換が主で、夕食もいっしょにとりました。
それぞれご飯、みそ汁、お茶を配ってくれます。



剣岳です。






槍ヶ岳が見えました

 







2018/07/27 11:58:00|登山
白馬岳に行くD


薄雪草似の高山植物






三国境・・・長野、新潟、富山の境界








稜線歩きは楽しい・・富山側からの風が強い、左の長野側が切れ落ちていて
かなり険しい山容になつている。あの先のてっぺんが白馬岳山頂でもうすぐ
です。







白馬岳山頂  標高2932m ここに登頂するのが一番の目的です。
白馬山荘はこの下すぐです。
同じコースを登るグループと途中追いつ追われつつ登ってきました。
そのグループと写真を取り合いました。


 







[ 1 - 5 件 / 159 件中 ] 次の5件 >>