フォト湘南ニューアングル

ようこそ。レベルアップをテーマに、皆様に少しでも楽しんで頂ければ幸いです。 写真以外の事項も書く予定。アンダーライン部は外部リンク。
 
2018/10/07 6:27:14|パソコン
パソコンのUEFI BIOSのBOOT(起動)メニューの設定方法の勉強

◆長いこと使用してきたマザーボードのBIOSもついに新しいハードウエアーの対応が困難になってきたので新しいUEFIへ置き換わった。 UEFI BIOSは、OS起動前に周辺機器の初期化や入出力をコントロールしたり、OSを起動したりする役目。 Win7や古いドライバーや周辺機器との互換性のために複雑になって、設定が難しくなっている。 ◆UEFIで最も注意することはCSMの設定。 CSMとはレガシーな周辺機器、ドライバー、Win7以前のOSとの互換性を保つための設定。 Win7以前のOSをインストールする時、DVDなどレガシーなブートをする時はCSMは有効にする。これを間違うと起動しない。ASUSマザーボードの表記を代表表示します。日本語は混乱するので表記しない。 BootメニューのCSM Parameters[Enabled], Boot option filter[UEFI and Legacy], Launch PXE OpROM policy[DO not launch] PXEはネットワーク関連のよう。 Launch Storage OpROM policy[Legacy only], Other device ROM priority[Legacy first], ◆セキュアブート(Secure Boot)とはOSが起動する前に改ざんされていないかチェックするセキュリティー機能。 OS起動前にウイルスなど実行されてしまい感染を許してしまったり、不正なOSが読み込まれるのを防ぐことができる。 CSMとセキュアブートを同時に有効にしてはいけない。Winが起動しなくなったりするらしい。 Win7以前はCSM有効、セキュアブート無効にする。Win8以降はCSM無効、セキュアブート有効。 セキュアブートの詳細は現在勉強中。 ◆以上でwindowsは起動するはず。ちなみにACHIとIDEを間違えると起動しない。画像は上からMSI,ASUS,GIGABIT,ASLock ずいぶん違うので設定に迷うがCSMの設定は基本的に同じ。 ◆画像は上からASUS GIGABIT ASLock MSI のBOOT画面。サイト内パソコンカテゴリーの「パソコンのBIOSはUEFIへ移行」も参照。
参考サイト @ A B







2018/09/26 9:17:58|パソコン
パソコンケースの評価(mATX)IW-EM048

パソコンでお世話になっているドスパラさんの自作パソコンのPCケースの評価。 ◆IN WIN製ミニタワーIW-EM048は、定番品のIW-EM002/WOPSのフロントパネルにUSB3.0コネクターを追加したもの。金属のケースは同じもの、サイドパネルは仕様変更。作りがしっかり、剛性も十分、寸法は同じ。良く考えて設計されているのでとても使いやすい。製品スペックのW190×H350×D380の表記は金属ケースの寸法。 3.5インチベイ下段にUSB3.0、USB2.0コネクターを設置したために、上段の一段のみ利用可能。 3.5インチHDDシャドウベイはネジ一本で取り外しできるのは、組み立てし易い。 ◆気になる所はフロントファンの取り付け部の鉄板の穴が小さく、吸気が弱い気がする。 120mmファンの形状にφ120mmの穴を開けると吸気がよくなる。ディスクグラインダー利用。定番品のIW-EM002/WOPSは電源スイッチの固定部があるので穴を開ける位置に注意が必要。ディスクグラインダーの使用はハードルが高いので、ドリルで孔を大きくする方が楽。 ◆私は30台位組んできたが、このミニタワーが使いやすく6台も増えた。ミニタワーではCPUクーラーにHDDなどが当たって「組めない外せない」ケースも多々ある中、定番品のIW-EM002/WOPSは使えば使うほど良さが分かる、残してほしい一台。写真左がIW-EM002/WOPS。
参考サイト @ A







2018/09/17 10:24:00|パソコン
オペレーティングシステム(OS)の更新(パソコン用Win)

◆私は6台のパソコンを使用している(置いてある)が、WinXPが使い難くなってきたのでWin7へ移行している。そのために現在インターネット(web)で使用している「win7からwin10にUPした」win7パッケージ版の代わりに win10パッケージ版を購入した。winXPの代わりにwin7を使用するため。 ◆新しいハードウエアー部品を使用すると古いオペレーティングシステム(OS)が使い難くなってくる。 winXPでは4KBセクターや3TBのハードディスク、SSD、UEFI(BIOS)マザーボード、新しいCPU(APU)など使い難い。ドライバーがXP非対応もある。頑張って使ってきたが、ついにYahooの検索エンジンが対応不可になるようなので、私もXPとの別れの時が来たようだ。原則はハードウエアーよりOSの方が新しくなければならない事は知っているが。 UEFIマザーボード+CPU(APU)が4つにに増えてしまった事も要因かも知れない。 ◆何故パッケージ版なのかは、そのパソコンに飽きたら他のパソコンに入れ替える事ができるから。 DSP版は部品とセットで安く購入できるが、その部品と一緒に使用しなければいけない事になっているため。 Win10からはDVDメディアでは無く、USBメモリーに入っている。インストールが早く出来る。 USBブートが出来ないマザーボードでは使用できないので、DVDメディアを作っての使用か。◆ちなみに、皆が買うwin10はメディアでは無くプロダクトキーなので、ブート出来れば何でも良いよう。◆win-Vistaとwin8は「その時点の現状」との違いが大きいOSだったので受け入れる人が少なかったよう。内容的には素晴らしいOSだったが、私も採用は見送った。
参考記事:サイト内パソコンカテゴリーWindows(OS)とハードウエアーの制限
参考サイト @ A B







2018/09/08 5:57:50|その他
猫ノミ対策 2018年9月初
◆我が家のトイプードル犬がやたらと「かいている」お腹もなめているので、変だなと思いシヤンプー洗いしたところ、ノミが5匹も出てきたのには驚き。早速、犯人探しを始めたところ、隣の母の部屋に沢山のノミがいた。飼っているネコのノミだ。毎日掃除している場所には少なく、あまり掃除をしていない所に多くいた。ネコ用の「ノミとり薬」をネコに付けているが利いている期間は表示より短いよう。母は高齢なので刺されずに何も害がなかったので、わからなかった。母の部屋に出入りする時に居間まで付いて来てしまったようだ。 ◆早速、退治方法をweb調査して実施。まず部屋の床を掃除、フローリング上の掃除し難い所を特に掃除。歩くと素足に飛びついてくるので、すく分かる。部屋の四隅や家具の下などホコリがたまりやすい所は要注意との事。いろいろ試したところ、粘着テープのローラーも良いが、ガムテープで押さえて捕まえる事がベスト。跳ねるので手で捕まえるのは難しい。まづ、家庭用スプレー殺虫剤をまいて弱らせてから、懐中電灯で床を斜めに照射すると茶色のノミが少し動いているのが分かる。ノミは立っていて影が出るので他のゴミと区別がつく。ガムテープをひっくり返して、小さい金槌でたたくか、水につけて殺す、サンドイッチにしても良いかも。ガムテープは粘着性の強いものがいい、弱いと逃げてしまう。バルサンや電子ノミ取りも効果があるとの事。粉末剤は卵から生まれたものが駆除できるとのこと。 ◆犬に付いたノミをそのままにしておくと、だんだんひどくなって病院で多額の費用が発生する。掃除、殺虫剤、ガムテープを実施したところ、だいぶ少なくなってきた。我が家の「かわいい」トイプードルはおとなしく寝ている。







2018/08/31 8:14:45|パソコン
Win10の複雑な機能のトラブルに泣く2018.8月
◆Win10スタートボタン(左クリック)反応しない。親戚のデスクトップパソコンなので発生時の状況が不明で原因の究明を困難にした。スタートボタン(田))の左クリックと検索BOX、アクションセンターが機能しない。但し、スタートボタンの右クリックのデイクトップが使用出来るが、左クリックが必要のよう。 Web情報を参考に以下をトライしたが直らない。 ◆実施項目 1.タブレットモードの確認はアクションセンターが機能しないのでNG。 2.MSのトラブルシューティングは削除されてできない。 3.自動ログインの解除してもログイン画面現れなくNG。 4.Explorerを終了させてみるがNG。 5.スタートメニューアプリを再インストールするがNG。 6.コマンドを何種類かトライするがNG。 7.新規ユーザーアカウントを作成する、トライするが入力画面現れないNG。 8.ビデオカードのドライバーを更新しようとするが最新が入っているのでNG。 9.Win更新プログラムは最新が入っていたのでNG。 10.システムの復元トライしたが復元ポイントが無くNG。 11.セーフモードもトライしたが同様に直らない。 12.重いソフトを5種類削除したが直らない。 ◆win10の再インストール @システム修復ディスク使用してのスタートアップ修復もNG。別のwindowsインストdiskで行うもNG。error code 0xc000000dが出た。Web調査したが不明。 A設定→更新とセキュリティー→回復もNG。 BWIN10のDVDメディアを作成してフォーマットしないでインストール。インストールの種類は、ファイル、設定、アプリをwindowsに引き継ぐアップグレードではなく、ファイル、設定、アプリを引き継がないカスタムを選定。新規インストなる。 CDを入れて約10分窓の絵が出る。再起動あり、約30分。認証はプロダクトキーがありません、で進める。 win10からパソコンの機械が登録されているので、再インストールの場合、自動認証する。 Winの更新に約30分。以前のwin10はwindows-Oldに入る。 AMD-CCC以外はドライバーのインスト不要。すぐに認証OK。更新プログラムを何個かインストール30分。フォーマットしてからカスタムインストールの方が軽くなっていい場合もある。 ◆DVD認識しない問題。更新プログラムを何個かインストール後にDVDドライブ認識しなくなった。ウイルスバスターを入れようと思ったらインストできない。ディバイスマネージャーにDVDが無い。 Web情報でレジストリーを削除したらWiN10が起動しなくなった。再インストを余儀なくされた。その後DVD表示されるようになったが本当に困ったもの。 ◆その他、 @32bitを64bitにする場合は、全く別物なので一度フォーマットしてからクリーン(カスタム)インストールする。 win95の時にも16bitから32bitにした時にアプリと周辺機器を全部買い替えた記憶がある。Awin10はコマンドプロンブトではなくPower Shellに置き換わっている。Bパソコン移行ソフトなどの活用なども要検討。C事前に復元ポイントを作っておこう。







[ 1 - 5 件 / 128 件中 ] 次の5件 >>