フォト湘南ニューアングル

ようこそ。レベルアップをテーマに、皆様に少しでも楽しんで頂ければ幸いです。 写真以外の事項も書く予定。アンダーライン部は外部リンク。
 
2019/01/03 15:38:00|DIY工作
インパクトドライバーのビット滑り(カムアウト)の状況と対策DIY
◆14.4V(120N・m)以上のインパクトで発生頻度が多くなる。原因ははインパクトのグリップ部の形状が悪く、腕の力が入らないためビットの押し付け力が不足しているようだ。 14.4Vの押し付け力は10Kg以上必要のところ力不足なのだ。特に壁の垂直面ビス締めの場合は片手操作が多くなるので押し付け力が弱くなり、ビットが滑って「ねじ込めない」問題がある。サイト内「ビット滑りと十字溝つぶれ」も参照。 ◆手持ちのインパクトの押し付け力、押し付け部の位置、グリップ角度を測定した結果下記の事が分かった。 ◆グリッブ部の角度が小さくなると押し付け力が強くなる。写真参照。グリッブ部はドライバー軸に対して直角に近いと、手首に回転方向の力が働いてしまうで押し付け力が弱くなる。 60度程度の角度があるとグリップの押さえ部と手首が、腕と一直線になり、腕の力が直接グリッブ部に伝わるので強く押し付けることができる。◆ドライバー軸とグリッブの角度の影響が大きいことは下記のBOSCHインパクトの角度と押し付け力を見れば分かる。 DIYでは唯一、BOSCHのPDR 18LIのグリップ部の角度が特に小さいので購入トライした。 18V-130N・mの性能だが片手壁打ちでビット滑りは発生しなかった90mm。 ◆グリップ上端の押し付け部とドライバー軸(回転軸)の寸法の違いは5mm程度で押し付け力に違いは認められなかった。写真参照。棒ヤスリやナイフの保持と同様に短く持った方が力が入る。グリッブ部がドライバー軸から離れていると不利。最近の物は太く軽くなって不利。写真参照。 ◆手持ちのインパクトの押し付け力、グリップ角度を測定した結果。測定方法は体重計を壁に当てて、そこにインパクトを力一杯押し付け、その時の値を読み取る。押し付け力、グリップ上端の押し付け部とドライバー軸の距離、ドライバー軸とグリップの角度 ◆RYOBI CID-1100(AC-110N・m)7kg、45mm、76度 ◆マキタ MTD0100(AC-100N・m)7kg、45mm、75度 ◆旧日立工機 WH12VC2(AC-150N・m)6.5kg、48mm、73度 ◆RYOBI BID-1226(12V-115N・m)7kg 、43mm、78度 ◆RYOBI BID-1415(14.4V-135N・m)7kg、45mm、76度 ◆マキタTD110D(10.8V-110N・m)7kg、48mm、74度 ◆BOSCH PDR 18LI(18V-130N・m)9kg、46mm、64度 ◆RYOBI BID-1415(14.4V)、旧日立工機 WH12VC2(AC)は押し付け力が10kg以上必要なところ、それ以下なのでビット滑りが発生する事がわかる。どのメーカもビット滑り対策をしていないだけで無く、注意書きも無いのは困ったもの。近年、小型軽量化に加えモータ径が太くなってきて、益々ビット滑り易い方向にきている。 ◆ゴムシート3mm厚を巻くことにより2kg程度押し付け力がUPすることを確認した。手袋は巻き込まれるためNG。写真参照。
参考サイト @ A B C D  E   F







2018/12/06 6:52:48|植物写真
横浜 こどもの国の紅葉 12月2日
◆今日は曇りで寒いが紅葉の時期なので出かけた。ここは遠くないが、乗換えが多く、日曜日は本数が少なく待ち時間が多くなり、2hrもかかるのが難点。 ◆園内が広いので前もって地図を良く見て撮影ポイントを調べておかないと、歩き疲れてしまう。白鳥湖の入り口で撮影していたら奥に綺麗な所があると教えてくれた。橋を渡った所も良いが、池を左に行くと「もみじの木」が多くなってきた。道が細くなった所は赤黄緑が入り乱れて、見た事も無い絶景に出くわした。しばらくシャッターを切りまくった。赤黄緑の紅葉が見事なコントラストだ。ここの紅葉は少し遅い感じだったが、しばらくこの場に釘付けとなった。人が少なく独り占めの独壇場であった。平日の小田急鶴川駅からのバスが良いかも。参考サイト @ A







2018/11/30 7:09:54|DIY工作
充電式丸ノコは使えるかDIY
最近バッテリーの性能が良くなったのか、powerの必要な工具も充電式(コードレス)が多くなってきた。小回りの利く小型の丸ノコを調べたところ、充電式丸ノコが人気があるようで、各メーカから沢山発売されている。私は左利きなので、一般の丸ノコが使えない。「のこ刃」がモータの右側にある物は左手で持つと刃が体の近くになり危険なのだ。 ◆充電式で「のこ刃」がモータの左側にある左勝手のものを探したが、非常に少ない。ハイコーキ(旧日立工機)製のC 18DSLがあるが高価で165mmなのでパス。マキタは国内仕様の物は無し、マキタの北米仕様のBL1830があるが、刃の取り付け穴径が違うし165mmなのでパス。リョービは無し。BLACK+DECERのBDCCS18Bは北米仕様のため、刃の取り付け穴径が違うし、125mmなのでパス。 ◆BOSCHの充電式丸ノコPKS 18LIN(147mm)は私の要求事項を全て満たしているので購入した(左勝手)。充電器、バッテリー(18V2.5Ah)、平行ガイド、チップソー付き、プラケース無しで2万円を切るDIY価格。この丸ノコは大きさ重さ形状のバランスが良い。予想よりも頑丈な作りだ。刃の交換用六角棒レンチはモータの後部に収納されている。 ◆刃をセットしようとしたら安全カバーに「のこ刃」が当たって入らないのだ。強く押し込んでのこ刃を軸にセットできた。のこ刃固定ボルトは逆ネジ(左ネジ)なので緩めるときは時計方向に回す。のこ刃の外径は147mm内径は20mm。切り込み角度を変えるためにベースプレートを傾けたら開閉レバーに当たって45度まで傾かない。これは改良してほしい。 BOSCHは回転系は良いが、DIYのプラスチックの寸法精度が悪いので評価が分かれるが、価格的にしょうがないのか。モータの音は意外に静か、切断速度はACコード式と比べてもさほど遅くは感じられない。 6mmのベニヤ板を4m切ったがPowerにまだ余裕があった。上記の問題はあるが致命的な欠陥ではないので、かなり使える感じだ。カタログに記載が無いが、ブレーキが強力に利くのと、安全ロックスイッチがあるので想像以上に安心感がある。但し、右利きの人は刃が体に近くなり、テーブル上のキックバックは非常に危険なので左手で操作しよう、写真参照。付属ののこ刃は27Pなので縦引き用か。ちなみに刃の交換はバッテリーを外して行う。収納は布製工具バック長さ30cm幅20cm深さ20cmにギリギリ収まるのは嬉しい。キックバックとは◆丸ノコはDIY電動工具の中で一番危険度の高い工具。キックバックにより「のこ刃」が体に当たり大怪我になる場合がある。取り扱い説明書(トラブル集)を良く読んで作業すれば、私のように50年近くDIYで怪我無く済んでいる。もちろんキックバックは数10回経験している。◆ブレーキがあるからすぐ止まるではないか、スイッチを切れば良いではないかと思うかも知れないが、瞬間に後ろに飛び出すので、ブレーキもスイッチも保護カバーも間に合わないのだ。5000回転/分で回っている「のこ刃」が出たまま体に接近するので危険だ。切る材料が「のこ刃」を押さえつけないように注意しよう。◆私は40年位前に近くの刃物屋から左勝手(刃がモータの左側)のマキタ丸ノコ160mmを買ったのが始まり。古くなったので5年位前に買い替え、マキタ165mm左勝手(5632BLA)ACコード式は格段に良くなった。ちなみにACコード式で165mm左勝手があるのはマキタだけか。    参考サイト @ A B







2018/11/12 9:45:03|DIY工作
通電(接触)不良と対策。家庭用電気、車の電気、パソコンの電気
◆電気的接続不良によるトラブルは案外多く発生している。
◆家庭用電気の注意点
昔に比べて最近は家庭でも、使用する電力(1000W超える)が多くなってきているので、電気接続には注意が必要だ。学校で習った電気の法則は電流(I)は抵抗(R)÷電圧(V)。  電力(W)は電流(I)×電圧(V)。頭に入れておこう。 VVF線(Fケーブル)同士の接続不良によるトラブル対策として、最近エアコンなどは専用回路がある事をを前提としている。私の50年間の苦い経験(詳細は後)からVVF線(Fケーブル)同士の接続不良よりも壁のコンセントの電気接続不良が多く発生する。なぜかエアコン販売店は専用回路が必要と言うが、壁のコンセント交換を優先すべきと思う。コンセントの抜き差し力が弱かったり硬くなったり、熱くなっていたら、交換が必要だ。新品のコンセント(写真)を買えば違いが分かる。家庭内のコンセントなどは自分で出来る。分電版や200V変更など大きな工事は第2種電気工事士の免許が必要。電気が来ている線を同時に2本、ニッパで切ると一瞬の内に光ってニッパの先端が解けてしまう。電線(活線)に手を触ると「肘までしびれて」しまうのでブレーカーを切って作業しよう。汗をかいたり、手足が濡れていたり、作業場所の周囲が濡れている場合、人の電気抵抗が低くなるので、感電は非常に危険になるのでやめよう。
◆車の電気の注意点
ランプ類の消し忘れによるバッテリー上がり、バッテリー不良による起動不良はJAFの出動回数一番。バッテリーと車のケーブル端子間の接触不良もある。イグニッションに電気がきてもスターターが回らない事もある。充電不足か、車のケーブル端子間の接触不良か切り分けが必要。最近の車は電気が来ないと何も出来なくなってしまう。昔、フォクランプの配線を自分でやってショートさせてコードが燃えて煙が室内に入ってきて難儀した経験がある。必ずヒューズを通そう。電力の大きく消費する物を付けた時は充電不足にならないように確認しよう、山の中でのエンコはきつい。電気自動車の電圧電流のトラブルは無いのか。
◆パソコンの電気の注意点
パソコン本体と電源コネクターの緩み接触不良、各種コネクターの差込(勘合)不良は以外に多いので注意。フリーズの場合はメモリーの接触不良が多いので、拭いて抜き差し2、3回行う。携帯端末の不具合はシムカード、バッテリーの接点を拭いてセットすると直る事が多い。
◆充電工具の充電トラブル
RYOBIのインパクトドライバー(BID-1226)で新品の電池パツク(バッリー)に充電しない事があった。2個の内の1個は充電OKで1個が充電できないので、電池パツクの不良と思ったが、古い充電器では充電できたので付属の充電器(BC-1205)の不具合と思う。◆このような問題は原因が電池パツクか充電器かの切り分けが難しい。自分で直したい人は充電器の接点の一番凸部を半田盛りするか引っ張って出っ張らせる事により正常に充電できる事を確認している。接点のステンレスは電気接続が悪いので接圧を高くしないと絶縁被膜を通過できないので通電したりしなかったり不安定になる。ちなみに充電しない電池パツクの+と−極間の寸法が充電出来る電池パツクの寸法より0.15mm小さかったのでこのような現象を引き起こしたようだ。原因は充電器(BC-1205)の電気接点の不良と思う。電池パツクの電極の接触のキズはドライバーの接点の跡。近年RYOBIは電気関係のトラブルがあるようだが、価格と性能のバランスがいいし、特にBID-1226は名機なのが惜しい。営業所はこの事を知っていると思うので交換してくれると思います。車の場合はリコールものです。
◆私の50年間の経験
私は高校生の頃から電気に興味を持ち、秋葉原に通う事数年、真空管などゴロゴロ。アマチュアー無線の免許を取得。しかし送信機のバンドが広くラジオに入ってしまう。大学では自動車部で車の改造など。昔はバッテリーと発電機の性能が悪く、すぐにエンコするのでブースターケーブルは常に携帯。この頃、自宅では100V電気をショートさせる事10数回。 その関係か、会社では、30年間に弱電気関係の仕事をしてきた。以上のように私は電気接続に関して50年以上の経験からコネクターの着脱力(挿入離脱力)が電気接続上、大変重要である事を知った。コネクターの着脱力に大きく影響する因子は端子のメス側(バネ側)のコネクターである。電気接点の接圧の低下と絶縁皮膜が生成することによる電気通電不良だ。
参考サイト @ A B







2018/10/07 6:27:14|パソコン
パソコンのUEFI BIOSのBOOT(起動)メニューの設定方法の勉強

◆長いこと使用してきたマザーボードのBIOSもついに新しいハードウエアーの対応が困難になってきたので新しいUEFIへ置き換わった。 UEFI BIOSは、OS起動前に周辺機器の初期化や入出力をコントロールしたり、OSを起動したりする役目。 Win7や古いドライバーや周辺機器との互換性のために複雑になって、設定が難しくなっている。 ◆UEFIで最も注意することはCSMの設定。 CSMとはレガシーな周辺機器、ドライバー、Win7以前のOSとの互換性を保つための設定。 Win7以前のOSをインストールする時、DVDなどレガシーなブートをする時はCSMは有効にする。これを間違うと起動しない。ASUSマザーボードの表記を代表表示します。日本語は混乱するので表記しない。 BootメニューのCSM Parameters[Enabled], Boot option filter[UEFI and Legacy], Launch PXE OpROM policy[DO not launch] PXEはネットワーク関連のよう。 Launch Storage OpROM policy[Legacy only], Other device ROM priority[Legacy first], ◆セキュアブート(Secure Boot)とはOSが起動する前に改ざんされていないかチェックするセキュリティー機能。 OS起動前にウイルスなど実行されてしまい感染を許してしまったり、不正なOSが読み込まれるのを防ぐことができる。 CSMとセキュアブートを同時に有効にしてはいけない。Winが起動しなくなったりするらしい。 Win7以前はCSM有効、セキュアブート無効にする。Win8以降はCSM無効、セキュアブート有効。 セキュアブートの詳細は現在勉強中。 ◆以上でwindowsは起動するはず。ちなみにACHIとIDEを間違えると起動しない。画像は上からMSI,ASUS,GIGABIT,ASLock ずいぶん違うので設定に迷うがCSMの設定は基本的に同じ。 ◆画像は上からASUS GIGABIT ASLock MSI のBOOT画面。サイト内パソコンカテゴリーの「パソコンのBIOSはUEFIへ移行」も参照。
参考サイト @ A B







[ 1 - 5 件 / 108 件中 ] 次の5件 >>