mikkoの山旅日記U

最初は食べ歩きの旅、そしてハイキング、100名山、そして次は沢登り、岩登りと広がり冬は3000m級の冬山へ・・・・
 
2019/06/14 13:51:00|渓流釣り
1379-33 山梨県峡北 渓流釣り



日  程: 2019年6月8日(土)午後〜9日(日)

メンバー: furu(LD)、takka、アッチ、mikko

日記:
6/8)
takkaさんと一緒にTATUYAファームにいき、mikkoはfuru車が新車になってから初めて同乗させていただいて一路峡北へ向かう。
狭山PAでfuruさんからmikkoに運転を交代して初運転、スピードをセットしておくと定速走行が出来るのが一番のお気に入で、多分若干ではなるが燃費も違うのではと感じ、軽ワゴンにもこういうタイプが出来るといいのになぁ。。。。。。

順調走行で峡北に着き、早速遊漁券(1日券800円)を購入する。ついでにアイスでも買いたいと思ったが、1ヶ月以上も前に賞味期限切れになっている牛乳パックを見てしまって買う気がいっぺんに失せてしまった。

峡北釣りエリアに15時半後頃着いて直ぐに釣り開始、途中でも車が何台も止まっていたので釣り師達がたくさん入っているようです。
沢に下りて行くと出合付近に単独の釣り師がいて、彼はそのまま上流に行くと言っていたので、我らは出合から別の沢へと入って行く。

竿を出して2度目でmikkoが19cmのイワナをゲット、幸先が良いです。気を良くして竿を出しながら上流へと移動して行きます。次に当たりが来た時には餌だけ取られてガッカリ、食い逃げです。3度目は途中まで針に付いていたが、引き上げている最中に外れてしまって超ガッカリ。結局竿納めをする17時頃までに1匹だけの釣果で終わってしまった。
本日は1時間半でfuruさんもtakkaさんも仲良く1匹ずつの釣果だった。





お昼過ぎから釣りをしていたアッチさんと泊地で合流する。
我らが着くと何やらおいしい匂いがぷんぷん。。。。。匂いの素は野菜たっぷりの砂肝アヒージョで彩も鮮やかで超おいしそうだった。

急いでテントを張り、お座敷も作って宴会モードにスイッチオン。。。。。
おいしいアヒージョをおつまみにワインでカンパ〜イ♪楽しく美味しい時間の始まりです。アッチさんは大きなヤマメを2匹釣っていた。





furuさんが釣れなかった時のためにと、丹沢で釣ったイワナの冷凍を持ってきてくれていたので、いろいろできそうです。
大きなヤマメは炭火焼きに、小さめのイワナは焼いて骨酒に、そしてmikkoが作ってみたかった南蛮漬けとイワナ汁も作ることにした。

油が新しいかったので、玉ねぎと人参と大葉のミニかき揚げ、長ネギの素揚げ、揚げ卵を作ったあとにイワナを素揚げにして、事前に作ってきた野菜入りの南蛮酢に漬け込む。イワナは味の染み込みが早いので直ぐに美味しく食べられた。
じっくりリ焼いたイワナの骨酒も絶品、美味しかった。

おかずだけでお腹いっぱいになり、furuさんが用意してくれたチャーハンにまでたどり着けずにもう限界。。。。で、おやすみなさ〜い。

6/9)
4時起床、チャーハンと残りのイワナ汁等で朝食を済ませて、テントを撤収し出発する。
今日も昨日と同じエリアで釣りを楽しみ、アッチさんも一緒です。
今回アッチさんがとってくれた川虫を初めて使って見たが、直ぐに釣れてその威力にビックリ。。。。。。furuさんも現地調達の蛾や羽虫、蟻で釣れたとのことで食い食いつきが良さそうですがブドウ虫以外は、怖いのと気持ち悪いのとでまだ自分では付けることが出来ずにトホホです。。。。。











12時頃まで釣って本日の釣果は、アッチさんが7匹、furuさんが5匹、takkaさんが1匹、mikkoは4匹だった。
真っ直ぐ帰路に着くアッチさんと別れて、我らはゆったり温泉に浸かったあと、時間も早かったので一般道で帰路に着く。
mikkoは今季初となった渓流釣り、大いに愉しめた。







     コメントする
タイトル*
コメント*
名前*
MailAddress:
URL:
削除キー:
コメントを削除する時に必要になります
※「*」は必須入力です。