「伊藤 ゆたか」の日々の生活、考え方、まちの情報などを、随時お送りいたします。伊藤ゆたかは、市民の目線を失わずに、強いものに取り込まれず、是々非々を貫きます。
 
2009/10/12 10:49:40|その他
伊藤ゆたかは、こう考えます。
今世界では、1000万人以上の幼児が5才誕生日を迎える前に、かけがえのないその命をなくしています。

我国では、7000人もの人々が交通戦争の犠牲者となり、また、30000人もの人々が自らの命を自ら絶っています。

世界の実情を見る時、食育や地産地消、子育て支援や地域医療体制を考えます。日本の現状を見る時、経済の活性化や教育改革を考えます。

貧困や飢餓が、一日5万人もの生命を奪っている世界の中で、ダイエットやメタボリック症候群を心配する飽食の国。

大人も子どもも自らの命を絶ち、他者の命をも事もなげに奪う現代社会において、日本人の本来持っていた精神的価値観を、原点に戻って見つめなおすべきです。

損得でない「徳」を、人が一人では生きられないことを、人が支えあって生きることを、私たちの生活の中での寄って立つ原点を見つめなおすべきです。

国は、国民の生命と財産を守るために存在し、地方自治体は、市民の安心・安全な生活を保障するために存在します。

もっとも弱い立場にある人々が守られ、守るために経済の活性化が図られる。そのバランスを保つために、政治が存在します。

国民や市民の命を守ることや、命を粗末にしない社会をつくることが政治の務めで、政治もまた、政治生命という命がけの仕事でなければならないのです。

市民自治の時代を迎えるにあたり、地方自治体はアウトソーシングによってスリム化をするでしょう。パブリックマーケットにより、民間活力の向上も図られるでしょう。

地域内分権の推進もされるでしょう。そんな時、自治社会にふさわしい議会が求められています。

議会も変わらなければならないのです。行政のチェック機能だけでなく、市民や行政との協働が求められ、政策形成能力が求められます。

伊藤ゆたかは命がけで、市民の、市民による、市民のためのまちをつくります。







2017/06/19 9:34:00|その他
リベラルとは?

テロ等準備罪か共謀罪か、可決されてもなお、不毛な議論が交わされている。与党も野党も決して言わないこと。
日本共産党は公安の監視対象団体で、革マル派中革派などの革命集団、現在では地下に潜って表面には出て来ませんが、社民党も民進党も1部の議員が関わりをを持っている可能性が高いと思われます。かつて菅総理は、北朝鮮に関わりのある団体に寄付していた。沖縄の基地反対運動に、極左勢力が潜り込んでいる。蓮舫さんの献金問題。こんなことが関わってくる可能性があることに、野党も自民党も全く触れずに暴力団やテロに特化してお互いに法案を通したい、廃案に追い込みたい。全く嘘つきの国会議論に呆れるばかりである。
与党も野党も、経済ヤクザとの関係性が、野党も極左暴力集団との関係性が、議員個人あるいは政党にも及んで来る可能性には、まったく触れずに、一般の国民のためだと言って声高に叫んでいる。議員個人に罪が及ぶ可能性があるから、調査対象になる可能性があるから反対しているのでは?
政治家こそ、公平公正のなんたるかを真摯に見つめなおして欲しい。自民も民進も社民も、民が主であると標榜しているのであれば、尚更のことである。








2017/06/16 16:31:55|その他
杉原千畝(スギハラチウネ)
杉浦千畝物語をYouTubeで見ました。東京2020オリンピックパラリンピック大会において平塚市はリトアニアチームとホストタウン登録をしました。YouTubeでの杉原千畝物語は、感動モノでした。
1933年ヒットラー政権が誕生し、1939年ドイツはポーランド侵攻を始めた。ユダヤ人に対する迫害や虐殺によって、ポーランド在住のユダヤ人はリトアニアに逃れてきた。1940年リトアニア領事館領事代行であった杉原千畝当時40歳は、日本国政府の意向に反して日本通過のビザを発給した。1940年7月29日から8月27日に領事館強制退去、そしてリトアニアを離れる9月5日まで、6,000人ものユダヤ人に命のビザを発給した。終戦1年後にようやく帰国した杉原千畝は、外務省から解雇された。その後、大変な苦労されたようです。
リトアニア日本大使館の大使が平塚にお見えになったとの事ですが、岐阜県生まれの杉原千畝に対して、岐阜県にも大使は表敬訪問していると、岐阜県のホームページに書いてありました。映画では藤沢市、鎌倉市在住とのこと。今でも縁者の方が在住なのでしょうか。
平塚市は2020以後もリトアニアとの交流を深めていくとのことです。イスラエルやリトアニアでの評価や、国内での杉原千畝への理解を深める活動が大切です。







2017/05/19 13:37:34|その他
人生とは?

人生とは?

難しいものですね。人が生きると書いて人生。

生きるとは、息(ブレス)と、る 継続の接尾辞が合わさり生きるといいます。要するに、息し続けると言う意味です。息し続けるだけなら動物も一緒ですが、人が息し続けることに意味があるのです。

人生とは、難しい課題ですが、人が息し続けながら、どんな終い方をするのかが大事なのです。

渡辺昇一さんの知的生活の方法や快老生活を読み、人には引きこもり生活をしていますと答えている自分に照らして、知的生活を気取って見てもついていけない自分が居、快老の境地まで至らない自分がいるのが恥ずかしい限りです。

20歳の時から様々な組織活動に関わらせてもらい、市議会議員12年を終え早6年、その間まちづくり財団の4年の体験。

かけがえのない得難い体験をさせてもらいながら、成長しない自分が情けないと思わざるを得ない。

半年ぶりのブログ、もうじき年金生活者になる自分に、年金事務所に届け出を出せとの通知を受け取り、感無量の自分がいます。


 







2016/12/31 19:25:03|その他
コミュニケーション能力
今回送られて来た「考える人」の特集は、「ことばの危機、ことばの未来」です。正月に落ちついてゆっくりと、読みたいと思っています。
知を楽しむとサブタイトルのついたこの本を、僕はゆっくりと読みます。僕は熟読と思っていますが、単に遅いだけかもしれません。
言葉の持つ役割には、議論や討論やコミュニケーションなどの、ツールとしての役割があります。
言葉を話すということには、伝わるということが伴わなければ、役割を果たすことができません。

聞くという作業が無くとも、役割を果たすことができません。
伝えることには、言葉と表情とジェスチャーにインパクトなどが、そして相手への思いやりなどが加味されます。
言葉の持つこんな複雑な要素によって、議論は成立しています。
僕は、正直であることに努力しています。それは、こんな複雑な要素でのやり取りを、極力単純化しようとしているからです。結果、自分自身が楽であるということもあります。
腹芸という、政治の世界の言葉があります。国会でも県会市議会でも、議論のないところに存在価値はありません。
伝わる言葉を用いて、聞くことを理解する作業をへて議論を尽くせば、お互いの一致点にたどり着けるはずです。
今かみ合うことができなくとも、尊敬し合うことができるはずです。
議論すること。言葉によって理解し合うことは、人の人格まで試されているのだと思います。
特集記事の、20人以上の方が書かれた言葉、読むのが楽しみてす。


「来る年もよろしくお願い致します」
 







[ 1 - 5 件 / 142 件中 ] 次の5件 >>