チェチリア工房

ここは、工房という名の音楽室です。音楽は目に見えませんが、必ず何かを創造しています。天井が高く素晴らしい音響が自慢のスペースです。レッスンやコンサート その他、創作活動の発表にご利用ください。
 
2021/09/04 13:31:00|うたのわ
9月6日 うたのわ
秋の始まりですね

声をだして、ストレス解消・・・そして、
音楽に触れて ゆたかな気持を持ち続けましょう

9月6日 2時から 500円
練習予定曲
・なだそうそう(60)
・サンタ・ルチア(116)
・時計を停めて(5)
・箱根八里(117)
・四季の歌(91)
・世界に一つだけの花

ご自分の飲料をご持参して、お集まりください。







2021/09/17 0:13:33|うたのわ
敬老の日の「うたのわ」
9月20日 敬老の日
「うたのわ」を行います
2時にスタートします。
おそらく、台風一過 秋晴れの日になるでしょう・・・

飲料を御持参の上、お集まりください

練習曲は週末にお伝えします


ベランダから赤とんぼがたくさん飛び交うのを見てました

ニュースでは台風の情報 総裁選の行く末・・・・
コロナは依然として終息の気配はありません

この時代をどういう時代と受け止めればいいのでしょう

明日の地球を担う若者たちが、
まともに学べる状況ではないのです

ただ、知恵は未来に向かっています
ちゃんと、地面を踏みしめて歩くことを確認というならば
確かな道を歩んで進め!と祈る
画面の上での経験は、深みの無い重なりだ
弾力の無い重なりを経験と思い込むな・・・・

未来に向かう道の途上で
遥か遠くや 空の高さや 星の光の生まれた過去など
眺めながら歩いてほしい



 







2021/09/15 23:50:26|チェチリア工房情報
withコロナを目標にして
コロナ禍はまだまだ続くと思います

チェチリア工房では
改めて
withコロナを目標に
活動を継続することをお知らせいたします。

まさにこの状況は、歴史の中の大きな時代の中に在ること
やり過ごせるまで、何とか凌ぐ・・・・ではなく
しっかりと、この状況を把握し
全体と現在と将来を見据えて
活動を継続してゆきたいと思います。


 







2021/09/14 23:55:00|あれこれ
芸術で埋め尽くす?
オンライン授業になって
また、新しい勉強が必要になった

ふと、昔受けた授業の事を覆いだす
倫理の先生だった・・・
人間は原罪から逃れられない
老いからも逃れられない
つまり、ストレスから逃れられない

もし、ストレスのない社会に生きたいと思ったら
日常の全てを芸術的にすることなのだそうだ
「芸術の中に埋もれて暮らすこと」だ!

なぜか。頻繁に思い出す言葉になっている

あれから50年
私の中にも、ストレスが溜まっているのだろう
ちょっとした出来事があって
日常生活を見直すきっかけとなった

コロナの時、不要不急・・・と言う言葉があり
芸術鑑賞や芸術活動は不要不急に入ったりした

コロナが長引いて それは少し見直された

さて、日常生活を見直すとき
「断捨離」は必須アイテムだ

「不要不急」「断捨離」の波を
芸術活動が生き残るか?
それぞれの価値観に依るのだろうけど

そうやって 自分を追い込み
自分に聴いてみる



 







2021/09/13 22:36:09|楽曲解説
秋に聴きたい曲「夏の日の贈りもの」
夏の日の贈りもの

高木あき子 作詞
加賀 清孝 作曲

さりげなく歌える合唱曲
何度も生徒と一緒に歌った

今年、縁あって 
この楽曲について語り合ったことがあった
語り合った知人の先輩がこの曲の作曲者だった

このベンチは10数年前に友人からもらい
古びたまま、チェチリアの裏庭に置いてあった

夏中にこのベンチを塗り直をしておく!・・・と
従兄弟と約束をしていたが
結局、その作業は今頃になった

ペンキの作業をしながら、この歌を思い出した

♪夏の言葉たどり 歩く今日の道よ
閉じた小屋のベンチさがせば、消えかけた頭文字










 







[ 1 - 5 件 / 1725 件中 ] 次の5件 >>