平塚のハムファン

北海道日本ハムファイターズ        ファーム応援サイト
 
2018/11/15 5:59:25|その他
あった。

ほぼ毎日会社に来る
取引先の担当者と話をしていたら

知り合いの息子さんが
四国アイランドリーグで投手をしているという。

チーム名は分からなかったが

名前を聞いておいた。

なんとなく聞き覚えもあるような

帰宅して調べたら

夏休みに四国へ行って見た試合で投げていた。

10月のみやざきフェニックスリーグでも
対ファイターズ戦で投げていた。

両試合とも写真を撮ってあった。

プリントして持って行ってあげようっと。



【写真】11月11日 鎌ヶ谷

【1】鈴木投手
【2】斎藤佑投手
【3】姫野選手
【4】石川直投手







2018/11/14 6:11:42|その他
東西

トライアウトは無事に終わったようです。

気になった投手の投げる順番

新垣投手が1番目

やはり遠い順か

ただ球団毎にではなく

完全ではないが前半は東の順、後半を西の球団だったようです。




【写真】11月11日 鎌ヶ谷

【1】堀投手
【2】姫野選手
【3】谷口選手
【4】白村投手







2018/11/12 20:49:51|その他
欠席だけど

今年はトライアウトの応援には行けないので

ちょっと比較してみました。

まず、今回の人数が発表されてました。

全員で47人

投手が29人 野手が18人


昨年も見に行けなかったので

見に行った2016年の甲子園でのトライアウトと比較

2016年の投手は42人

今回の投手は29人と少ない。

例年通りひとりの投手が3人の打者と対戦とすると

野手の打席数は、15人が5打席、3人が4打席か

ヒットが出てない選手に打席数を多くするんだけど

バランス悪いな

いつも投手が投げる順番ってどう決まっているのか?なんだけど

開催地から遠い順じゃないかという感じをしている。

過去に年齢順というのがあったけど(年長から)

トライアウトだけの結果が重視されるわけではないと思うが

ベストなコンデションで!



【写真】11月11日 鎌ヶ谷

【1】高山投手&堀投手
【2】谷口選手
【3】新垣投手
【4】鈴木投手







2018/11/11 20:48:18|その他
11月11日 秋季練習 鎌ヶ谷

始めは曇り空で少し寒くも感じたが
後に晴れて暖かい鎌ヶ谷

沖縄キャンプも鎌ヶ谷での秋季練習もあと数日

ユニフォーム姿を見るのも今シーズン最後になりそう。

トライアウトに向けて新垣投手も練習してました。

自主トレ組の斎藤佑投手とキャッチボールしてブルペン入り

前日のヤクルト戸田球場でもそうだったが

昔はトライアウトを受ける選手の練習は

他の選手と場所が重ならないように行っていたが

近年は、練習は別ではあるものの同じグランドで行っている。

とても良いことだと思う。





【写真1】松本選手
【写真2】斎藤佑投手&新垣投手
【写真3】石川直投手
【写真4】谷口選手







2018/11/10 22:43:20|その他
11月10日 ヤクルト戸田球場

実は先週の日曜も戸田球場へ行ってみたのだけれど
ヤクルトのジュニアチームが練習をしていて

目的に対して空振りだった。

その目的
 トライアウトに向けて練習をしている鵜久森選手

日ハムに入団してから一番長いこと見て来た選手になるので、たくさんの想い出がある。

始めてファームの春季キャンプを見に行ったのは
鵜久森選手がルーキーの年だった。

その年の高卒ルーキーには、
ダルビッシュ投手と現在アカデミーコーチの市川卓選手がいた。

キャンプ地は、現在の国頭ではなく東風平(こちんだ)

那覇空港から国頭に行くには、
途中で名護を経由して国頭へとなるが

東風平は、那覇空港から名護へ向かう方向とは逆方向。

名護と東風平間の移動は大変だった。


宮崎のフェニックスリーグでは、

朝、当時のマネージャーが
 サプライズあるよと話してくれた。

何だろうと思っていたら

鵜久森選手がセカンドを守った。

守備機会もあった。横に飛びついてとったのだ!


現在、ヤクルトは松山で秋季キャンプをしているが、
居残り組はヤクルト戸田球場で練習

その居残り組に入って練習をしていた。

11月になっても暖かい日が多く
トライアウトに向けての調整はやりやすいと思う

練習を終えて帰る鵜久森選手が、

コーチやスタッフに挨拶していたが

皆から、頑張れよと声を掛けられていた。


ありきたりの言葉かもしれないが

頑張ってほしい。


【写真1〜4】鵜久森選手







[ 1 - 5 件 / 1234 件中 ] 次の5件 >>