湘南の風と光

左下方検索画面で検索してね!⇒珍鳥シリーズ、ヤイロチョウ、ヤマヒバリ、キヅタアメリカムシクイ、コノドジロムシクイ、サバクヒタキ、セグロサバクヒタキ、キガシラシトド、サバンナシトド、ミヤマシトド、キマユホオジロ、シラガホオジロ、ユキホオジロ、イナバヒタキ、オガワコマドリ、ノハラツグミ、ウタツグミ、ギンムクドリ、ホシムクドリ、カラムクドリ、オオカラモズ、シマアカモズ、チゴモズ、ヒメイソヒヨ、モリムシクイ、カラフトムシクイ、コウライウグイス、ヒメコウテンシ、アカショウビン、キョクアジサシ、オニアジサシ、レンカク、ヒメクイナ、アシナガシギ、コキアシシギ、コシャクシギ、ソリハシセイタカシギ、ハリオシギ、オオヨシゴイ、ミゾゴイ、アネハヅル、ソデグロヅル、アカツクシガモ、ツクシガモ、メジロガモ、コスズガモ、アラナミキンクロ、アカハシハジロ、ハシジロアビ、ヒメコンドルなど 現在386種類撮影(外来種、変種を含む)
 
2021/07/31 5:10:16|野鳥関係
突然眼の前に…「カワセミ」

久し振りに川に行ってみた。
この川は7月初めの雨で氾濫のニュースが流れた2級河川である。
過去には沢山の「カワセミ」に遇えた川であるが、護岸の改修工事により個体が減った様で、遇いにくくなっている。
この川で私が探鳥する範囲は狭く、2kmくらいである。この時期では「カワセミ」「サギ類」「ハクセキレイ」「イカルチドリ」などにしか遇えないが、短時間の暇つぶしには丁度良い。
土手を通る人も少なく、このコロナ禍では最適な場所である。ただ、土手に木々が少なく、半分以上は陽に晒されて逃げ場の少ない場所である。

2月に「イカルチドリ」に遇えて、過去にこの付近で雛を撮った事があるので、今年も遇えればと楽しみにしていた。
5月ごろには姿が見えなかったので、繁殖中かと探してみたが見付けられなかった。
この日も「イカルチドリ」の成鳥には遇えたが、1羽だけだった。繁殖は上手く行ったのだろうか。

途中から川幅全体に砂利が広がり、流れが浅くなった所で休憩中、突然目の前10m程先の石の上に、魚を咥えた「カワセミ」が止まった。
土手を1km程歩いて来たが「カワセミ」には1度も遇えなかったので、大チャンスである。
魚を獲って直ぐの様で、魚を石に打ち付けて弱らせてから、咥え直し飛んで行ってしまった。枚数はあまり撮れなかったが、綺麗な「カワセミ」を撮る事が出来て嬉しかった。



*写真は大きくして見られます。
写真を左クリックすると、拡大されます。拡大された写真の右上の×を左クリックすると元に戻ります。

*他の記事を御覧頂ける場合は
左窓の(コンテンツ)内の記事のタイトルをクリックすると、その記事のページに飛びます。

左窓の(コンテンツ)内、右下の(一覧へ)をクリックすると過去の記事のタイトルと写真が現れます。タイトルか写真をクリックすると、その記事に飛びます。

左窓の(検索)内の空白部分に鳥名などを書き込み右の(検索)ボタンをクリックすると関係タイトルが表示されます。タイトルか写真をクリックすると、その記事に飛びます。

*コメントを書いて頂ける場合いは当該記事の下部にコメント欄が有りますので、そこから書き込んで下さい。書いて頂いたコメントは私の承認後に反映されます。




     コメント一覧
[ 1 - 20 件 / 2 件中 ]

ミントさん
有難う御座います。
暑いですね〜。
あまり、外に出ようとする気が起きません。
やっと探鳥に出たものの、ホンの数分で帰りたくなりました(笑)。
見せびらかしてから、食べるものと思っていたら、魚を弱らせてから咥えて去って行きました。

トシ  (2021/08/01 18:23:30) [コメント削除]

こんにちは^^
トシさん こんにちは^^
毎日暑いですね・・
目の前の石の上に カワセミさんが
見せびらかして 食べているのかしら?コロナも忘れて楽しめましたね^^

ミント [WEB] (2021/07/31 16:48:31) [コメント削除]

[ 1 - 20 件 / 2 件中 ]

     コメントする
タイトル*
コメント*
名前*
MailAddress:
URL:
削除キー:
コメントを削除する時に必要になります
※「*」は必須入力です。

※コメントは投稿後、ブログの管理者が承認した後に表示されます。