アマチュア落語家・壱生の不覚

アマチュアの落語家です。同好の士へ発信したく、ブログを開設しました。
 
2021/08/01 6:00:00|四季を味わう
誕生色
浅草の扇子職人、荒井修さんの本に「誕生色」というものがあると知りました。
荒井さんは毎月の色を和歌に詠みこんだものを、著書「江戸のセンス」の中で紹介しています。
とても、趣のある文章なので、これからのブログで毎月初めに引用させていただきます。
今月は、2回目です。

8月「夢見ひるがお」(ゆめみひるがお)
昼顔の花だから、サーモンピンクの薄い感じの色。僕のイメージだと、庭があって、そこに昼顔の花が咲いていて、縁側で団扇をあおぎながら寝ちゃうみたいな感じ。
「縁側の 涼みうちわも 手が止まり 遠い昔を 夢見昼顔」


​​​​​​​





     コメントする
タイトル*
コメント*
名前*
MailAddress:
URL:
削除キー:
コメントを削除する時に必要になります
※「*」は必須入力です。