大磯町郷土資料館ノート Oiso Municipal Museum

 
2016/12/21 16:24:05|海の森クラブ
海の森クラブ定例観察日 2016.12月

12月21日 干潮時間17時 潮位70p予定
照ヶ崎海岸の15時ごろの様子です。


最干潮時間は17時の為今の時期は薄暗くなるので、暗くなる前に急ぎめで観察をしました。奥の磯に行くには少し波もあり、見える範囲で観察をしました。


先月と同様に岩肌には、アオサの仲間があり、美しい緑が広がっていました。
よく観察すると、マルバアマノリや先月より生長したハバノリの姿がありました。
カヤモノリ・ヒジキなども確認できました。

港では、マルバアマノリが5センチくらいまで生長していました。
マルバアマノリ地帯はとても滑るため重心を低くし滑らないように観察していくと、先月には観察できなかった海藻も観察できました。

来月は1月18日(水) 13時頃大磯港・照ヶ崎海岸での観察を予定しています。
海藻の観察をするなら冬から春です。この時期にしか観察できない種類もあるので防寒対策をして、海況に注意し安全第1で定例会を継続していきます。