mikkoの山旅日記U

最初は食べ歩きの旅、そしてハイキング、100名山、そして次は沢登り、岩登りと広がり冬は3000m級の冬山へ・・・・
 
1599-98 甲府幕岩(クライミング)

★写真の上でクリックすると拡大します。
 みずがき湖畔で停滞も、また楽し♪
 なべちゃん(5.8)
 ピリカ(5.10bc)
  〃 
     
日  程: 2021年10月30日(土)夜〜11月1日(月)
メンバー: mie(LD)、popo、さいちゃん、myama、ao、mikko
天  気: 薄曇り

コース:
10/30)
平塚自宅19:00⇒相模湖IC⇒21:20双葉SA(車中泊)

10/31)雨の為停滞
双葉SA7:30⇒須玉IC⇒清里(ao車と合流)⇒湯川Ⓟ⇒9:40みずがき湖VCⓅ10:03⇒10:10みずがき湖畔東屋Ⓟ(車中泊)

11/1)甲府幕岩
みずがき湖畔東屋Ⓟ7:20⇒みずがき湖VCⓅ7:30⇒8:00甲府幕岩Ⓟ→8:20岩場(クライミング)16:00→甲府幕岩Ⓟ(解散)⇒16:30みずがき湖VCⓅ(解散)17:20⇒18:40長者の森Ⓟ(車中泊)

日記:
10/30)移動
夕飯等を済ませてpopoさんと一緒に出発、相模湖ICから高速に乗り双葉SAで明日の天気を心配しながら車中泊です。

10/31)停滞
須玉ICで深夜料金を支払って降り、清里でao車と合流後二台連なって湯川に到着する。湯川の駐車場は予報が悪かったのに既に満車状態でビックリ!
我らが到着して直ぐに1台の車が、大きな雨雲が来ているので中止にして戻ると言って去って行った。

そして間もなく雨粒がポツリ、ポツリに・・・・
この後の予報も良くないことが分かっていたので取り合えず今宵の泊地予定だった、みずがき湖に行ってから決めようということになった。この後もずっと小雨が降り続いたので、ざんねんだったが中止は正解だった。

みずがき湖畔にある大きな東屋での停滞になったが、これはこれでいろんな話が出来て結構楽しかった。ランチ後、帰路に付くAkkeyさんとG藤さんを見送り、夕方には地元に別邸のあるaoちゃんとmieさんを見送り、さいちゃんとpopoさんとmikkoの三人はここで車中泊です。雨は午後には止んでいたので夜中にたくさんの星を見ることが出来てちょっと感動。

11/1)甲府幕岩
7時半にビジターセンターで本日のメンバーと合流後、mie車に同乗させていただいて、観音峠経由で帰るさいちゃん車と2台連なって出発する。
30分の走行で駐車場に着くと、現地集合のmyamaさんは既に到着していて、『おはようございます』でメンバーが全員揃う。

甲府幕岩は2021年11月2014年5月に2回来たことがあるだけなので超久しぶり、ワクドキしながら岩場に向かう。
本日は豊饒の森エリアでクライミングをします。

1本目:ナベちゃん(5.8)
さいちゃんにトップロープを張ってもらってウォーミングアップから、5.8なので問題なく登れた。2012年の記録を見返したらリードで登っていました。

2本目:イエローマウンテン(5.9)
特に難しく感じることなく登れてホワイトポイントで完登。
2014年の記録を見返したらリードで登っていてビックリ。

3本目:わささび(5.10b)
わささびルートは相性が良いのか楽に登れてホワイトポイントで完登。

4〜5本目:ピリカ(5.10bc)
左側から登って核心はクリアできたが、そのあと直上してしまって体が剥がれてテンション、『そのルートは5.11aで難しいよ』って下から、さいちゃんの声が掛かって軌道修正してやっと終了点へ。ちなみにpopoさんは右側から登って1回目で、ホワイトポイントで完登しました。素晴らしい!

2回目のトライでmikkoも右側から取付きます。
右側からと言っても直上になるのかな?処々でさいちゃんのアドバイスをもらいながら、気が付けば核心部がクリアできていたって感じで登る。そのあとも、小さなカチを見つけながら何とか登りきり、ホワイトポイントで完登出来て超嬉しかった。
さいちゃんからリードの課題を頂いたので、登り込んで課題をクリアしたい。頑張るぞ〜

6〜7本目:アイソメタリックス(5.10c)
流石に10cは甘くなかった。2回トライするも1手(同じホールド)に手が届かずテンションを掛けてやっとトップアウト。こちらは時間が掛かりそうです。

mikkoは5ルート、7本登ってお終いになる。
mikkoとpopoさん以外のメンバーはWORK ON(5.10a)にもトライしていた。
甲府幕岩は、今季はもうお終いとの事だったので来季を、首を長〜くして待ちたい。楽しみです。

駐車場に戻って解散となり、mie車に同乗の我らはビジターセンターに戻って再解散し、popoさんとmikkoは明るい内にと、明日の登山の準備をした後、御座山登山口の長者の森に移動するが、二人とも気持ちはすっかり長者の森に向かっていて、レストラン141での食事の事は頭から離れていて忘れていた。

長者の森のトイレが使えるのか心配だったが、一晩中電気が点いていて感謝。
夕食を済ませた後、星空を眺めながらおやすみなさ〜い。










     コメントする
タイトル*
コメント*
名前*
MailAddress:
URL:
削除キー:
コメントを削除する時に必要になります
※「*」は必須入力です。