ひらつかウオーキング協会の情報は gooのブログ goo/hwa0100 にて紹介しています。
 
ひらつかを歩こう VOL16

写真及び地図はそれぞれ次のとおり。
・4月7日 湘南平の桜 ウォーキング地図
・4月19日 ミニウォーク地図
・5月23日 近未来木漏れ日ウォークの地図

□ウオーキングイベントのご案内
○4月7日(火) 
 湘南平の桜 15Km
【集合場所】JR平塚駅西口(小田原方面出口)
      見附台公園 9時から9時30分
【解散場所・時間】 錦町公園 
          平塚駅西口 5分
            14時30分ころ
【参加費】一般 500円
      KWA所属協会会員 200円
      JWA所属協会会員 300円
【パスポート】 KWA・IVV、HWA
【コース説明】暖冬による影響で、当日桜の花が残っているかどうか心配ですが、桜の花にあわせて、新緑をも求めて、ウォーキングします。
 平塚見附台公園より平塚の塚を経由して桜ヶ丘公園、高来神社へと足を伸ばします。高来神社からは、湘南平に向かって、神社裏から、八俵山を経由したハイキングコースを登ります。湘南平で昼食後、大磯側に下山し、大磯港からなでしこ公園へと平塚に戻ってきます。なでしこ公園からは、東海道線線路上を渡り、解散場所の錦町公園へとウーキングします。健脚コースです。

○4月19日(日) 
ミニウォーク 11Km
【集合場所】JR平塚駅西口  紅谷町公園
      9時〜9時30分
【解散場所】八幡山公園 12時30分頃
【参加費】一般500円       
     KWA所属協会会員 200円         
     JWA所属協会会員 300円
【パスポート】HWA・IVV
【コース】紅谷町公園を出発し、追分の大山道標脇を通り、中原から渋田川に向かってウォークする。 新大縄橋の手前を真土大塚山公園を抜け、西八幡を経由して解散場所の八幡山公園に向かう。  真土大塚山古墳跡は、4世紀頃に相模国を支配していた豪族の墓と推定されています。二度の発掘調査で墳墓から装身具、道具、武具、さらに三角縁四神二獣鏡などが出土しました。特に三角縁四神二獣鏡が重要視され、現在東京国立博物館に保管されています。 今では古墳は失われていますが、遺跡の北に大塚山古墳公園を作り、在りし日に思いをはせています。

○5月23日(土) 
 近未来木漏れ日ロード 15Km
【集合場所】小田急線 弦巻温泉駅南口
      おおね公園 9時から9時30分
【解散場所】 交通公園 15時ころ
       小田急線秦野駅 2km
       公園から秦野駅まで誘導します。
【参加費】一般 500円
      KWA所属協会会員 200円
      JWA所属協会会員 300円
【パスポート】KWA・IVV・HWA
       やすらぎ回廊
【コース説明】おおね公園から東海大学構内をウォークし、松前門より親水公園を目指す。その後、花水川左岸を富士の雄大な姿を眺めつつ、土屋橋から座禅川左岸を散策し、土屋公民館に向かう。ジャンボリーゴルフ練習場を経由し、平塚の高原地帯をウォークし、日枝神社(昼食)で一休み。昼食後は、遠藤原からの雄大な富士山を眺めつつ(ガスがなければいいのですが)、解散場所の交通公園に向かう。交通公園にて、解散式を実施後、秦野駅まで最後のウォークを行い帰路につくウォークとなる。

□ウォーキングイベント実施報告
○2月21日(土) 
 ミニウォーク  10Km 晴れ
【参加人数】 28名
 紅谷町公園から四十瀬川公園を経由し、花水川に。花水川〜達上ヶ丘公園、ヘルシー道路をウォークし、総合公園にて観梅。今年は花の咲くのが早かったため、ミニウォークまで残っているかが心配でしたが、見どころが残っており、予定どおり観梅のミニウォークを実現。
 この日は、午後から総会を実施し、昨年の報告、今年の予定などを説明。厳しい予算状況であったが、何とか黒字を計上し、2009年度に結びつけることができました。
 参加者の皆さんご苦労さまでした。また、会員の皆様、今後ともよろしくお願いします。

○3月8日(日) 曇り
KWAパスポートシリーズ 
第2弾平塚砂丘と湘南潮来 
10Km/20Km  自由歩行
【参加人数】 533名
 あいにくのの曇り空。肌寒い中を出発式のあと見附台公園より四十瀬川公園まで集団歩行にてウォーキング開始。公園出口より、自由歩行により、花水橋、桜ヶ丘公園、を経由し、花水川左岸を北上し、達上ヶ丘公園にウォーク。ここからは、ヘルシーロードを歩み、総合公園、八幡山公園に向かう。馬入緑道を経由し、10Kmゴールの馬入ふれあい公園に到着。公園からは、相模川右岸を下り、湘南潮来に。さらに、須賀港南にて、134号線の下をくぐり、湘南海浜公園に。公園南側を平塚砂丘に向かう。砂丘からは、なでしこ公園を経由し、花水川右岸を北上し、高来神社に。高来神社からは旧東海道を東に進み、ゴール(20Km)の見附台公園に向かう。本コースは、神奈川50選(神奈川県ウオーキング協会認定)の2コースをを取り入れ(認定は一コース)、かつ、平塚八景のうち、3景をカバーする市内一周コースであり参加者の皆さんには、平塚市内を堪能し楽しんで頂けたと思う。(一部コースを間違えたウォーの皆さんゴメンナサイ)今回は、前日に矢貼り等の準備を行い、アンカーとともに、撤収作業を行ったが、ウォーカーの皆さんの強力により、予定より30分早く終了することができました。ウォーカーの皆さん有難うございました。

□ ウォーキングの一言
 エクササイズウォーキングの3回目です。今回も日本ウォーキング協会の資料から紹介します。

○エクササイズウォーキングを行う時の注意
 人間一人一人運動能力が違います。早く歩く人もいるし、そうでない人も居ります。短距離型の人、長距離型の人もいます。これを皆同じようなレベルで実施することは非常に危険です。
 まず、一人一人が自分の能力レベルを知ることが必要で、そのためには次のような心拍数の計測を実施します。
(1)自分の心拍数を知っておく
・安定時の心拍数(脈拍数)を測定する
 一般的には、手首の動脈を触ってはかります。中指、薬指、人差し指の三本を揃えて反対側の手の親指の付け根に当て、一分間の脈拍数を数えます。10秒図って6倍する、15秒図って4倍しても結構です。また、首の横側の頚動脈で図る方法もあります。
 最近では、胸部につけた簡易心拍計から、無線で腕時計型のレシーバーに発信され、心拍数を測定する機器もあります。
(2)目標心拍数を計算(簡易計算法)する
 最大の心拍数は、心臓が最大に働いたときの心拍数で、年齢や体力など個人差がありますが、一般的な目安としては、220から自分の年齢の数を引くことで求められます。目標心拍数は、その値の60〜75%の範囲です。

 自分の目標心拍数が決まったら、さあ歩きましょう。しばらく歩いたら、心拍数を図ります。以後、定期的に計り、目標心拍数に合わせて歩く早さを調整します。目標心拍数を越えるようなら、歩くスピードを遅くします。目標心拍数に届かないようであれば、歩くスピードを早くします。この様にして歩けば、無理のないエクササイズウォーキングができます。
 
 エクササイズウォーキングは、VOL14にて説明したとおり、最初は無理をせず、ゆっくり初めるようにしましょう。距離、時間を徐々に伸ばして行くようにしましょう。体力の向上に合わせて、レベルアップしたいろいろなウォーキングを組み立てることが加能となります。平塚市の場合、総合公園の一周が1700メートルとなっていますので、エクササイズウォーキングの練習に、自分の歩幅を把握する機会にとおおいに活用出来ると思います。散歩からウォーキングへ、さらにエクササイズウォーキングへ。いろいろなウォーキングを組み合わせておおいに楽しみましょう。

□ 四国八十八ヶ所霊場
       遍路道中記 03

第一章 阿波の国・発心の道場
 初体験 夜の 仏前勤行
 宿坊での夜七時からのお勤めは少しばかり緊張感をもって出席。上白衣、輪袈裟を身につけ、数珠、経本を持参。本堂は少し寒く暗い。和尚のお経をじっと聞くどれくらいの時間だったろうか、やがて般若心経ほか遍路中唱える経を一緒に唱える。終了後説法となるが開口一番「道中遍路でどんな花が咲いていましたか」と尋ねられた。私にはコスモスと桔梗しか浮かばなかったが「季節の自然を楽しむ心をもって遍路されたらよいですヨ」とつづけられた。せっかくの遍路、視野を狭くして前を急ぐばかりでなく気持ちにゆとりをもって歩まれたほうが有意義ですヨと言っている。なるほどと思いながら聞いたが結果はただただ拡大したマップばかりに気をとられ、前に進むだけの遍路になってしまった。
 切幡寺 と 観音様
 二日目も昨日同様秋晴れの天気、昼前に10番切幡寺に着く。ここまで12kmほど歩いた。仁王門を通って前へ進むと長い階段があらわれいささかガッカリし急に疲れを感じた。時計が正午を回っていたので休憩を兼ね、途中から同行した名古屋の三木さんと階段の手前で昼食をとる。
 階段は女坂、男坂、それに厄坂もあったように記憶する。333階段を上りきると本堂は標高150メートルの高さにある。更に上に大塔があるがこちらは失礼した。
寺の名前に「切」の字があり珍しいので寺名の由来を紹介する。弘法大師が巡礼中にこの山麓を通りかかったところ機を織る音を耳にした。大師が自身の衣服の破れを繕うために布切れを所望したところ娘は織っていた布を惜しげもなく切って差し出したという。感謝した大師は娘の願い「千手観音を刻んで衆生を救いたい」を聞き入れ、その場で像を刻んで娘を得度させたところ娘はたちまち千手観音の姿になった。仏法の即身成仏である。大師は切幡の山腹に堂塔を建立、得度山切幡寺と命名した。
 四国三郎吉野川 は 潜水橋
四国三郎と呼ばれる吉野川にさしかかった。私のイメージとは違う川幅の狭い川だったがすぐに中州にかかる潜水橋と知る。中州を30分ほど歩いて二つ目の潜水橋にさしかかった。こんな広い中州は初めてだ。こちらの橋の長さは先ほどの倍はある。橋幅狭く車はすれ違いができないので運転者は対向車が橋上にないことを判断して渡ることになる。欄干が低く歩行者は車とのすれ違いは先ほど以上に怖い。潜水橋とはこんな一面があることも初めて知る。
同行の三木さんは次の藤井寺でおしまい一泊二日の遍路と言う。四国に近い所に住んでいる人たちはいとも簡単に遍路に出かけていることを知る。
 宿のサービスにはガッカリ
今夜の宿は藤井寺に一番近い所にとる。すぐに風呂を勧められるままに入ったが5人が一度に入ったので小さな浴槽は戦場になった。シャワーからお湯が出ないので洗い湯に浴槽の湯を使う客、洗濯をする客であっという間に浴槽のお湯がなくなる。
6時の夕食に食堂へ集まったら昨日宿坊の夕食で一緒のテーブルだった客が2名、そして残りの5名は7番十楽寺で同宿のメンバーと聞く。女将さんが「皆さん風呂は済みましたか」と聞く、誰かが「学生さんがまだ入っていません」というと「風呂の係りは娘でボイラー止めるので入れません」と言う。当の学生が何も言わないし昨日同宿したメンバーも何も言わないので私がでしゃばるのもと思い聞き流した。
夕食後女将さんが宿泊費を今夜中に支払って下さいというので、居間へ伺うと息子が待機しており簡単に済んだが無愛想で挨拶なし、先ほどの風呂の件と重なり遍路宿はこんなものかなと思うとこれからの宿泊に一抹の淋しさを感じた。ふと昨夜夕食のとき正面に座ったお客から「私は今回逆の通し打ちで明日結願と言い、貴方によい旅館とダメな旅館を紹介しよう」と教わった中に今夜の宿はダメな宿で別の遍路宿を勧められたが、急なことであり変更しなかったことを思い出した。
                  記 柏木

□ ウォーカーの独り言

 3月8日に実施したパスポートシリーズは、ひらつかWA初のKWAイベントとして、 実施された。冷たい曇り空の中、500数十名の方の参加を得て、まずまず成功したイベントと思う。もちろん裏方の皆さんは色々な反省点を持ち、来年に向かっての大きな経験をつんだことと思う。 特に朝の受付、寒さの中のコース途中の誘導、前日からの矢張り、矢張りのチェックなど通常のイベントでは味わえない 面白さ、厳しさがあったと思う。役員の皆さんご苦労様でした。
 本番の成功祈り暮夜の中矢印を貼り矢印を書き
 早朝に確認するは昨日の矢張り定位置での誘導前に
 公園に集うウォーカー五百余名出陣前にストレッチして
 一斉にスタートするも歩道橋ウォーカーの列を長蛇にす
 平塚の市内を巡るウォーカー地図を片手に矢に導かれ
 それでもコースを逸脱した方が居たとか。・・・誘導の要員不足がウォーカーの判断を狂わせたかな?
 先頭とラストの時間差一時間早くも開く総合公園
時速7.5キロのウォーカー午前のゴールでゆっくりお昼
 そんなに急いでどこどこ行くの競歩じゃないよウォーキング

by どうでもいい歌

□ 鈴川に距離標識が
 知っていましたか?鈴川に海からの距離標識ができました。200米間隔にありますので、歩足の測定、ウォーキング速度の検証に大いに役立ちそうです。機会がありましたら鈴川右岸のウォーキングをおすすめします。

□ 会役員募集中
 「ひらつかウォーキング協会」では、例会役員を募集しています。
 ウォーキングイベント開催時に、受付時における駅からの誘導、ウォーキング中における、安全確保などに協力いただきたいと思っております。
 イベントの当日、または、事務局までお問い合わせください。
 新規会員も合わせて募集しています。お友達をお誘いし、ご一緒にウォーキングしましょう。入会方法などは、ホームページまたは事務局にお問い合わせください。





     コメントする
タイトル*
コメント*
名前*
MailAddress:
URL:
削除キー:
コメントを削除する時に必要になります
※「*」は必須入力です。

※コメントは投稿後、ブログの管理者が承認した後に表示されます。