ネパールの孤児院に日本からの募金を寄付しています。その他、ネパール関連のイベントに参加したり、 孤児院支援のための策を練っています。孤児院に17歳までの子供たちが常に36人弱います。すべてボランティアだけで運営しているので、大変です。一度でも良いので愛の手やアイデアをお願いします。
 
2015/08/12 19:45:00|ネパール大地震
OCCED訪問 その2

行く前に聞くことリストを作りました。その答えです。

1. 被害状況
地震が起きたのは土曜日で学校がなかったので、全員ホームにいました。けが人等一切いません。
 
2.募金の使い道
すでに書いたように現在の場所を買うことになり、そのお金に買ってあった土地代を当てることになりました。税金なしで210万ルピーだそうですが、税金など入れると少し足りないのでその足しにします。後は日々の食費や医療品、衛生用品になってしまうのではと思います。
 
3.日本のもので欲しいもの
特に思いつかない
 
4. Have a Nice Day プログラム
今はやっていない。スタッフ不足でできない。
 
5. もともと買ってあった土地への引っ越しはどうするのか
上記の通り不要になった。
 
6. OCCED JAPANと名乗っても問題ないか?
問題ない。領収書もその名前にしてもらいました。
 
7. ホームを17再で出たらその先はどうなるのか?
懸案中。かつて、ホームを出てから会長の自宅にホームステイしながら勉強した子がいる。この人はもう結婚した。
今年は該当者が4人。全員がSLC試験を受ける。なんとかここを出てから職業訓練校などへ入れないか考えている。
 
★ SLC試験はAnitaたちも受けたので覚えている方もいらっしゃると思いますが、おさらいしましょう。日本語で言えば中等教育卒業試験ということになると思います。うろ覚えですが、School Leaving Certification の略です。落ちる子もかなりいて、ひたすら暗記しなければいけません。ネットを探すとたくさん出てきますが、中には合格率45パーセントなどと書いてあるのもあります。これに受かると上の学校に行きやすくなるのでとても大切な試験です。
 
8. スタッフは何人?
・ガードマンさん
・Didi (調理担当) ちなみにDidiは年上の女性に使う言葉です。年上の女性に呼びかけるときもこれでOK. 調理担当の方はOCCEDではDidiという名で定着してしまったようです。
・幼児の先生    保母さんみたいな感じ?
・大きい子の先生    昨日は英語の先生が来ていました。
・ Nisha さん     まだ若くてかわいいカトマンズに住んでいる女性。
 
常勤のスタッフはほとんどいないわけです。
 
以上
 





     コメントする
タイトル*
コメント*
名前*
MailAddress:
URL:
削除キー:
コメントを削除する時に必要になります
※「*」は必須入力です。