ネパールの孤児院に日本からの募金を寄付しています。その他、ネパール関連のイベントに参加したり、 孤児院支援のための策を練っています。孤児院に17歳までの子供たちが常に36人弱います。すべてボランティアだけで運営しているので、大変です。一度でも良いので愛の手やアイデアをお願いします。
 
2014/01/11 20:11:03|ミーティング
2014新年会報告
  1. 会計報告
  2. 昨年の同じ時季よりも少し残額は減っているが、今年も寄付はである。シベスsさんの来日の日取りが決まったら、また日程を調整して手渡ししたい。尚、昨年7月のミーティングで決定したように年額は1人1万円である。
  3. OCCEDの組織について

    OCCED創設は1999年。私たちが寄付を始めた当初よりも大きくなり組織も変わったように思うので復習がてら以下再確認。

    OCCED は本部をカトマンズに置いている。現在、ホームと呼ばれる孤児院はカトマンズにある。また、地方に支部が4つ置かれ、その下にユースクラブが24か所、、さらにその下にエコクラブが35か所ある。ユースクラブはOCCEDの主催するコミュニティーでのプログラムに参加する。エコクラブではいくつかの学校で環境教育をしている。よってOCCEDは現在、ネパール全土を網羅しつつあり、究極の目的は孤児支援、女性の地位向上、子どもに均等な教育の場の提供なども含めた社会の向上である。

  4. Land and Building Project

     2012年のシベスさんの来日時に聞いたカトマンズの孤児院の移転プロジェク
  トが軌道に乗り始め
た。
  このプロジェクトがスタート
したのは2011年。土地の購入は終わり、現在第二
  段階に入った。
それは建物の建築である。土地購入も善意の方の寄付で賄った
  が、建築もまた寄付に頼ること
になる。しかし、青写真はほぼ出来上がってお
  り、それは子どもたちのグランドや寮など多く
の建物が一つの敷地に入る。プ
  ランは今のところ二つ。どちらにするかは未定のようだが、公
式ホームページ
  でそのプランの閲覧可能。場所はカトマンズ郊外で、子どもたちが静かな環境

  下、のびのびできる。今のホームは都会の喧騒下にあり、そうはいかない。






     コメントする
タイトル*
コメント*
名前*
MailAddress:
URL:
削除キー:
コメントを削除する時に必要になります
※「*」は必須入力です。