チェチリア工房

ここは、工房という名の音楽室です。音楽は目に見えませんが、必ず何かを創造しています。天井が高く素晴らしい音響が自慢のスペースです。レッスンやコンサート その他、創作活動の発表にご利用ください。
 
2021/01/31 0:46:11|あれこれ
すっごく大きなお月さまでした
お月さま 見ましたか?
私は18時50分ごろ、国道1号線の上り坂付近で
道路の幅と同じくらいのお月さまを進行方向に見ました
坂を上り切り、道が平たんになると
お月さまはどんどん遠くになり、
それでも、大きな月でしたが
さっきほどではなく、

写真にとると、お月さまは
どんなに大きく見えても、
見えた通りの大きさには写らない・・・・思い出しました!
だから、
しっかり見ておきました!

明日はチェチリア工房の大切なイベント
エスタビエン・コンサートの
10回目を記念する日です。

コロナは世界中の誰にとっても大きな試練です。
とは言え
100数年に一度の事!
様々な事を学びました

一番は大きな学びは
様々な世界に専門家という立場の方がいて
深い見識を持っているという事でした

細菌学、細胞学、免疫学・・・・
TVではそういう専門家の方も、
とてもわかり易い切り口で話をされ
それぞれの立場の意見を最前線に打ち出されていて
流石だな・・・と感心したり、尊敬したり
びっくりしたり・・・・
世界がぐっと広がりました

その中で、
人は活動をすることで免疫力が高まる
人は不安が高まると免疫力が下がる
という話がありました

聞いたときはしっかり把握していた言葉を
既に忘れてしまって
意味だけが私の頭の中に残っていて
勝手な解釈も混ざってしまったかも知れませんが
それは
コロナが去るまで待っているのは
私の年齢ではマイナスかな・・・という判断につながりました

そして
感染対策のノウハウを専門家の話や書物で勉強し
様々な方法を見聞きし、
現在に至っています

コロナは感染予防対策をしても
100パーセント大丈夫ということは無く
人は万全を期しても、ミスはする!
ミスがなくても、コロナに感染することはある!
ということも、知りました

試練というのは、こういう所にある・・・とつくづく思います

人生の有限な中で
各方面の人が、時間と協奏をするように研究をし
医療従事者は、献身的に時間を捧げてくれています

エスタビエン・コンサートに向け
練習を重ねている皆さんと一緒に
曲に取り組んでいるとき
「楽しみを求める」というよりも
「美しいものを求める」という方向を強く感じました

プロの演奏家ではなくても
取り組みの方向は「美しいもの」に向かっている
それは、地球の全ての存在の共通の意味だと思いました

試練の中で、そして自分の限りある人生の中で
美しいものに憧れ、求め、目指す時
どこからともなく、強い気持ちが湧いてきて
目の前にちゃんと見えてなくても
まっすぐに進める目標の様に感じました

果てしなく遠い者でも
本当に確かなものの様に感じました






 





     コメントする
タイトル*
コメント*
名前*
MailAddress:
URL:
削除キー:
コメントを削除する時に必要になります
※「*」は必須入力です。