hitorigoto

つれづれに ただ つれづれに つれづれに
 
2012/07/18 21:44:24|その他
16日の月曜日。
16日の月曜日。

今年、娘は受験生なので、東京へ…オープンスクールに行ってきました。


そして今日18日は、彼女の18歳の誕生日です。
産んだ時から、まぁ〜良くやっと、ここまでたどり着いたものです。
18年前の今日は月曜日で、夕方雷が鳴り響き渡っていました。
…助産婦さんが、
『今日は良いお産が出来るよ!』
と言った言葉に安心感を覚えた事を記憶しています。



話しはそれましたが…
オープンスクールの話しです。
予約した模擬講義の史学は、意外に地味だったけれど…

ただひとつ…心に留めた事は、
『歴史は変わらないものを覚えるのではなく、歴史は変わっていくものなのです。』
と解いた新任の先生のお話しが印象的でした。

歴史は固定した過去の事と考えもしないで定義付けていた私の少ない頭の細胞をなんだか慌てて数個目覚めさせた気がしました。


模擬講義が終わり、キャンパスのあちこちを見て回りました。
勉強が進みそうな図書館。
国会議事堂と同じニオイのする古いチャペル。
広くて綺麗な学食は混んでいて売り切れ多くあっさり諦めました。
アンケートに答え素敵なプレゼントのシャープペンと消しゴムセットをもらい…。
ほっとしながら…
清々とした校門の前の広い道路にでました。

はす前のコンビニで【ガリガリ君梨味】を二つ買い娘と二人アイスをかじりながら愉快に歩こうとするけれど…この日の東京の暑さは尋常ではなく、二宮の暑さとは質が違うような気がしました…。
…比較的固めに出来ている【ガリガリ君】なのに…タラタラと、かじったり啜ったりしていない反対側がすぐに溶けて手に垂れてくるので…楽しむより焦ってしまい、呆気なく食べ終わってしまった。

…ら…あ!
【一本当たり!】
何だか嬉しい。
息子へのお土産にしよう!
もはや高校生になっていた息子だとしても喜ぶに違いない。
と娘と話しながら歩いていると…

機動隊らしきバスが数台大通りに駐車してあった。
お巡りさんが数人穏やかな顔をして歩いている。

『あの車は何?』
と聞く娘…

『あれは、…警察の…機動隊の…車かな〜?!』
と言いながら…


『そうだ!今日は、さよなら原発10万人集会…があったんだ〜! 大飯原発再稼動反対の抗議だよ。おかしいね。まだ福島の原発は納まった訳でもないのに…馬鹿にしてるよね!
放射能汚染で、これからどうなるかわからないのに…せっかく止まっていたのに動かしちゃうなんてね…よくできるね!
でも…良く見て覚えとくと良いよ!
さっき先生が言っていた事が…これかもね!
歴史は変わる。
これが歴史なんだよ!
…良いもの見たね!
歴史が変わる。』

午後4時を回っていたけれどデモの最後尾はみえそうにありません。
思いながらも、参加していない傍観者で有る私は、お粗末だけれど…
反対側の歩道を歩く若者二人組も、参加はしていないけれど
『原発はいらない!』
と大きな声をあげて歩いていた。

それでも良いよね…

私だって…
今の時代、電気は必要なのかもしれないけれど…
…しかし電気は原発だけにしか生み出せない訳ではない 。

原発が危険過ぎるのは福島原発が実証してしまった。
そして納得のいかないお金も絡み合ってる原発。

それは、いらないよ!
原発はいらない!

原発は危ないから、すぐにでも廃炉にしましょ!

そうしましょ!

ね!





     コメントする
タイトル*
コメント*
名前*
MailAddress:
URL:
削除キー:
コメントを削除する時に必要になります
※「*」は必須入力です。