hitorigoto

つれづれに ただ つれづれに つれづれに
 
2012/06/28 12:55:26|その他
浅川巧さん 。
北杜市(ほくとし)…良い名前を付けたもんですね。

昔からついていた名前の方が風情があって愛着もあって良いものと思っていたけれども…北杜市は良い名前だと思います。
響きも良いし漢字も清らか。


八ヶ岳がそびえ立ち、そこからなだらかに続くたんぼや畑、空気は青く澄み渡り木々や草原には多分百年前と変わらない爽やかな風が吹き続けているのでしょうか…。

北杜市は日照時間の長さ日本一と言うこともあり太陽光発電パネルを利用し市営のメガソーラー発電所が稼動していると言う…また官民協同により市内三ヶ所に小水力発電所を建設するなど再生可能エネルギーの導入拡大も積極的に進めているというから…びっくりしちゃう。


いつも後退しているような事しか見聞きしていない今時の私にとっては、まさしく…山のあなたの空遠くに幸福は実際あったではないかと思うくらい。


うぅ〜ん…!こんなところに住んでいれば…浅川巧さんは、ほぼ出来てくるかもしれない……と思う…。


映画『道…白磁の人』 を観たのをきっかけに…浅川巧さんが生まれた 山梨県北杜市高根町に行ってみました。
そこには『浅川伯教、巧兄弟史料館』が有ると知ったから…。ナビ登録。


前回のブログ、映画『道…白磁の人』にも…下手な俳優のお話をしましたが…こちらは本物、柳宗悦さんが巧さんについて語ったとう言葉です…。

「自らの給料を工面して貧しい家庭の子供達に与え学校に通わせた。『彼は明確な頭脳と温かい眼との所有者であった。しかしそれらを越えて私を引き付けたのは、その誠実な魂であった。彼程…自分を捨てる事のできる人は世に多くはない』…柳宗悦」

(…こんな事が言えるのが柳宗悦さんですね。(^^)v)




               『人間の価値』

「また、昭和9年頃、旧制中学用国語教科書に載っていたという安倍能成さんに寄る浅川巧さんの追悼文『人間の価値』の中の一説に…

『浅川巧さんは私の朝鮮生活をはなやかにしてくれ、楽しくしてくれ、朗らかにしてくれる尊い友人の一人であった、少なくともさういふ友人になってくれる、またなってもらひたい人であった。
………(中略)

巧さんのやうな、正しい 義務を重んじる、人を畏れずして神のみを畏れる、独立自由な、しかも頭脳が勝れ、鑑賞力に富んだ人は、実に有り難い人である。巧さんは官位にも学歴にも権勢にも富貴にも寄ることなく、その人間の力だけで堂々と生き抜いていった。かういふ人は、よいひとといふばかりではなく、えらいひとである。かういふひとの存在は、人間の生活を頼もしくする。………(中略)


その天真な人のよさが感じられ、その無邪気な笑いと巧まぬユーモアとは、求めずして一座を暖にする力があった。……(中略)


骨董を愛玩する者は多い、しかし真に芸術を愛する者は少ない。けれども芸術を愛するより更にむづかしいのは、人間を愛することである。
………(中略)

巧さんの生涯はカントのいったやうに、人間の価値が、実に人間にあり、それより多くも少なくもないことを実証した。私は心から人間浅川巧の前に頭をさげる。…安倍能成」




ここまで …人を感動させてしまう浅川巧さんとは…またまたどういう人なんだろうと…魅き付けられてしまうのも不思議ではないでしょ。


またお兄さんの伯教(のりたか)さんは朝鮮人像「木履の人」が帝展に入選し、東京府主催平和博覧会記念美術展で彫刻「平和の人」が入選した。

この時、新聞記者の取材に伯教さんは「朝鮮人と日本人との親善は、政治ではなく、芸術によって図っていかなければならない」と大正11年に語っています。


…まさしく歴史とはその当時権力のあった人の思うがままに語られてしまいますが…本来の歴史は富士山の溶岩の下を何十年もかけて湧水する水のようなもので…人知れずたゆまず長期に流れ、おいしい水が湧き出てくる。地上に出た時には、表面を滑り落ちた水と間違われる時もあるかもしれないけれども…黙々と湧水する。実は名も知れぬ、そんな人々が歴史を繋げて創ってきたのでしょうね。

(>朝鮮人の友>山>巧>膳白磁仲が良い青磁工芸>彫刻>伯教>ロダン>白樺>柳宗悦>民芸>安倍能成>朝鮮>)全部繋がって影響し合っている。これが生きると言うことだろうか。


昭和4年…巧さんの著書『朝鮮の膳』

少年期に影響を受けた祖父や朝鮮の友人に捧げられたもので…日常生活用具である膳を工芸の代表ととらえて独自性と朝鮮美術工芸への愛と理解と知識と経験の深さにこの書物が名著と評価されている…。
『ただしき工芸品は親切な使用者の手によって次第にその特質の美を発揮するもので、使用者はある意味での仕上工とも言い得る』

作る者と使う者とによって、工芸品の生命は生き生きと輝きだすのだと教えています。

家庭生活の団欒の中心にあった朝鮮の膳…温もりの秘密は雑木を用材にし木の性質を知り、木を活かす事の大切さ、適材適所の発想と…さらに膳の仕上は雑木の味わいを出すこと…余計な手を省いていることに触れ『日常の愛用に優れる保存法はない』と。

また… 『形の円いものは角に進む』『膳の工作を機械が占領』する事を危惧し後継者の育成と雑木林の保全を提唱しています。大量生産、大量消費、心より物の時代を早くも予見し、憂い、人間の在り方、社会の在り方を語ったのだとも言えるのではないか。という事でした。

『直接自然に師事して学んだ秘訣は理屈と異なって即座に役立ちます』
机上の学習ではなく、実践と体験の中にこそ発見があるのだと…。


種子の採集に野外に出てひと時芝生に寝転び青空を仰ぐ事を、巧さんは『贅沢』とよんでいたそうで…

『美しい自然を見てそのうちに溶け込んだ時、我が心は美に満たされ喜びは湧くのである』



なんて…魅力的な人なんだろう。

巧さんが二歳の時に亡くなった父親にどうしても会いたいと後に思ったように…

私も…巧さんに会いたいな。





     コメント一覧
[ 1 - 20 件 / 1 件中 ]

ロレックス スーパーコピー
妻の誕生日プレゼントに買いました。
商品の到着も早く、品物もイメージ通りでした。
割安に買えて良かったと思っていますが、贈り物用の梱包があったらなお良いと思います。
妻も多分喜んでくれると思います。誕生日が楽しみです。
ありがとうございました。

ロレックス スーパーコピー [WEB] (2019/10/23 21:47:30) [コメント削除]

[ 1 - 20 件 / 1 件中 ]

     コメントする
タイトル*
コメント*
名前*
MailAddress:
URL:
削除キー:
コメントを削除する時に必要になります
※「*」は必須入力です。