NET山岳会”HALU”

Eーメールで連絡を取り合い、パートナーを探して登山を楽しむ山岳会です。活動はハイキングから雪山、岩登りまで幅広くやっています。経験や会費など必要ありません。もちろん年齢制限などありません。必要なのは山へ行きたい気持ちだけ。 別にもう一つ詳細なサイト”HALUT〜X”がありますのでリンク欄から訪問してください。
 
2021/10/30 19:20:45|その他
寄大橋〜雨山峠〜鍋割山(周回)

日時:10月29日(金)
メンバー:LD)chakoさん ootonbuさん つっちぃ(記)
行程:寄大橋Ⓟ7:15〜25→寄沢→釜場平8:45→雨山峠10:00→茅の木棚沢の頭10:40→鍋割峠11:10→11:30歌やんと出会う→鍋割山11:40〜12:05ランチ→後沢右岸尾根(作業経路)12:35→寄大橋Ⓟ14:05 解散

感想:初めて尽くしコースのchakoさん しばらくぶりのootonbuさんとかなり荒れた雨山峠スリリングな鎖場歩いてきました。途中でうたやんとのばったり出会いもあり変化にとんだ楽しい山行でした。

早目の到着。すぐにchakoさんootonbuさんと合流。寒いね〜の挨拶後準備をして出発。はじめてのコースでワクワクのchakoさん先頭。寄沢を何度も渡渉して楽しそうです。
釜場平で休憩。赤や黄色に色づき始めた紅葉と雲一つない青空。爽やかなハイキング日和です。風は強めですが谷間と樹林であまりかんじません。休憩していると寒くなるので早々に出発。
雨山峠のまでのトラバース道は梯子が斜めっていて歩きくは危険個所あり。踏み後に沿って下りて行く。沢の中は石がながされたり、滑床がみえたりでフリクションもきき歩きやすかったです。沢の中での景観が秘境に来たようだと感激のchakoさん。Ootonbuさんがカメラマン。
雨山峠直下の梯子は見事に流され沢の中で2つ折りになった残骸があり、登りはロープが設置されていました。

茅の木棚沢の頭までの急登や鎖場アップダウン楽しみ、鍋割峠までの風の強さに山頂での風を心配しながら会話して登る。Ootonbuさんは余裕の歩きでストックなしで淡々と歩きます。健脚ですね。

その後の急登を一登りして山頂を目指していると、ひょっこりうたやんが顔を出して再会を喜ぶ。しばらく待っていてくださったよう。風があり寒かったかな?ありがとう!

鍋割山頂は風も止んで日差しが眩しい。雪をかぶった富士山も綺麗に見えています。
鍋割山で記念撮影とランチをご一緒して、一足先にでるうたやんとお別れ。またの再会を願って。
鍋割山は流石に登山者がいますね。

私達も下ります。1010mから経路に入って下ります。モノレールも新しく設置されていました。
無事朝登った登山道口に戻る。
青空の下無事歩けchakoさんootonbuさんに感謝です。

写真@秘境のような雰囲気です
  A梯子が流されロープで登ります
  B雨山峠に着きました
  C鍋割山うたやんと一緒に






     コメント一覧
[ 1 - 20 件 / 2 件中 ]

久しぶりの雨山峠
お天気に恵まれ、抜けるような青空と始まった
紅葉の寄沢から雨山峠の道は15年くらい前の冬に丹沢湖
?ブッシェ平?秦野峠?伊勢沢の頭?雨山?寄
を歩いて以来です。chakoさん、つっちぃさんと
静かな秋の山を堪能しました。計画して頂きありがとう
ございました!

ootonbu  (2021/11/04 21:51:15) [コメント削除]

念願かない嬉しい〜
ずっーと前から行きたかったコース。なかなか一人では行けず、思いを馳せること10数年。名ばかりリーダーの私でしたが、つっちぃさんにフォローしていただき、無事に踏破。念願かない嬉しいです。またヨロシクお願いしまーす。
chako  (2021/10/31 9:07:46) [コメント削除]

[ 1 - 20 件 / 2 件中 ]

     コメントする
タイトル*
コメント*
名前*
MailAddress:
URL:
削除キー:
コメントを削除する時に必要になります
※「*」は必須入力です。