NET山岳会”HALU”

Eーメールで連絡を取り合い、パートナーを探して登山を楽しむ山岳会です。活動はハイキングから雪山、岩登りまで幅広くやっています。経験や会費など必要ありません。もちろん年齢制限などありません。必要なのは山へ行きたい気持ちだけ。 別にもう一つ詳細なサイト”HALUT〜X”がありますのでリンク欄から訪問してください。
 
2021/08/31 21:23:01|その他
西丹沢 西沢
日時:8月28日(土)晴れ
メンバー:LD popoさん mikkoさん chakoさん おけいさん ootonbu(記録)
行程:西丹沢ビジターセンター7:00→西沢最初の徒渉地点で入渓7:10→(下棚沢)→下棚8:30→(下棚 西沢 本棚沢)→本棚10:20→(登山道)→西丹沢ビジターセンター12:00

 今回の西沢沢ハイク、前日リーダーのpopoさんに参加をお願いしたところ、参加者のつっちーさんに譲って頂ける幸運に恵まれ、昨年9月つっちいさんに誘われて行った土沢三ノ沢の沢デュー以来、約一年経って二回目の沢ハイクが実現出来ました。皆さんに感謝です。
 当日popoさん宅で合流して5時35分小田原出発、6時30分ビジターセンターに着くとchakoさんとおけいさんは既に到着、土曜日でビジターセンターに駐車スペースがなければ箒沢にと予定していましたが、mikkoさんの車も含めて三台無事駐車出来ました。
 天気予報では暑い一日になるとのことですが今日は涼しい沢ハイクです。ootonbuはおけいさんと初めてお会いすることもあり、支度が終わってから自己紹介の挨拶をして7時に出発。
 つり橋から見える下の中川川の水量はいつもよりは多いようです。登山道を10分ほど歩いて堰堤脇の階段を上がると広々とした河原、左岸に渡る木橋は8月の豪雨で流されていて、先行していた登山者二人は靴を脱ぎ徒渉していました。ここから西沢に入渓する私たちは羨ましそうに見る二人を横目に気持ちよく水に入って行きました。きれいで冷たい沢水、思わずその気持ちよさにみんな歓声をあげました。西沢と並行する畔ケ丸登山道はひと月前にHALU畔ケ丸避難小屋山行で15キロの荷物背負って歩いた道です。懐かしく?思い出しました。途中何度も倒木に遮られた沢を渡る登山道ですが、今回は沢歩きです。いくつかある堰堤は登山道で巻きますが、それ以外は気持ちよく沢を歩いて高度を上げて行きます。夏の木漏れ日の下、水量が程よくある沢の堰堤から勢いよく落ちるミスト状のしぶきを浴びたり、短かくてもナメが現れた時には、またまた歓声、暑さを忘れて時間をたっぷりかけての遡行です。大きなカエルが沢の石の上での出迎えにchako さんは大喜び。途中mikkoさんから避難小屋山行で取りついた塩地窪沢ノ頭と善六山尾根のVR尾根へのとりつきを教えて貰いました。急登で皆さんに荷物を持って貰い助けて頂いたのを思い出します。西沢から幾分水量が少なくなった下棚沢に入るとすぐに豪快に水を落とす45mの下棚の滝が待っていました。滝から落ちる水滴が細かくなり全身がミストで覆われる滝つぼ近くまで行って小休止。下棚沢は下棚の滝から上にもいくつかの滝がある畔ケ丸山頂直下まで伸びる沢とのことです。
 たっぷり小休止?してから西沢に戻り、今度は本棚沢を目指します。西沢から本棚沢に入るとmikkoさんがマムシ発見、見ると太くて縞模様もはっきりしている蛇がゆっくりと倒木の下に入って行きました。
 70mの本棚の滝も見事です。本棚ではたっぷり時間をとってのランチタイム、おけいさんは滝つぼ近くで滝シャワーを浴びての滝行?、chakoさんは反対側の滝の岩をクライミング?楽しいひと時でした。
 登山道の下山は少しだけ沢から離れる道ですが暑くて沢の涼しさが身に沁みました。12時にはビジターセンターに無事戻りました。帰り道、途中の県道にはキャンプや河原での川遊びに来た車が沢山留まっていました。丹沢の夏は沢ですね!


関連記録 mikkoさんの記録へ






     コメント一覧
[ 1 - 20 件 / 1 件中 ]

気持ちよさそうですね!
夏は沢が最高の癒しですね。楽しそう!写真からよく伝わってきました。お疲れ様でした。タマゴタケはなかったかな?
つっちぃ  (2021/09/01 11:21:14) [コメント削除]

[ 1 - 20 件 / 1 件中 ]

     コメントする
タイトル*
コメント*
名前*
MailAddress:
URL:
削除キー:
コメントを削除する時に必要になります
※「*」は必須入力です。