NET山岳会”HALU”

Eーメールで連絡を取り合い、パートナーを探して登山を楽しむ山岳会です。活動はハイキングから雪山、岩登りまで幅広くやっています。経験や会費など必要ありません。もちろん年齢制限などありません。必要なのは山へ行きたい気持ちだけ。 別にもう一つ詳細なサイト”HALUT〜X”がありますのでリンク欄から訪問してください。
 
2021/06/13 13:11:00|その他
初めてだらけの沢登り
令和3年6月12日(土)曇り時々晴れ (L)mikko  つっちぃ chako記

クライミングの次はいよいよ沢にもチャレンジ。沢靴、沢スッパツ、沢ソックス、すべておnewです。
髭僧の滝からいよいよ入渓。靴の中に水が入って、ビチョビチョ!うわぁ〜って、沢なんだから当たり前ですね。
春岳沢は次々と小さめの滝が出てきて、いい感じ〜。

先頭はリーダーのmikkoさん、後ろにつっちぃさん。ロープを出してもらったり、足を支えてもらったり…。お二人にフォローされながら進んでいきます。

水しぶきのかかる岩、ヌメった岩、崩れる岩があり、初の感覚に戸惑いつつ、クライミングを思い出して、足を乗せ体をあげる。こりゃ、なかなか大変だぁ〜と四苦八苦。2度滑ってしまい、ずぶ濡れ状態。やっとの思いで沢の上部の乾いた場所に到着。やれやれです。ここからは海が見えました。
早めの昼食休憩後、少しあがって脱渓。水のないところで安心と思いきや、トラバースで足をとられお尻をついて滑り落ち、全身土だらけ。これぞ滑落です。7m位は落ちました。初めての体験です!滑り落ちると、なかなか止まらないんですね。大怪我しなくて良かったです。

当初はイタツミ尾根にあがる計画でしたが、足元がグズグズで踏み跡もなく、厳しそうだったので、作業経路をたどって大山南尾根で蓑毛に戻るルートに変更。一般道に出ると、ホッとしました。

下山して沢スパッツを脱ぐと足首に1匹、ヒル発見!mikkoさんがピンセットでつまんで処理してくれました。つっちぃさん、mikkoさんにも数匹ついていたようですが実害なし。ところが、私の腕時計のあたりになにやら出血が!ヒルはいませんでしたが、どうやら吸血されたようです。これもお初です。痛くはありませんでしたが、あとから痒みが出るそうなので、持ってきたポイズンリムーバーで出血箇所を処置。

初めてのことだらけの沢登り。沢での滑り落ちとトラバースでの滑落で、両肘、両足がアザになってました。あごも打ったようで、痛いです。
初沢の感想は「沢はなかなか手ごわかった」です。

今回の反省点
○沢靴が少し緩めなので中敷きやソックスで調整し紐をきつく締めること。
○滝のところは前の人があがって合図が出てから登ること。
○ザックのポケットに荷物を入れないこと。
○VR道のトラバースでの足の向きに気を付けること。
○前の人が歩いたところを歩くこと。

青あざをつけた私に、車で送迎してくれた夫が「進化、深化の途中だから仕方ないね。頑張れ!」と応援してくれました。

ルートはこちらを参照してください。
ヤマレコ

関連記録 mikkoさんの記録へ







 




     コメント一覧
[ 1 - 20 件 / 2 件中 ]

沢の楽しさも、怖さも
春岳沢、ドタキャンで申し訳あり余せんでした。
chakoさんの喜ぶ顔が見たかったのになあ。
初体験満載の遡行だったようですね。
次の沢、ご一緒できるのを楽しみにしています。

popo  (2021/06/17 21:49:25) [コメント削除]

沢デビュー。。。。
おめでとうございま〜す。
滑りがあってちょっと大変だったと思いますが、楽しんでもらったようで良かったです。
私も最初の頃、沢へ行っても岩場に行っても帰宅すると膝辺りがアザだらけでした。
どちらも回数をこなすと慣れてきますよ〜
また、行きましょう。

mikko  (2021/06/14 9:22:01) [コメント削除]

[ 1 - 20 件 / 2 件中 ]

     コメントする
タイトル*
コメント*
名前*
MailAddress:
URL:
削除キー:
コメントを削除する時に必要になります
※「*」は必須入力です。