公認会計士上田秀一はあなたのビジネスを応援します!

公認会計士上田秀一は、30年以上にわたる国内及び国外での会計監査・財務コンサルティング等の経験で得た様々なビジネスにおける専門的知見に基づき、あなたが必要とする時にあなたが必要とするサービスの提供を通じて、あなたのビジネスを応援します。 お問い合わせ等は、メールでお寄せ下さい。
 
2020/09/10 10:26:00|その他
上田秀一の独り言(201)>>>菅官房長官には携帯電話料金を攻撃する前にやるべきことがある!
菅官房長官は携帯電話料金の40%引き下げに熱心のようである。

日本政府やその行政組織(以下、公的部門)においては、非効率的で国民に不便を強いるオペレイションが蔓延しており、新型コロナウイルスに対する公的部門の対応においては、定額給付金事業におけるスピードの欠如、アベノマスク等に代表される取り巻き連中の思いつき政策や高コストによる政策実行(例えば、多額のGOTO travel の事務局経費)が白日のもとにさらされた。

菅官房長官は、私的部門の活動(例えば、携帯電話料金の水準)に対して口を出す前に、公的部門における最高の効率的運営または大いなる無駄の解消にリーダーシップを発揮すべきであり、それができないのであればその口に「言わザル(猿)マスク」をつけるべきであろう。

石破茂元幹事長が言うように、日本政府の行うべきは私的部門における競争的環境を整備することであり、携帯電話料金の具体的な水準について介入するようなことは控えるべきであろう。

菅官房長官は、安倍政治から生じた負の遺産に係るスキャンダルの徹底した事実解明はもちろんのこと、公的部門の持続的改革と投入した税金の効果分析を通じた行政組織の効率化(行政改革ファースト)を公約すべきであろう。

仮にそれができたとすれば、私的部門に対する自治を最大限に尊重し、競争環境を整備するための国会審議を通じてあるべき政策につき始めて発言することが許されると思うのは私だけであろか?

監督官庁の横暴は許されない!

上田秀一