公認会計士上田秀一はあなたのビジネスを応援します!

公認会計士上田秀一は、30年以上にわたる国内及び国外での会計監査・財務コンサルティング等の経験で得た様々なビジネスにおける専門的知見に基づき、あなたが必要とする時にあなたが必要とするサービスの提供を通じて、あなたのビジネスを応援します。 お問い合わせ等は、メールでお寄せ下さい。
 
2020/05/24 12:28:00|その他
上田秀一の独り言(187)>>>第一次非常事態宣言解除後のコロナ検査体制
日本政府は、2020年4月7日に出された第一次非常事態宣言を5月25日にも解除する方針を定めている模様である。日本政府の姿勢はやや前ノメリ的であると思われるが、日本国内の感染収束のみが実現しえても、世界的に新型コロナウイルスの感染拡大が収束に向かわなければ、1年後に延期された「2020東京オリンピック・パラリンピック」の完全な形の開催に不確実性が増すのは言うまでもない。

およそ感染症対策の王道は、新型コロナウイルス等のキャリアーを運用可能で合理的な検査プロセスを通じて効率的に早期に発見し、隔離することと言えよう。

すでに経験した失敗や優れた知見を踏まえ、日本政府(特に厚生労働省)が主導する非効率的な検査体制を総括し、今後は民間ベースで(国民保険制度を利用した日本医師会を軸とする自由検査体制)自動化された検査機器を集約した検査センター(仮称「日本PCR等検査センター」)を日本全国に10ケ所程度設置し、日本国民の健康を守る医者を起点とする、医者が必要と認めた場合には直ちに検査が受けられる体制とし、民間のホテル等を隔離施設として利用し、健康観察付きで隔離するプロセスを構築すべきであろう。

これは、新型コロナウイルス等の検査体制における民主化であると言えよう。

上田秀一