幻塾庵 てんでんこ

大磯の山陰にひっそり佇むてんでんこじむしょ。 てんでんこじむしょのささやかな文学活動を、幻塾庵てんでんこが担っています。
 
2019/10/13 12:15:12|文芸誌てんでんこ
「てんでんこ」 第12号
 

「てんでんこ」第12号ができました



見えないドローン 他4篇············································ 蜂飼 耳 
残されて·································································吉田 文憲  
ディヒターの心配――多和田葉子ノート························· 室井 光広 
納戸物語································································ 村松 真理 
果実の瞬間······························································山ア 修平
星野智幸と「新しい政治小説」――ヘテロトピア文学論(2)杉田 俊介
郷士歌集(5)························································ 田中 和生
山の夢、磯の夢························································ 平田 詩織
ヘマを踏む(4)····················································· 綱島 啓介
ニュー・ウエイヴ····················································· 田中 さとみ
T・S・エリオット『エアリアル詩篇』 ························
·佐藤 亨訳
批評のリアリズム――秋山駿について····························· 川口 好美
エセ物語······························································ エセ物語編纂人

 
てんでんこらむ
アリギリスの歌 / 一度きりの喧嘩(森禮子)
ヴェイユと雑木林と(千葉みずほ)/ 越境する「評説」(丹波一京助)
沖縄ことはじめ( いまきりゑこ)/「驚く」能力 (大庭葉蔵)
極私的なカブトムシの神話(田中和生)/ 故郷をtraceする(田中さとみ)
「さらば夏の日」(松川好孝)/ 三酔人誤読問答(竹中賛蔵)
信仰者と宗教者の間(日野紀信)/ 生還の声あつけらかんと(井口時男)
蟬の娘(村松真理)/ TORU写真館(佐藤亨)
読書の効能について(阿部晃士)/ ニセモノ感(藤田直哉)
日蝕(寺田幹太)/ 人は星である(山本秀史)
ボーヨー、ボーヨー(川口好美)

 




     コメント一覧
[ 1 - 20 件 / 3 件中 ]

遺著
双子というと、単純なアタマでは色違いなどの相似を連想しますが、「二冊が対となって息をしているような」深いつながりが感じられます。
てんでんこじむしょ  (2020/04/30 7:26:13) [コメント削除]

遺著ご刊行に寄せて
『多和田葉子ノート』『詩記列伝序説』の2冊のご遺著、私も早速拝読いたしました。この書物を手に取ることなく急逝された室井光広様を偲んでいます。双子のライオン堂から刊行された珠玉の2冊。あたかも双子のような本の作りですね。装幀も東北のボルヘス幻塾庵主の作品世界を偲ばせて民芸ふう。それぞれ海のイメージ、起き上がりこぼしのイメージが光っています。
丹波一京助  (2020/04/17 13:26:25) [コメント削除]

心よりお悔やみ申し上げます。
「てんでんこ」の総目次が掲載された日、幻塾庵主・室井光広様ご逝去のご連絡がございました。わが耳を信じられないまま、10月1日、各メディアでも訃報が報じられました。第12号に初めてこの名前で書かせていただいたばかりなのに…。あまりに早いお別れ、日が経つにつれて悲しみが募ってまいります。今はただ、ご冥福をお祈り申し上げるばかりでございます。
丹波一京助  (2019/10/17 20:32:26) [コメント削除]

[ 1 - 20 件 / 3 件中 ]

     コメントする
タイトル*
コメント*
名前*
MailAddress:
URL:
削除キー:
コメントを削除する時に必要になります
※「*」は必須入力です。