幻塾庵 てんでんこ

大磯の山陰にひっそり佇むてんでんこじむしょ。 てんでんこじむしょのささやかな文学活動を、幻塾庵てんでんこが担っています。
 
2019/04/05 12:13:44|文芸誌てんでんこ
てんでんこ 第11号

「てんでんこ」第11号ができました

掲載作品は……

六月·········································································· 中本 道代
星野智幸と「新しい政治小説」――ヘテロトピア文学論(1)··杉田 俊介 
旅の句帖から 2018年秋··············································· 井口 時男 
北轅――会津の徳一をめぐって······································ 大庭 葉蔵  
郷士歌集(4)·························································· 田中 和生
意識の深淵と存在の旋風
 ――埴谷雄高における文学のアクチュアリティ··········
······ 金子 昭 
<内部の人間>の革命――中野重治再考····························· 川口 好美 
ニューヨーク······························································ 平田 詩織
七月堂動物記――シロちゃんとミャーさんと······················ 知念 明子
misique································································· 田中 さとみ 
シチテンバットウの記·················································· 綱島 啓介
T・S・エリオット『詩篇 1920年』(3)····················· 佐藤 亨訳
エセ物語····························································· エセ物語編纂人

 
てんでんこらむ
アリギリスの歌 /浦辺の月 (寺田幹太)
極私的なカブトムシの神話(田中和生)/黒猫のクロ(松川好孝)
三酔人誤読問答 (夜鷹市蔵)/詩学入門より
実存深化のテーマソング (日野紀信)/切実な「対決点」(川口好美)
大寒の埃の如く〈吉田和明追悼〉(井口時男)/地域猫抗争(森禮子)
TORU写真館(佐藤亨)/業平の朝臣のいまはの言の葉 

 




     コメント一覧
[ 1 - 20 件 / 2 件中 ]

ありがとうございます
事務長もことのほか気分がよいようで、いつにも増して伸びっぱなしです。
てんでんこじむしょ  (2019/04/08 7:13:26) [コメント削除]

祝第11号刊行
『てんでんこ』の愛読者です。第11号刊行おめでとうございます。拙宅にも届きました。一編一編を味わいながら拝読しています。
丹波一京助  (2019/04/06 20:30:02) [コメント削除]

[ 1 - 20 件 / 2 件中 ]

     コメントする
タイトル*
コメント*
名前*
MailAddress:
URL:
削除キー:
コメントを削除する時に必要になります
※「*」は必須入力です。