幻塾庵 てんでんこ

大磯の山陰にひっそり佇むてんでんこじむしょ。 てんでんこじむしょのささやかな文学活動を、幻塾庵てんでんこが担っています。
 
2018/11/29 12:49:00|文芸誌てんでんこ
てんでんこ 第10号 「誕生日」完全版


誕生日
                  
平田詩織

何かを残したいと
こわばるあなたの顔に
何を彫ればいいのだろう
もっともしたしいあなたの紙片に
見知らぬひとの背骨を描かなければならない日に

生きていたことの
痕跡のような祈り
花の落ちる速度で
明日へ残りたいと
風を止める手
そびえる身体
言葉を閉ざすべきなのだろうか
何かでありたいのなら

あなたは
南に向いた梢に
こえをかける
声を駆ける
仰のいて舌をねだる
死をねだる
合歓の木の午後
轍のらせんがくるくると
降る、降りてくる
荷の底を抱きかかえ
花の種を噛みながら
足のない風に吹かれる
足のない旅人の手をひいて
草原に埋もれてゆくのは
あれはわたしだ

感情の束が水を吸い上げて
夜毎深い場所でひらかれる
ことばのかたちを、なくしたまま
にじむ青を深くする言葉の
その先を歩く人影に
いまは手を伸ばす

身体の尾根をつたい
おくぶかい光路をさがしてたどる
道なき道のゆきかたを
耳打ちしたその名を

彼は人差し指を伸ばして
わたしの唇の前に立てる
みちしるべのように
愛は示され
そしてためされている

木炭まみれの
黒い指先のひと
ここでひとりのときでも
いつもあなたを思う
光のように

光のように、すべて奪ってくれ
目の高さでゆれる
鈴生りの海
ふるえながら
はじめて咲く花のそば
まだかたちを成さない
やわらかな生きものの背が
やさしい速度で折れ曲がってゆく

こむらがえりをしようか
あなたのために
汗をかいて目をさます
とめどない官能が殴りかかってくるとき
毀壊する炎天から
絶ち消える南国の蝶の気配
赤と青の脈の美しさを鮮明にして
飛ぶように落ちてゆけ
最後の天使のように


 

手違いと行き違いが重なって、「てんでんこ」第10号掲載の
「誕生日」後半部分が欠落してしまいました。
ここに完全版を掲載し、平田詩織さんと「てんでんこ」第10号を手に取ってくださったみなさまにお詫び申し上げます。

「誕生日」完全版は、『現代詩手帖12月号』の「現代詩年鑑2019」
にも採録されています。





     コメントする
タイトル*
コメント*
名前*
MailAddress:
URL:
削除キー:
コメントを削除する時に必要になります
※「*」は必須入力です。