Ska crab

 
2018/01/29 1:25:53|その他
2014年5月 長野 小海線の車窓から
JR最高地点駅のある小海線。
乗ったら大好きになってしまった。

なんだか付きまとってくるオッチャンがいて、仕方ないので話し相手になってやる。電車の本数も車両も少ないので不愉快でも避けようがない。病院へ兄弟の見舞いにゆくと、途中駅で降りて行った。やれやれ、やっと旅の醍醐味である静けさが戻ってきた。

清里駅が近づいてきた。ふと、自分が電車の座席にふんぞり返って片足であぐらをかき、くたびれた鞄を持つヨレヨレの中年であることに気が付いた(言い訳:車内は人気なく貸切り状態。仕事の疲れがたまっているのを無理して旅に出ているから)。 ああ………清里って、レースのワンピース着てつば広の帽子とかかぶって、お金持ちのお父さんや彼氏に連れてきてもらうところじゃなかったっけ??? あまりにも古い固定観念と、その時の自分や時代との落差にまた気が付いて、笑ってしまった。まあ、そんなもんだよねえ。私にはこの方が性に合っているさ。

甲斐小泉の泰雲書道美術館はこの日休館だったので立ち寄らず。

ときどき夢の中にいるような風景に出会えた小海線でありました。