湘南の風と光

左下方検索画面で検索してね!⇒珍鳥シリーズ、ヤイロチョウ、ヤマヒバリ、キヅタアメリカムシクイ、コノドジロムシクイ、サバクヒタキ、セグロサバクヒタキ、キガシラシトド、サバンナシトド、ミヤマシトド、キマユホオジロ、シラガホオジロ、ユキホオジロ、イナバヒタキ、オガワコマドリ、ノハラツグミ、ウタツグミ、ギンムクドリ、ホシムクドリ、カラムクドリ、オオカラモズ、シマアカモズ、チゴモズ、ヒメイソヒヨ、モリムシクイ、カラフトムシクイ、コウライウグイス、ヒメコウテンシ、アカショウビン、キョクアジサシ、オニアジサシ、レンカク、ヒメクイナ、アシナガシギ、コキアシシギ、コシャクシギ、ソリハシセイタカシギ、ハリオシギ、オオヨシゴイ、ミゾゴイ、アネハヅル、ソデグロヅル、アカツクシガモ、ツクシガモ、メジロガモ、コスズガモ、アラナミキンクロ、アカハシハジロ、ハシジロアビ、ヒメコンドルなど 現在386種類撮影(外来種、変種を含む)
 
2021/01/24 7:40:54|野鳥関係
珍鳥シリーズNO.61「サカツラガン」
数少ない冬鳥または旅鳥として渡来する。1950年頃迄は千葉県新浜で100羽程の群れが見られたが、現在では安定した渡来地は無く、普通1羽から数羽がみられるだけ。日本産ガン類では最大(日本の野鳥650)。

情報は既に1ヶ月前に入っていたが、この年のこの時期は珍鳥ラッシュで、どの鳥を優先するか迷った上、陸の鳥を優先していた。そんな時「サカツラガン」の撮影をアシストしてくれたのが、鳥友のメールだった。
「日本では珍しいガン&絶滅危惧種(現在は情報不足種となっている)でガンの中では人気の鳥なので、絶対見たくて行ってきました…」。詳細な報告情報に、私でも行けば必ず撮れると云う思いが湧いてきた事と、帰りに寄ってリベンジしたい鳥も居て行く事に決めた。

現地には7時過ぎに到着した。早朝にも拘わらず駐車場には沢山の車があった。皆さん「サカツラガン」狙いかと思い、カメラを持って池に行くとカメラマンは沢山居たが、逆光でハクチョウを撮っておられ、「サカツラガン」の情報を聞くと今日は誰も見ていないと云う返事だった。既に抜けたかと思ったが話を聞くと、皆さん地元の人で既に撮られていて気にしていなかった様で、抜けているのでは無いらしくホッとした。

近くを探し回り、やっと見付けたのは川の向こう側の広い土地の中で「マガン」や「ハクチョウ」と一緒に居た。バックが良くないので、川の中に入って呉れないかと待っていると、皆一緒に川の中に下りてきた。皆仲が良さそうで一緒に行動しているので、「サカツラガン」だけ単体で撮るのが難しい程であった。
朝日で色が黄色っぽく写っているが、とても綺麗な個体であった。



*写真は大きくして見られます。
写真を左クリックすると、拡大されます。拡大された写真の右上の×を左クリックすると元に戻ります。

*他の記事を御覧頂ける場合は
左窓の(コンテンツ)内の記事のタイトルをクリックすると、その記事のページに飛びます。

左窓の(コンテンツ)内、右下の(一覧へ)をクリックすると過去の記事のタイトルと写真が現れます。タイトルか写真をクリックすると、その記事に飛びます。

左窓の(検索)内の空白部分に鳥名などを書き込み右の(検索)ボタンをクリックすると関係タイトルが表示されます。タイトルか写真をクリックすると、その記事に飛びます。

*コメントを書いて頂ける場合いは当該記事の下部にコメント欄が有りますので、そこから書き込んで下さい。書いて頂いたコメントは私の承認後に反映されます。





     コメント一覧
[ 1 - 20 件 / 2 件中 ]

ミントさん
有難う御座います。
とても綺麗な個体でした。行った甲斐が有りました。
聞いていた沼周辺を探しましたが見付けられず、川付近で数羽の大きな鳥を見た時はホッとしました。
思いが通じたか(笑)、良い具合に川に入って呉れて綺麗な写真が撮れました。

トシ  (2021/01/29 9:50:25) [コメント削除]

こんばんは^^
トシさん こんばんは^^
サカツラガン綺麗なガンですよね!
存在感あり!あり!
一人で良く見つけましたね!流石です!水に誘導する念力も流石です!(笑)

ミント [WEB] (2021/01/27 20:46:28) [コメント削除]

[ 1 - 20 件 / 2 件中 ]

     コメントする
タイトル*
コメント*
名前*
MailAddress:
URL:
削除キー:
コメントを削除する時に必要になります
※「*」は必須入力です。

※コメントは投稿後、ブログの管理者が承認した後に表示されます。