湘南の風と光

左下方検索画面で検索してね!⇒珍鳥シリーズ、オオカラモズ、ヤイロチョウ、ヤマヒバリ、キヅタアメリカムシクイ、コノドジロムシクイサバクヒタキ、セグロサバクヒタキ、キガシラシトド、サバンナシトド、ミヤマシトド、キマユホオジロ、シラガホオジロ、ユキホオジロ、イナバヒタキ、オガワコマドリ、ノハラツグミ、ウタツグミ、ギンムクドリ、ホシムクドリ、カラムクドリ、シマアカモズ、チゴモズ、ヒメイソヒヨ、モリムシクイ、カラフトムシクイ、コウライウグイス、ヒメコウテンシ、アカショウビン、キョクアジサシ、オニアジサシ、レンカク、アシナガシギ、ヒメクイナ、コキアシシギ、コシャクシギ、ソリハシセイタカシギ、オオヨシゴイ、ミゾゴイ、アネハヅル、ソデグロヅル、アカツクシガモ、ツクシガモ、メジロガモ、コスズガモ、アラナミキンクロ、アカハシハジロ、ハシジロアビ、ヒメコンドルなど 現在382種類撮影(外来種、変種を含む)
 
2020/05/07 13:24:00|野鳥関係
珍鳥シリーズNO.41「ハイイロヒレアシシギ」
緊急事態宣言が延長され、それに伴い自粛期間も更に延長になりました。
自粛期間中でありますが、1日1回1時間程のウオーキングだけは欠かさず実施しています。コースは我が家近くの丘で、農家の人が作業しているだけで、その他の人には殆ど遇いません。他はTVを見たり、音楽を聴いたり、読書をして過ごしています。1日一回ウオーキングに出る事で気分は晴れ、自粛もあまり苦痛ではありません。
昨日は家まで、あと5分程という所で雨に遭い、びしょびしょになりました。突然降り出したら、アッと言う間に激しくなり、雨具を持って行かなかったので、濡れに濡れました。これだけ濡れたのは久し振りでした。

〇「ハイイロヒレアシシギ」
北アメリカ大陸北部やユーラシア大陸北部の北極圏で繁殖し、冬季になるとアフリカ大陸、南アメリカ大陸等で越冬する。
日本では渡りの途中で旅鳥として飛来するが、沖合を通過する事が多く、目にする機会は少ない(ウィキペディアフリー百科事典)。

2012年4月、そんな珍しい鳥が、地元の川の河口に来ていた。最初は60羽程の群れだったようだが、私が聞いた時は20羽くらい居たという。
用があった為に直ぐには行けず、後日行けた時は6羽しか居なかった。それでも、何とか間に合って良かった。この時以来この鳥の情報は無いので貴重な出会いだった。



*写真は大きくして見られます。
写真を左クリックすると、拡大されます。拡大された写真の右上の×を左クリックすると元に戻ります。

*他の記事を御覧頂ける場合は
左窓の(コンテンツ)内の記事のタイトルをクリックすると、その記事のページに飛びます。

左窓の(コンテンツ)内、右下の(一覧へ)をクリックすると過去の記事のタイトルと写真が現れます。タイトルか写真をクリックすると、その記事に飛びます。

左窓の(検索)内の空白部分に鳥名などを書き込み右の(検索)ボタンをクリックすると関係タイトルが表示されます。タイトルか写真をクリックすると、その記事に飛びます。

*コメントを書いて頂ける場合いは当該記事の下部にコメント欄が有りますので、そこから書き込んで下さい。書いて頂いたコメントは私の承認後に反映されます。






     コメントする
タイトル*
コメント*
名前*
MailAddress:
URL:
削除キー:
コメントを削除する時に必要になります
※「*」は必須入力です。

※コメントは投稿後、ブログの管理者が承認した後に表示されます。