湘南の風と光

左下方検索画面で検索してね!⇒珍鳥シリーズ、ヤイロチョウ、ヤマヒバリ、キヅタアメリカムシクイ、サバクヒタキ、セグロサバクヒタキ、キガシラシトド、サバンナシトド、ミヤマシトド、キマユホオジロ、シラガホオジロ、ユキホオジロ、イナバヒタキ、オガワコマドリ、ノハラツグミ、ウタツグミ、ギンムクドリ、ホシムクドリ、カラムクドリ、シマアカモズ、チゴモズ、ヒメイソヒヨ、モリムシクイ、カラフトムシクイ、コウライウグイス、ヒメコウテンシ、アカショウビン、キョクアジサシ、オニアジサシ、レンカク、アシナガシギ、ヒメクイナ、コキアシシギ、コシャクシギ、ソリハシセイタカシギ、シベリアオオハシシギ、オオヨシゴイ、ミゾゴイ、アネハヅル、ソデグロヅル、カラシラサギ、アカツクシガモ、ツクシガモ、メジロガモ、コスズガモ、アラナミキンクロ、アカハシハジロ、ハシジロアビ、ヒメコンドルなど 現在373種類撮影(亜種、外来種を含む)
 
2019/09/03 6:42:58|野鳥関係
とても綺麗な個体「オオメダイチドリ」

鳥撮りの世界だけだと思うが“一度撮れると2度3度”と言う諺の様な言葉がある。良く言ったもので、私の場合もそんな経験が何度か有る。今回は特にそれを感じる。

2007年にデジスコのセットを揃えて鳥撮りの世界に踏み込んだが、この「オオメダイチドリ」には不思議と遇えなかった。それに比べて「メダイチドリ」は地元で何回も撮る事が出来た。
知り合いは地元で「オオメダイチドリ」も撮れたと聞いて、「メダイチドリ」の中に混じっていたかも知れないと、過去の「メダイチドリ」撮影時のファイルを見直して混じっていなかたか調べた事もあった。

先月、お盆明けに遠征して「コシジロウズラシギ」を撮りに行った時に初めて「オオメダイチドリ」に出遇い撮る事が出来た。その後、不思議なもので帰りに寄った場所でも撮る事が出来た。
そして今回(8月末)に3度目の出遇いがあり、バッチリ近距離で撮る事が出来た。その場所が隣市の海岸だった。

猛暑の中の撮影で、汗びっしょりになりながらの撮影で倒れないかと思う程だった。駐車場に戻って即、自販機でスポーツ飲料を購入し、一気に半分を飲んだ。
エアコンを強力に効かせた車の中で涼をとり、やっと生き返ったと感じた。
撮れた個体はとても綺麗で、3度目とはいえ嬉しい出遇いであった。



*写真は大きくして見られます。
写真を左クリックすると、拡大されます。拡大された写真の右上の×を左クリックすると元に戻ります。

*他の記事を御覧頂ける場合は
左窓の(コンテンツ)内の記事のタイトルをクリックすると、その記事のページに飛びます。

左窓の(コンテンツ)内、右下の(一覧へ)をクリックすると過去の記事のタイトルと写真が現れます。タイトルか写真をクリックすると、その記事に飛びます。

左窓の(検索)内の空白部分に鳥名などを書き込み右の(検索)ボタンをクリックすると関係タイトルが表示されます。タイトルか写真をクリックすると、その記事に飛びます。

*コメントを書いて頂ける場合いは当該記事の下部にコメント欄が有りますので、そこから書き込んで下さい。書いて頂いたコメントは私の承認後に反映されます。






     コメントする
タイトル*
コメント*
名前*
MailAddress:
URL:
削除キー:
コメントを削除する時に必要になります
※「*」は必須入力です。

※コメントは投稿後、ブログの管理者が承認した後に表示されます。