湘南の風と光

左下方検索画面で検索してね!⇒珍鳥シリーズ、ヤイロチョウ、ヤマヒバリ、キヅタアメリカムシクイ、サバクヒタキ、セグロサバクヒタキ、キガシラシトド、サバンナシトド、ミヤマシトド、キマユホオジロ、シラガホオジロ、ユキホオジロ、イナバヒタキ、オガワコマドリ、ノハラツグミ、ウタツグミ、ギンムクドリ、ホシムクドリ、カラムクドリ、シマアカモズ、チゴモズ、ヒメイソヒヨ、モリムシクイ、カラフトムシクイ、コウライウグイス、ヒメコウテンシ、アカショウビン、キョクアジサシ、オニアジサシ、レンカク、アシナガシギ、ヒメクイナ、コキアシシギ、コシャクシギ、ソリハシセイタカシギ、シベリアオオハシシギ、オオヨシゴイ、ミゾゴイ、アネハヅル、ソデグロヅル、カラシラサギ、アカツクシガモ、ツクシガモ、メジロガモ、コスズガモ、アラナミキンクロ、アカハシハジロ、ハシジロアビ、ヒメコンドルなど 現在373種類撮影(亜種、外来種を含む)
 
2019/07/28 22:00:05|野鳥関係
そろそろ巣立ち?「ツミ」

6月下旬に腹打ちの「ツミ」を撮った。それから25日程経った7月17日に親♂(写真1枚目)と白い雛を撮った。
松の高い巣の上に2、3羽の雛が居ると聞いたが、私は2羽しか確認出来なかった。
写真に撮るが、巣の周辺の松葉が邪魔で、雛の顔の前に必ず松葉が入り、今回2枚目に載せた写真が一番良かった。…と云う事で撮影状況が推測出来ると思う。

1週間後の7月24日に未だ雛を撮っているカメラマンが居ると聞いて、翌日の25日に行ってみた。カメラマンは17日の時より多かった。
撮れる場所は限られており、何とか確保出来た場所から動かず、雛が顔を出すのを待った。
17日に撮った白い雛は大きく育っていて、一人前の身体になっていたが、顔は間違いなく雛と分かり可愛かった。(写真3枚目)
弟か妹かは分からないが、未だ身体の白い雛が居て沢山撮らせて呉れたが、巣材の後ろ側に隠れる様にしている事が多く、巣材にピントが撮られてまともな写真は数枚だけだった。
その数枚の中から、一番良く撮れたと思う写真を4枚目に載せた。

白い雛はもう少しだと思うが、大きな雛は近くの枝に飛び移る事もあり、動きが出て来た。そろそろ巣立ちか?



*写真は大きくして見られます。
写真を左クリックすると、拡大されます。拡大された写真の右上の×を左クリックすると元に戻ります。

*他の記事を御覧頂ける場合は
左窓の(コンテンツ)内の記事のタイトルをクリックすると、その記事のページに飛びます。

左窓の(コンテンツ)内、右下の(一覧へ)をクリックすると過去の記事のタイトルと写真が現れます。タイトルか写真をクリックすると、その記事に飛びます。

左窓の(検索)内の空白部分に鳥名などを書き込み右の(検索)ボタンをクリックすると関係タイトルが表示されます。タイトルか写真をクリックすると、その記事に飛びます。





     コメントする
タイトル*
コメント*
名前*
MailAddress:
URL:
削除キー:
コメントを削除する時に必要になります
※「*」は必須入力です。

※コメントは投稿後、ブログの管理者が承認した後に表示されます。