湘南の風と光

左下方検索画面で検索してね!⇒珍鳥シリーズ、ヤイロチョウ、ヤマヒバリ、キヅタアメリカムシクイ、サバクヒタキ、セグロサバクヒタキ、キガシラシトド、サバンナシトド、ミヤマシトド、キマユホオジロ、シラガホオジロ、ユキホオジロ、イナバヒタキ、オガワコマドリ、ノハラツグミ、ウタツグミ、ギンムクドリ、ホシムクドリ、カラムクドリ、シマアカモズ、チゴモズ、ヒメイソヒヨ、モリムシクイ、カラフトムシクイ、コウライウグイス、ヒメコウテンシ、アカショウビン、キョクアジサシ、オニアジサシ、レンカク、アシナガシギ、ヒメクイナ、コキアシシギ、コシャクシギ、ソリハシセイタカシギ、シベリアオオハシシギ、オオヨシゴイ、ミゾゴイ、アネハヅル、ソデグロヅル、カラシラサギ、アカツクシガモ、ツクシガモ、メジロガモ、コスズガモ、アラナミキンクロ、アカハシハジロ、ハシジロアビ、ヒメコンドルなど 現在372種類撮影(亜種、外来種を含む)
 
2018/12/28 8:54:52|野鳥関係
今年の野鳥(初撮り分)まとめ(2018年)2/ 2

今回は今年の初撮り野鳥から8種類を載せました(2018年)1/2〜2/2を1度にアップしましたので見て下さ

今年の野鳥(初撮り分)まとめ(2018年)1/ 2
今年の野鳥(初撮り分)まとめ(2018年)2/ 2


*他の記事「今年の野鳥(初撮り分)まとめ(2018年)1/ 2を御覧頂ける場合は、左窓の(コンテンツ)内の記事のタイトルをクリックして下さい。その記事のページに飛びます。

●1枚目は3月11日に撮った「コカモメ」である。千葉県銚子市内で撮った。
「コカモメ」は、カモメの亜種 として主に北米に生息し、アメリカでカモメと言えばこのタイプだそうです。 亜種カモメより小ぶりで嘴は小さめと図鑑にあります。

「コカモメ」は初めて聞いた名前で知らなかった。撮りながら他のカモメ達と比較してみると確かに小さい。恥ずかしながら私の判別出来るのは小さいという事だけ。
初めて見た「コカモメ」は小さくて可愛い。嬉しい初撮りだった。


●2枚目は4月9日に撮った「ウズラ」である。東京都内の公園で撮った。
夏鳥として本州中部以北で繁殖し、本州中部以南で越冬する。全国的に減少傾向。(絶滅危惧U類)

過去には千葉県の葦原の公園で出たが、直ぐに不明となったと聞いた。あの広い葦原では潜り込まれたら見付けるのは不可能だろう。
今回は都内の公園だったので、急いで行った。それ程待つ間もなく撮る事が出来た。


●3枚目は5月4日に撮った「ヒメコンドル」である。千葉県内で撮った。
北アメリカ大陸、南アメリカ大陸、フォークランド諸島に分布する。コウノトリ目(鳥網タカ目)、コンドル科、ヒメコンドル属とウィキペディアフリー百科事典に書かれている。
過去には2016年12月に三重県、2017年11月には宮崎県にも出たそうだ。

当日は早朝に着いて登場を待つと、遠くで「トビ」が数羽飛んでいた。その中に違う感じの鳥がいたので、その方に移動すると既に1人がいて、ご一緒させて頂き待つと、3羽の「トビ」に紛れて「ヒメコンドル」が現われた。
正味15分位の撮影だったが、田圃の畔を歩く姿や飛翔も撮れて十分満足した。


●4枚目は7月26日に撮った「ライチョウ」である。岐阜県の大黒岳で撮った。
留鳥として北アルプス、南アルプスなど、標高2500m以上の高山帯に分布する。冬期は亜高山帯に移動する。(絶滅危惧TB類、天然記念物)

過去3回は天気が良過ぎたらしい。猛禽に狙われるので出て来ない事が多々あると聞いた。今回、「ライチョウ」と相当距離が有ったが、2ヶ所で撮る事が出来た。
ただ、共に♀だったのが残念であった。♂も撮りたいが今後は体力的に無理かも知れない。
兎にも角にも、何とか撮れて良かった。

本日のブログで今年最後とします。
沢山の方にご訪問頂き励みになりました。また、野鳥撮影に関し色々とご支援、ご指導して頂きました皆様には大変感謝しております。有難う御座いました。
来年も宜しくお願い致します。






     コメントする
タイトル*
コメント*
名前*
MailAddress:
URL:
削除キー:
コメントを削除する時に必要になります
※「*」は必須入力です。

※コメントは投稿後、ブログの管理者が承認した後に表示されます。