湘南の風と光

左下方検索画面で検索してね!⇒ヒメコンドル、ヤイロチョウ、ヤマヒバリ、キヅタアメリカムシクイ、サバクヒタキ、セグロサバクヒタキ、キガシラシトド、サバンナシトド、ミヤマシトド、キマユホオジロ、シラガホオジロ、ユキホオジロ、イナバヒタキ、オガワコマドリ、ノハラツグミ、ウタツグミ、ギンムクドリ、ホシムクドリ、カラムクドリ、シマアカモズ、チゴモズ、ヒメイソヒヨ、モリムシクイ、カラフトムシクイ、コウライウグイス、ヒメコウテンシ、アカショウビン、キョクアジサシ、オニアジサシ、レンカク、アシナガシギ、ヒメクイナ、コキアシシギ、コシャクシギ、ソリハシセイタカシギ、シベリアオオハシシギ、オオヨシゴイ、ミゾゴイ、アネハヅル、ソデグロヅル、カラシラサギ、アカツクシガモ、ツクシガモ、メジロガモ、コスズガモ、アラナミキンクロ、アカハシハジロ、ハシジロアビ、グンカンドリなど 現在367種類撮影(亜種、外来種を含む)
 
2018/04/09 19:07:12|野鳥関係
絶滅危惧U類「ウズラ」=初見初撮り

日本(主に本州中部以北)を含めアジア全域で繁殖し、冬季になると日本(本州中部以南)、中華人民共和国南部、東南アジアなどへ南下し越冬する。日本国内の標識調査の例では北海道・青森県で繁殖した個体は主に関東地方・東海地方・紀伊半島・四国などの太平洋岸で越冬し、九州で越冬する個体は主に朝鮮半島で繁殖した個体とされる(朝鮮半島で繁殖して四国・山陽地方・東海地方へ飛来する個体もいる)。
全国的に減少傾向にあり、見掛ける事が少なくなった。全長20cmと小さい。(ウィキペディアフリー百科事典、日本の野鳥650)。

東京に所在する公園に「ウズラ」が出ていると鳥友から聞いて急遽行って来た。
過去にも千葉県の公園に出た事があったが、直ぐに抜けたか、知って行った人の殆どが見なかった様だ。
私の得た「ウズラ」の情報は上記と今回で2回目だが、今回は教えて呉れた鳥友が実際撮られたので私にも撮れると確信して決行した。

10時過ぎに現地に着くと10人程のカメラマンがいた。ちょいと前に少し出てから植木の中に隠れたと聞いた。
昨日はフルに出ていたのにと地元の人の話だが、鳥も日々気分が違うのだろう。今日は出たくない気分なのだろう。
それでも暫らく待つと植木の根元から採餌しつつ出て来た。太陽は真正面の頂点部分にある。逆光だが鳥自体が小さい為に太陽の光は上から降り注ぐので、結構撮れる。
ただ、頻繁に露出を変えながら撮らないとならなかった。
その内、反対側にカメラマンが行き撮り出した。そちらからなら順光である。私も急ぎ反対側に行き撮る。こちらからなら露出を考えなくて良い。気楽な撮影だった。

長時間出なくなるまでの正味40分程の「ウズラ」撮影だった。比較的出は良かったが40分間ズット出っ放しだった訳では無い。何度か木の根元に入り出待ちも何回かあった。
撮れた写真を液晶で確認すると、割としっかりピントが来ていたので、そこで「ウズラ」撮影は終了した。



*写真は大きくして見られます。
写真を左クリックすると、拡大されます。拡大された写真の右上の×を左クリックすると元に戻ります。

*他の記事を御覧頂ける場合は
左窓の(コンテンツ)内の記事のタイトルをクリックすると、その記事のページに飛びます。

左窓の(コンテンツ)内、右下の(一覧へ)をクリックすると過去の記事のタイトルと写真が現れます。タイトルか写真をクリックすると、その記事に飛びます。

左窓の(検索)内の空白部分に鳥名などを書き込み右の(検索)ボタンをクリックすると関係タイトルが表示されます。タイトルか写真をクリックすると、その記事に飛びます。

*コメントを書いて頂ける場合いは当該記事の下部にコメント欄が有りますので、そこから書き込んで下さい。書いて頂いたコメントは私の承認後に反映されます。





     コメント一覧
[ 1 - 20 件 / 6 件中 ]

ひろさん
有難う御座います。
私は初めて見ました。
思ったより小さくて驚きました。
家で図鑑で大きさを調べたら20cmでモズと同じ位でした。

トシ  (2018/04/11 16:30:44) [コメント削除]

お疲れさまでした。
ウズラが初撮り出来て良かったですね。綺麗に撮れていて素晴らしいです。私は近くの公園の動物園でしか見た事がありません。
ひろさん  (2018/04/11 14:52:35) [コメント削除]

いなサンさん
有難う御座います。
いなサンさんは沢山の種類の鳥を撮られていますが、ウズラは未だだったんですね。
それだけ遇い難い鳥と云う事ですね。
紀伊半島でも越冬すると有りますのでチャンスはあるかもしれませんね。

トシ  (2018/04/10 16:07:26) [コメント削除]

初撮りおめでとうございます
良かったですね!
いなサンは、未だウズラを撮れていないので、羨ましい限りです。
色々当たるのですが、やはり撮るのが難しい鳥さんだと感じました。

いなサン  (2018/04/10 16:00:06) [コメント削除]

chikuwapan46 さん
有難う御座います。
野鳥撮影を始めて11年目に入っていますが、ウズラの情報は今回を含め2件だけと少なかったです。それだけ遇い難い鳥ですね。
環境の悪化が影響しているんですかね。気象もおかしいですからね。
兎に角撮れて良かったです。

トシ  (2018/04/10 15:54:26) [コメント削除]

危惧種
本当にウズラを見ることが困難な種になりましたね。こ言う絶滅危惧種が増える傾向にありますね。と言うことは人にも影響を及ぼす環境になりつつあると言うことですね。待った甲斐のあった撮影でしたね。
chikuwapan46  (2018/04/10 9:15:47) [コメント削除]

[ 1 - 20 件 / 6 件中 ]

     コメントする
タイトル*
コメント*
名前*
MailAddress:
URL:
削除キー:
コメントを削除する時に必要になります
※「*」は必須入力です。

※コメントは投稿後、ブログの管理者が承認した後に表示されます。