漢方相談 相談できる薬屋サーフィンライフ

「当店は日本全国でも屈指の漢方(中医学)相談薬店です。」何をやっても駄目だったかた!よそとちがう、シライ薬品ならではのご相談ができます・・・おまかせください 漢方推進会会員 生活習慣アドバイザー 全国皮膚病薬研究会会員 日本漢方交流会会員 漢方更智塾講師 日本フラボノイド研究会会員
 
2012/12/07 15:44:50|漢方薬
認知症と漢方

認知症の原因を漢方的に考えると認知症の多くは、「アルツハイマー病」による脳の委縮(脳神経細胞減少)と「脳血管障害」による脳への血流量低下とつたわれています。これを漢方的に考えると、前者は「精血の不足」に起因するものであり、後者はお血によって発生したと考えられます
「精血」とは、生命活動の根本を担う物質で、「精」は「髄」や
「血」を生み出す根源物質であり、「血」は脳に栄養を送るためには欠かすことのできないものです。人は40代半ばを過ぎると、この「精血」が自然に減少してきます。そこになんらかの負荷が過度にかかると益々「精血」を消耗し「髄」を養うことができず「脳」の委縮をひき起してしまうのです。
○一方「おけ血」とは、血液の質や循環が」よくないためにうまれた非生理的血液の停滞を指します。「脳梗塞」「心筋梗塞」「静脈瘤」などが代表的な疾患です。「お血」の原因としては、老化による「血液を運行する力の不足」や「冷え」または「精神的ストレス」などによる血管の収縮、飲食の不摂生による「痰濁阻滞」(動脈硬化)などが挙げられます。
したがって漢方的には、「精血の不足」と「お血の発生」を防ぐことができれば、認知症の予防につながる可能性があるということですし、「軽度認知障害」が疑われる場合にも漢方の考え方を用いることで症状の緩和につながるのではと期待されます。
精血を充実させる漢方とは?
漢方では「陰」と「陽」というものの捉え方があり、「陰」とは血液・精などの物質、「陽」とは生命・熱エネルギーなどの機能を指します。実は「陰」の充実のためには「陽」の充実が必要不可欠なのです。人は飲食を上手に消化・吸収・代謝してはじめて「気・血・津・液・精」という基礎物質を生み出すことができます。そしてこれらの基礎物質を全身に届けなければ正常な生命活動が維持できません。この基礎物質を生み出し全身に届けるときに「陽気」(熱エネルギー)が必要なのです。したがって精血の充実をさせるにはまず「陽気」を補うことが有効です。しかし、すでに精血の量がかなり減少してしまったときは、まず「陰」(精血)を補う必要があります。漢方を活用するときは、これらを上手に使い分けます。
血流量を増やす漢方とは?・・・・・次へ