アマチュア落語家・壱生の不覚

アマチュアの落語家です。同好の士へ発信したく、ブログを開設しました。
 
2020/10/18 6:00:00|独り言
やっぱり、「手洗い」と「うがい」が強い味方か?
ここへ来て、この冬に「コロナ」と「インフルエンザ」の同時流行が話題になっています。
最近の新聞によりますと、この冬は希望的兆候があるようです。
インフルエンザは、北半球が夏の時期に、南半球の冬で流行するそうです。
そして、その菌が半年後に北半球へ押し寄せてくるそうですが、この6〜8月に冬を迎えたオーストラリアの国保健省の発表によると、今年の感染者は約2万1千人と、前年の約29万人から大激減だそうです。
それは、コロナ対策がインフルエンザにも影響したのだろうという観測だそうです。
私も、26年前から、コーラスを始めたのですが、コンサートの前には「うがいと手洗い」と、きつく言われ、それが習慣になって、1年中外出後は励行しないと気持ちが悪い習慣がつきました。
科学的証拠はありませんが、26年前から熱を出したことはありません。
世界は、これだけコロナで振り回されたのですから、これを機会に、世界中で常に手洗い・うがいを励行すれば、感染症は少なくなるのではないでしょうか。
 





     コメントする
タイトル*
コメント*
名前*
MailAddress:
URL:
削除キー:
コメントを削除する時に必要になります
※「*」は必須入力です。