アマチュア落語家・壱生の不覚

アマチュアの落語家です。同好の士へ発信したく、ブログを開設しました。
 
2020/05/26 6:00:00|独り言
バッシングを覚悟のうえで・・・
皆さんからの、バッシングを覚悟のうえで書かせていただきます。
夏の高校野球が中止になりました。
本当に、球児のみなさんには、慰めの言葉もありません。
しかし、(ここからです)それ以外のスポーツで努力している若者は、ほとんど高校球児のように、世間からの注目を集めていないのではないでしょうか。
甲子園の内野に芝を植えないのは、灼熱のグランドで、泥にまみれる高校生の魅力だそうですが、時代に合わないのでは・・・?
甲子園大会に出場するお孫さんを見たくて、前の試合の時に階段で待っていて、救急車で運ばれる祖父母の方がかなりいるそうです。
熱血球児はひとつの憧れですが、もう少しやり方を変えてはどうでしょう。
ウインブルドンのセンターコートのように、甲子園球場は、ベスト8から・・・。
それまでは、近くのグランドで戦うと、タイガーズも負担が少なくなるのではないでしょうか。
それと、今期の騒ぎで、各チームの監督が選手に教育して欲しいのは、「世の中は、いつ、どんなことがあるか分からない。常にそのようなことに対して、腹を括る気持ちを持っていろ!」と、選手たちに教育をして欲しいと思います。
 




     コメント一覧
[ 1 - 20 件 / 2 件中 ]

沖野白帆 さまへ
「コメント有」の表示が出た時に、「もしかすると、バッシング・・・」と、恐るおそる開いてみました。
ご賛同、ありがとうございます。
私の知人のお子さんが、神奈川の強豪校に行ってたことがあるんです。
一つ勝つたびに「また、寄付か!」と、夫婦でため息をついたそうです。

楽志亭 壱生  (2020/05/26 12:34:26) [コメント削除]

同感!
双手を上げて賛成です。
飛田穂州・佐藤紅緑に洗脳された朝日、対抗する毎日の大手紙が高校(中等)野球と言えば甲子園と誇大、過大にしたのです。
春の大会なんて新人戦です。全国でやる必要はありません。
秋は国体か総体に取り込めば済み話です。
今は出場校の父兄・OB・住民の経済負担が大変ですし、盛夏灼熱のグランドで運動することは健康上許せません。
準〃決勝迄地区別にして各地のドームでやるとか方法はありますね。体育会バカ(私も元バカですが)の考え時です。

沖野白帆  (2020/05/26 12:17:32) [コメント削除]

[ 1 - 20 件 / 2 件中 ]

     コメントする
タイトル*
コメント*
名前*
MailAddress:
URL:
削除キー:
コメントを削除する時に必要になります
※「*」は必須入力です。