アマチュア落語家・壱生の不覚

アマチュアの落語家です。同好の士へ発信したく、ブログを開設しました。
 
2020/03/28 6:00:00|独り言
渡辺崋山に学ぶ
先日、NHKの「日曜美術館」で、渡辺崋山を取り上げていました。
恥ずかしながら無知で、「肖像画を描いた画家」程度にしか、認識がありませんでした。
「鷹見泉石像」は国宝であること、田原藩の家老の一人であったこと、大変な赤貧に堪えたこと、家老時代に起きた天保の飢饉の時に、事前にコメの備蓄をしておいて、1名の餓死者も出さなかったこと、そして、最後は主君に迷惑がかかると自刃したこと、等々と大変な偉人で苦労をした人であったことを知りました。
渡辺崋山は常日頃から、「藩内に餓死者を出したら、殿様の罪だ!」と明言していたそうです。
今日本では、マスク不足で大騒ぎですが、インフルエンザが流行すれば「マスクの着用」は、いつも言われていることです。
緊急事態に備えて、お上で用意しておくという発想はないものでしょうかね。
高価な物ではなし、場所を取るものでもなし・・・。
あるいは、「急に生産を始めても○○か月はかかるので、各家庭で1人何枚の備蓄はしておくように」といった啓蒙をするのも、よいのではないでしょうか。
 





     コメントする
タイトル*
コメント*
名前*
MailAddress:
URL:
削除キー:
コメントを削除する時に必要になります
※「*」は必須入力です。