アマチュア落語家・壱生の不覚

アマチュアの落語家です。同好の士へ発信したく、ブログを開設しました。
 
2019/09/16 6:00:00|その他
積極的な社会参加と自治体の支援
高齢者の免許証返納への動きが活発ですが、逆にショッキングな研究結果が報告されました。
運転をやめて自由に移動する手段を失った高齢者は、運転を続けている人と比べ、要介護状態になるリスクが2・2倍だそうです。
運転をやめて、閉じこもりになるのが要因と推測されているようですが、では、認知症予防のために、運転を続けるというわけにもいかないでしょう。
対策としては、まず、自分から積極的に社会参加をするとか、自治体が、その人の過去の実績を地域の子供たちに伝授出来る、寺子屋方式の場をつくるとか、高齢者の健康な生活作りに、組み入れていってはどうでしょう。
そして、免許証返納の時に、積極的な社会参加を促すパンフレットを配布して、「身近な楽しい遊び場所」を案内すると、よろしいのではないでしょうか。





     コメントする
タイトル*
コメント*
名前*
MailAddress:
URL:
削除キー:
コメントを削除する時に必要になります
※「*」は必須入力です。