アマチュア落語家・壱生の不覚

アマチュアの落語家です。同好の士へ発信したく、ブログを開設しました。
 
2019/09/13 6:00:00|独り言
自然の音にアレルギー
フランスの別荘地で、夏の間だけ過ごす夫婦が、隣家の鶏の鳴き声は騒音だと訴訟を起こしたそうです。
判決は、夫婦の主張を退けたと報道されていました。
リゾート地での自然の響きを受け入れられない人は困ったものです。
欧米では弁護士が余り気味で、弁護士の方から訴訟を誘う場合があるのだそうです。
いつぞや、新聞で見たのですが、都会に住む高校生に、ベートーヴェンの第6番「田園」の第2楽章を聴かせたら、イライラする人が多かったそうです。
機械文明の中で、自然が受け入れられなくなっているのでしょうか。





     コメントする
タイトル*
コメント*
名前*
MailAddress:
URL:
削除キー:
コメントを削除する時に必要になります
※「*」は必須入力です。