アマチュア落語家・壱生の不覚

アマチュアの落語家です。同好の士へ発信したく、ブログを開設しました。
 
2019/09/10 6:00:00|独り言
下請けの宿命でしょうか?
あるテレビ番組で、少年野球の投手の投球シーンの映像を早回しして、あたかも速球投手のように作画した事件が発覚したそうです。
絶対にあってはならないことですが、その番組を作ったのは、下請けの小さな会社ではないでしょうか。
下請け会社は、良い番組(面白い番組)を作らないと、来年の契約が切れるらしいですね。
私もドキュメンダリ―の取材に立ち会ったことがありますが、4人程度のスタッフで、ここまで懸命にやるのかと、気の毒に思ったことがありました。
生き残るための宿命でしょうか。





     コメントする
タイトル*
コメント*
名前*
MailAddress:
URL:
削除キー:
コメントを削除する時に必要になります
※「*」は必須入力です。