アマチュア落語家・壱生の不覚

アマチュアの落語家です。同好の士へ発信したく、ブログを開設しました。
 
2019/08/09 6:00:00|独り言
誰でも、NO!と言います
また、終戦記念日が近づいてきました。
先日、子どもの頃の記憶に、母親の背に負ぶわれて、燃える街の中を逃げたという方の、お話を聴きました。
私自身は戦後の生まれなので、戦争体験のおありの方には必ず質問をします。
「戦争は、やってはいけないですよね?」
返事は、「絶対に、やってはいけない」ばかりです。
でも、国をうごかす方々は、そうではないらしいようで・・・。




     コメント一覧
[ 1 - 20 件 / 2 件中 ]

沖野白帆 さまへ
私たちのような、戦争を知らない人が増えていくことは、ある意味で困ることです。
悲惨なことを、語り継いでいくのは、難しいのでしょうか。

楽志亭 壱生  (2019/08/09 12:04:14) [コメント削除]

戦争の後も怖いです
勿論出征してないので本当の戦争はしていませんが空襲は怖かったですね。しかしそれより、戦後になって国民の心がみんな荒んで殺伐とした世の中になったのが怖かったです。学校の行き帰り、夜道のお使い、街灯もない真っ暗な中に復員兵が立っていると下を向いて走り過ぎました。食べ物は水っぽいさつまいもとトウモロコシの粉だけ。学校では赤狩りごっこという名でいじめ・暴力の嵐。戦争は絶対いけません。
沖野白帆  (2019/08/09 9:33:17) [コメント削除]

[ 1 - 20 件 / 2 件中 ]

     コメントする
タイトル*
コメント*
名前*
MailAddress:
URL:
削除キー:
コメントを削除する時に必要になります
※「*」は必須入力です。