アマチュア落語家・壱生の不覚

アマチュアの落語家です。同好の士へ発信したく、ブログを開設しました。
 
2019/07/11 6:00:00|独り言
あまりに、追っかけ過ぎでは?
このところ、陸上競技が異常な人気です。
短距離界にすごい選手が居並んでいるので、さもありなんです。
しかし、テレビ中継を見ていると、あまりにカメラが追いかけ過ぎではないでしょうか。
視聴者が興味を持つので、追いかけるのでしょうが、少々加熱過ぎます。
野球ですとダッグアウト、相撲ですと花道の奥を覗いていますが、あそこはプレイヤーの息抜きの場所です。
あれだけ覗かれては、気が休まらないでしょう。
昔、三宅周太郎さんという、芝居の名評論家がいました。
劇評を書くために劇場へ行った日は、決して楽屋は訪問しないそうです。
上半身裸になって、白粉を塗っている役者を見てしまうと、芝居のイメージが壊れてしまうそうです。
見識のある言葉ですね。
 





     コメントする
タイトル*
コメント*
名前*
MailAddress:
URL:
削除キー:
コメントを削除する時に必要になります
※「*」は必須入力です。