大磯町郷土資料館ノート Oiso Municipal Museum

 
2017/01/21 17:24:00|海の森クラブ
2017年1月 定例海藻観察会
2017年初の海藻観察会でした。

干潮時間の少し前に照ヶ崎海岸と、大磯港の海藻の様子を観察しました。
前回は、まだ3cmくらいの小さかった海藻(ハバノリ・アオサの仲間)は、5cmから15cm以上に生長している個体もありました。海藻絨毯のようです。ただ近くで観察する際は、転倒しないように、体の重心を低くして慎重な足取りが必要です。

照ヶ崎海岸は、先月より緑藻類が広範囲で観察でき、ヒジキ・ハバノリ・マルバアマノリなどの生長下姿や、先月は観察できなかった種類も観察できました。

また次回は、違う種類が観察できたり、観察できなくなる種類があったり変化を見ていきます。